精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

ADHDの治療薬についての概要

ハロスキンクリニックなら全国どこでも保険のオンライン診療対応

※大変恐縮ながら来院の患者様優先になりますので、予約が重なった場合は、別枠のご案内となります。 LINE友だち追加の上、こちらの予約枠からご連絡ください。

LINE登録 LINE友だち
               

このページでは、ADHD(注意欠如多動症)の治療薬に関する情報をまとめています。これらの治療薬は、脳内の神経伝達物質の活動を調整することで、ADHDの症状を軽減する効果があります。

ADHD治療薬の種類と特徴

日本で使用されている主なADHD治療薬には、メチルフェニデート(商品名:コンサータ®)、アトモキセチン(商品名:ストラテラ®)、グアンファシン(商品名:インチュニブ®)があります​ 。これらの薬剤はそれぞれ異なる作用機序を持ち、患者の症状や体質に合わせて選択されます。

メチルフェニデートはドパミンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害し、これによりこれらの神経伝達物質の活動を増強します。主に朝一回の投与で、効果は約10時間続きますが、副作用として食欲低下や不眠がありえます​ 。

アトモキセチンは、ノルアドレナリントランスポーターを選択的に阻害し、脳の前頭前野の機能を高めることで、不注意や多動性、衝動性を改善します。この薬は一日に一回または二回の服用で、副作用には食欲不振や吐き気が含まれます​ 。

グアンファシンはα2Aアドレナリン受容体アゴニストとして作用し、脳の前頭前野に影響を及ぼすことで、多動性や衝動性を抑制します。通常、一日一回の服用で、眠気や低血圧などの副作用が見られることがあります​ ​。

適切なADHD治療薬の選択

ADHD治療薬を選択する際は、患者の具体的な症状や、薬剤の作用時間、副作用のリスクなどを考慮して、医師が最も適した薬剤を推薦します。治療の進行にあたっては、薬の効果や副作用を定期的にモニタリングし、必要に応じて薬剤の調整を行います​。

ADHD治療薬は、症状の管理を助け、患者が日常生活をより良く過ごせるよう支援します。しかし、これらの薬剤は症状を抑える助けとなるもので、ADHDそのものを治療するわけではありません。したがって、薬物療法だけでなく、行動療法やカウンセリングといった他の支援も併用することが一般的です​。


 

よくある質問

Q.ADHDの治療薬にはどのようなものがありますか?

日本で使用される主なADHD治療薬には、メチルフェニデート、アトモキセチン、グアンファシンがあります。

Q.メチルフェニデートの特徴は何ですか?

メチルフェニデートはドパミンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害し、注意力を向上させます。効果は約10時間続き、副作用として食欲低下や不眠が見られることがあります。

Q.ADHD治療薬の副作用は何ですか?

ADHD治療薬の副作用には、メチルフェニデートによる食欲低下や不眠、アトモキセチンによる食欲不振や吐き気、グアンファシンによる眠気や低血圧などがあります。


 


渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約