精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

ADHD治療への第一歩

ADHDとは:その特徴と私たちの理解

ADHD(注意欠如・多動性障害)は、多動性、不注意、衝動性の3つの症状が顕著な発達障害です。この状態は単なる性格の問題や気質ではなく、脳の前頭葉という部分の機能障害により引き起こされます。前頭葉は、物事を論理的に考えたり、注意を集中させたりする役割を持っており、この部分の機能が低下するとADHDの症状が現れやすくなります。

ADHDの影響は多岐にわたり、学業や仕事、人間関係においてさまざまな困難を引き起こします。特に、不注意によるミスや約束事の忘れ、衝動的な行動は、他人とのトラブルの原因となりがちです。また、これらの困難は二次的な心理的問題、例えばうつ病や不登校、いじめといった状況に繋がることもあります。

治療やサポートにおいては、症状を抑えるだけでなく、ADHDを持つ人が社会に適応できるようなスキルを身につけることが重要です。これには、適切な環境の整備や、コミュニケーション能力の向上が含まれます。

ADHDは、前頭葉の機能障害と脳内の神経伝達物質のバランスの乱れが主な原因であり、多動性、不注意、衝動性の3つの核となる症状を特徴とします。症状の表れ方は人によって異なり、それによって症状が分類されることもあります。

不注意優勢型(ADD)

このタイプでは、集中力の維持が困難で、他人の話に耳を傾けることができないことが多いです。結果として、人とのコミュニケーションや日常の業務に支障をきたし、忘れ物やミスが多発します。こうした状況は自尊心にも影響を及ぼし、場合によっては不登校などの社会的な課題につながることがあります。ADDとは、このような不注意が主な特徴であることから付けられた名前です。注意力にはいくつかの側面があり、「持続性」「転導性」「分配性」「選択性」などの能力が不十分に機能することで、不注意優勢型ADHDが生じます。

多動・衝動優勢型

このタイプの人々は、落ち着きがなく、衝動的な行動を取りがちです。授業や会議など、静かに座っている必要がある場面でも、じっとしていられず、無意識に身体を動かしてしまう傾向があります。また、順番待ちやルールの遵守が難しいため、他人とのトラブルに巻き込まれることも少なくありません。成長するにつれて、不注意の特性も目立ち始め、多くの場合、混合型ADHDへと移行すると考えられています。

混合型ADHD

混合型ADHDでは、不注意と多動・衝動性の両方の特徴が見られます。これにより、日常生活や社会生活において多くの挑戦に直面します。不注意によるミスが多く、ストレスが原因で衝動性が増すこともあります。その結果、些細なことで怒りやすくなったり、問題を他人のせいにしてしまうことがあります。このタイプの人々は、人間関係や社会的な場面でのトラブルに直面しやすく、非行に走るリスクも指摘されています。

ADHDは、これらの特性を理解し、適切に対応することで、個々の能力を最大限に活かし、生活の質を高めることが可能です。

ADHDの有病率と性差

ADHDの有病率は、世界的に見て小児期に約5%、成人期に約2.5%とされています。日本においても、成人期の有病率は1.5%程度という研究結果がありますが、国内での詳細な調査はまだ限られています。興味深いことに、ADHDの症状は成人になると多少落ち着くケースがあり、小児期に比べて成人期の有病率が低くなる傾向にあります。これは、成人になると診断基準に満たない程度まで症状が軽減するからであると言われています。しかし、症状が完全に消えるわけではなく、海外の研究によると、小児期にADHDと診断された人の60~75%は、症状が軽減しても一部が残ることが示されています​​​​。

性差

ADHDは男性に多く見られる傾向があり、男児が女児の約2.5~3倍という報告があります。この性差は、男性において多動や衝動性の症状が女性よりも顕著であることが一因と考えられています。しかし、成人期には、特に多動性の症状は落ち着くことが多く、内的な落ち着きのなさや感情の高ぶりなどの形で症状が現れることがあります。成人期のADHDにおいても、「不注意」の症状は継続し、日常生活に影響を与えることが多いです​​。

ADHDの診断

ADHDの診断プロセスは、行動上の特徴に基づいており、医師による観察と患者の自己申告が中心です。この障害は、神経発達障害の一形態であり、具体的な医学的検査による診断は存在しません。しかし、ADHDに似た症状を引き起こす可能性のある他の神経疾患や身体疾患を除外するための医学的評価は重要です​​。

ADHDの治療には、環境や行動の調整から薬物療法まで、さまざまなアプローチがあります。特に、環境や行動に焦点を当てた介入は、子どもが日常生活で直面する課題に対処するための有効な方法とされています​​。

DSM-5によると、ADHDの診断基準には不注意症状と多動性/衝動性症状の2つのカテゴリーがあります。不注意症状には、注意を持続するのが困難であることや、物事に集中することができないことなどが含まれます。多動性/衝動性症状には、静かに座っていることができない、質問の終わる前に答えを口にするなどが含まれます。これらの症状は、少なくとも6ヶ月以上持続し、社会的、学業的、職業的機能に顕著な影響を与える必要があります​​。

ADHDは、幼少期に症状が始まり、多くの場合、成人期まで続きます。DSM-5では、ADHDの症状の発現年齢を12歳以下に設定し、成人の診断基準もある程度緩和されています。この変更により、ADHDは子どもだけでなく、成人にも適切に診断されるようになりました​​​​。

これらの情報は、ADHDの診断基準や診断プロセスに関する最新の理解を提供します。適切な診断と治療を受けることは、ADHDを持つ人々が直面する多くの課題を乗り越えるために不可欠です。

ADHDの診断プロセス

ADHDの診断プロセスは、行動上の特徴に基づいており、医師による観察と患者の自己申告が中心です。この障害は、神経発達障害の一形態であり、具体的な医学的検査による診断は存在しません。しかし、ADHDに似た症状を引き起こす可能性のある他の神経疾患や身体疾患を除外するための医学的評価は重要です​​。

ADHDの治療には、環境や行動の調整から薬物療法まで、さまざまなアプローチがあります。特に、環境や行動に焦点を当てた介入は、子どもが日常生活で直面する課題に対処するための有効な方法とされています​​。

DSM-5によると、ADHDの診断基準には不注意症状と多動性/衝動性症状の2つのカテゴリーがあります。不注意症状には、注意を持続するのが困難であることや、物事に集中することができないことなどが含まれます。多動性/衝動性症状には、静かに座っていることができない、質問の終わる前に答えを口にするなどが含まれます。これらの症状は、少なくとも6ヶ月以上持続し、社会的、学業的、職業的機能に顕著な影響を与える必要があります​​。

ADHDは、幼少期に症状が始まり、多くの場合、成人期まで続きます。DSM-5では、ADHDの症状の発現年齢を12歳以下に設定し、成人の診断基準もある程度緩和されています。この変更により、ADHDは子どもだけでなく、成人にも適切に診断されるようになりました​​​​。

これらの情報は、ADHDの診断基準や診断プロセスに関する最新の理解を提供します。適切な診断と治療を受けることは、ADHDを持つ人々が直面する多くの課題を乗り越えるために不可欠です。

ADHDの要因

ADHD(注意欠陥多動性障害)の発症には遺伝的要因と環境要因が深く関わっています。この障害は、「生まれつき」と言われがちですが、その要因は胎児期や出生時だけでなく、生後の初期にも影響を及ぼすことが指摘されています。遺伝的要因については、ADHDを持つ人の第一度親族が高いリスクを持つことが明らかにされており、双生児研究からは一卵性双生児での発病一致率が非常に高いことが示されています。

遺伝的要因は?

ADHDの遺伝的傾向は、発達障害の中でも特に強く、ADHD患者の直系親族は非患者と比較して5倍のリスクを持つと報告されています。双生児研究では、一卵性双生児で50~80%、二卵性で30~40%の発病一致率が見られ、これはADHDの発症に遺伝が大きく関与していることを示しています。

環境要因は?

ADHDの環境要因としては、物理的要因と科学的要因の2つに分けられます。物理的要因には、出生時の外力による影響や低体重出生などが、科学的要因には妊娠中の母親の生活様式や化学物質の摂取が挙げられます。例えば、妊娠中の喫煙はADHD発病のリスクを約3倍に高めるとされています。

物理的要因は?

物理的要因としては、出生時の鉗子分娩や吸引分娩など、頭部への外力がADHD発病の可能性を高めることが指摘されています。また、出生直後の頭部外傷や脳障害も、ADHDのリスク要因となり得ます。

科学的要因は?

科学的要因においては、妊娠中の母親の生活様式が、胎児にADHDを発症させる可能性があるとされています。これには、喫煙や飲酒、薬物使用、魚介類からのメチル水銀の摂取などが含まれます。

虐待との関連性は?

また、幼少期の虐待やネグレクトがADHDの発病リスクを高めるとする報告もありますが、これらは遺伝的要因や他の環境要因との相関については、まだ十分に解明されていない領域です。

ADHDの発症には多面的な要因が絡み合っています。遺伝的要因は明確にその傾向を示していますが、環境要因や幼少期の体験も無視できない影響を及ぼすとされています。これらの要因がどのように絡み合い、ADHDの発症に至るのかは今後の研究が待たれるところです。

ADHDと年齢による症状の変遷

ADHDは、生涯にわたりその表れ方に大きな幅があります。幼少期から成人に至るまで、個々の成長段階や環境の変化に応じて、その症状の現れ方は異なるものとなります。ここでは、年代別にどのような特徴が見られるかを探ります。

幼少期の特徴

この時期の子どもたちは、落ち着きがなく活動的であることが多いものの、ADHDを持つ子どもたちは特に以下のような行動が顕著です:

  • 容易には慰められないほどのしつこい泣き声
  • 不規則な睡眠パターン
  • 身体を常に動かすことへの強い欲求
  • 規則を守ることの難しさや、怒りの感情をコントロールすることができない

多くの場合、これらの行動は乳幼児ならではのものと見なされがちですが、社会性が求められる場において、これらの症状が際立つようになります。

学童期の挑戦

学校生活が始まると、ADHDの影響は一層顕著になります。主に以下の二つの側面が挑戦となります:

注意力の問題

  • 話を最後まで聞くことが難しい
  • 注意が簡単に逸れる
  • 必要な物の忘れ物が多い
  • 細かなミスが目立つ

多動性と衝動性

  • 長時間座っていることができない
  • 授業中に無駄話をしたり、物を壊す行動
  • 危険を顧みずに行動することがある

ADHDを持つ子どもたちは、学校生活の中でこうした挑戦に直面しやすく、これが学業や人間関係に影響を及ぼすことがあります。特に注意力の散漫や衝動的な行動は、教室内での振る舞いや学習活動において、困難を生じさせます。

このように、ADHDは年齢と共にその表れ方が変化し、異なる環境下での挑戦を生み出します。ただし、ADHDを理解し、適切なサポートを提供することで、これらの挑戦を乗り越え、個々の能力を最大限に引き出すことが可能です。

思春期のADHDとは?

思春期に差し掛かると、ADHDのある青少年は自己認識が高まり、自身の挑戦や症状により敏感になることが多く見られます。この時期は特に、深刻な悩みやうつ症状を抱えやすいとされています。

注意散漫の表れ方

  • 頻繁に物を失くす
  • 約束や予定を忘れがち
  • 他人の話を聞いているフリをしながらも、実際には自分の思考に没頭している
  • 時間の管理や計画を立てることが苦手
  • 物事を後回しにする傾向が強い

多動性と衝動性の現れ方

  • 落ち着きがなく、じっとしているのが難しい(ただし、授業中に座り続けることは可能な場合も)
  • 会話を遮って自分の話を始める
  • 小さな刺激で怒りやすい
  • 忍耐が必要な状況を避けるようになる
  • 思いついたことをすぐに行動に移す

特に思春期は、学校での多動性が目立つよりは自己制御の難しさに悩むことが多くなります。また、自分の行動や性格に対する自覚が高まるため、社会的な期待に応えるためのストレスも大きくなりがちです。これらの症状は、学業の遅れや社会との摩擦、さらには不登校や反社会的行動につながることもあります。

思春期のADHDには、個別のアプローチが必要です。自己理解を深め、適切なサポートを受けることが重要とされています。心療内科や専門家による適切な治療とサポートが、思春期を迎えるADHDのある青少年にとって大きな助けとなります。

思春期(中高生)のADHD特性

思春期は自己認識が増し、自分の行動やその影響についてより深く理解し始める時期です。ADHDを持つ思春期の若者は、この時期になると自身の特性とそれが引き起こす問題に対する自覚が高まります。この結果、強い悩みやうつ状態を経験することがあります。

注意散漫が引き起こす課題

  • 頻繁な失くし物や忘れ物
  • 約束や計画を守るのが難しい
  • 他人の話に注意を払うことができず、自分の思考や興味に没頭
  • 時間管理や計画立てに対する挑戦
  • 物事を後回しにする傾向が顕著

多動・衝動性の影響

  • 落ち着きがなく、じっとしていることが難しいが、授業中などは一定程度の自制が可能に
  • 対話中に他人の話を遮りがち
  • 小さな刺激で怒りやすく、衝動的な反応を示す
  • 忍耐が必要な状況を避けたがる
  • 衝動的な行動が目立ち、思い立ったらすぐに行動に移す
  • 不登校や反社会的行動に走りやすい傾向がある

思春期におけるADHDは、子供時代の多動性よりも内面的な葛藤や社会的な適応に関する課題が中心となります。自己の行動を認識し、それを制御する必要性に直面しながらも、その能力には限界があることを自覚するため、挑戦はさらに複雑になります。適切な支援と理解が、これらの若者が直面する課題の克服には不可欠です。

ADHDと共存する疾患

てんかんとADHDの交差点

てんかんは、予期せぬ脳の電気活動の乱れからくる発作を特徴とする病態であり、手足のけいれんや身体の一部が不随意に動くことがあります。これは、脳内で異常な電気信号が発生することによって起こります。ADHDとの共通点は多く、てんかん患者の約20%がADHDの特徴を持つとも言われています。不随意な動きや注意力の散漫さは、脳の特定部位の活動の乱れに起因することが多いです。また、てんかんとADHDは、相互に影響を及ぼし合うことがあり、抗てんかん薬の使用がADHDの症状の緩和に寄与することも報告されています。これは、脳の活動を正常化することが、行動の調整にもつながるためです。

不安障害およびうつ病との結びつき

ADHDによる生活の困難さは、しばしば不安やうつ病を引き起こす二次的な影響をもたらします。特に成人期のADHDでは、不安障害やうつ病の治療を求めてはじめて医療機関を訪れる人が多いです。日常生活の中での不便さや、自己認識の問題は、社会的な孤立や自尊心の低下につながりがちです。回避行動は短期的にはストレスを軽減するように見えますが、長期的には不安を増大させる要因になり得ます。

依存症との関係

ADHDは、物質使用障害やゲーム、ギャンブル依存症とも関連が深いです。ADHDの特性である衝動性やタスクの管理が困難などは、依存症を引き起こしやすくします。神経伝達物質のバランスの乱れが、報酬系の機能不全につながり、やる気や喜びを感じにくい状態を生み出します。このため、刺激を求めて依存行動に走りやすくなると考えられています。

精神疾患とその併発症

ADHD(注意欠如・多動症)は、他の健康問題と共に現れることがしばしば報告されています。

てんかんとの関連

てんかんは、脳内で予期せぬ電気活動の増加が引き起こす病態であり、けいれんや身体の一部が不随意に動く症状が現れます。ADHDとてんかんは密接に関連しており、てんかん患者の約20%がADHDの特徴を持つことが分かっています。

てんかん発作の発生部位や持続時間によって症状は異なりますが、これら二つの状態はただ併発しやすいだけでなく、一方がもう一方の症状に影響を与えることがあります。例えば、抗てんかん薬を用いた発作の管理が、ADHDに関連する行動問題の軽減にもつながることが報告されています。

さらに、てんかん患者は他の患者よりも自己評価が低い傾向にあるとされ、抗てんかん薬による脳波の安定化が、自尊心の向上に寄与するとも考えられています。

不安障害およびうつ病との関連

ADHDの存在は、不安障害やうつ病のリスクを高めることがあり、特に成人期のADHD患者は、これらの状態を治療するために初めて医療機関を訪れることが一般的です。電話応対の苦手さや衝動的な買い物など、日常生活における小さな困難が積み重なり、社会生活を圧迫することになります。

不安障害では、特定の状況を避ける「回避行動」が見られますが、これは短期的にはストレスを減らすかもしれませんが、長期的には不安を強化することになります。

依存症との関連

ADHDは、薬物依存、インターネットやゲーム依存、ギャンブル依存など、さまざまな依存症と関連しています。これらの依存は、ADHDの特性である金銭管理や時間管理、タスク管理の困難から生じやすいです。また、ADHD患者は報酬系の刺激を求める傾向があり、依存症行動がこのニーズを満たすことがあります。

環境調整の取り組み

ADHDの人々が日常生活で直面する課題に対処しやすくするために、周囲の環境を工夫することが重要です。例えば、家族や教師は指示を具体的にし、必要な物品リストを共にチェックしたり、教室には日常のタスクを簡単に追跡できるような段取り表を掲示することが役立ちます。また、メモ帳やスマートフォンのスケジュール機能、アラームの活用、電話応対時の確認復唱も有効な手段です。自分自身の苦手な行動や思考パターンを理解し、それに応じた環境調整を考えることが第一歩です。専門家との協議を通じ、周囲の人々の理解と協力のもとに適切な対策を講じていくことが望ましいです。

総括

ADHDは、個人の性格や家族の努力不足から生じるわけではなく、脳機能の特性に由来します。日常生活の中で症状の強度が変動したり、精神的な問題にも影響を及ぼしたりすることがあります。この状態は、本人だけでなく、家族にとっても「育てづらさ」を感じさせる原因となり、時には虐待につながるリスクもはらんでいます。医療機関への相談が難しいと感じることもあるでしょうが、「辛い」という気持ちを伝えることから始めることで、症状の根本的な理解と対処への第一歩となるでしょう。



渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約