精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

ADHD/発達障害の大人に焦点を当てる。心療内科/精神科

大人の発達障害とは何か?

大人の発達障害(ADHD/ASD)は、単なる「心の問題」ではなく、脳の機能的な偏りが影響しています。この状態は、家庭環境や育てられ方、個人の性格に起因するものではありません。多くの場合、成人してから初めて診断される人々は、特性が比較的軽度であり、困難を補う能力を持っていることが多いです。また、適切な支援や、自身の適性に合った生活環境を選ぶことができたために、大きな問題とはならなかった可能性があります。

しかし、環境が変わることで、例えば学校から社会への移行や、職場での責任が増す中で、対人関係の必要性が増し、ストレスが増大すると、不安や抑うつなどの二次的な問題が表れることがあります。このような状況は、本人だけでなく、周囲の人々にも理解と適切な対応が求められます。

発達障害の特徴

発達障害には様々な形がありますが、特に大人のADHDは、強い興味を持ったものに対しては非常に集中できる一方で、それ以外の事柄に対しては注意が散漫になりやすいという特性があります。この「興味本位の神経系」と呼ばれる特性は、創造的な仕事や革新的なアイデアには向いていますが、日常的なルーティンや、一般的な社会的責任を果たす上で障害となることもあります​ 。

さらに、情緒の波が激しいこともADHDの一般的な特徴で、些細な出来事によって大きな感情的な反応を示すことがあります。これらの感情は急激に現れ、また急速に収まるため、周囲の人々が誤解することも少なくありません​ 。

日常生活での対策

ADHDを持つ大人が日常生活で行うことが推奨される対策としては、タスクリストの作成や優先順位の明確化、小さなステップに分けてタスクを処理することが挙げられます。これにより、オーバーロードを避け、一日を効率的に運べるようになります。また、スティッキーノートを使ったリマインダーや、電子カレンダーの活用も有効です​ ​。

これらの対策は、ADHDの特性を理解し、それに適した生活スタイルを築くことで、より良い日々を送るための一助となります。また、家族や友人、職場の同僚などの支援を得ることも、症状の管理には不可欠です​。

大人における発達障害の典型的な特徴

大人の自閉スペクトラム障害の理解へ

自閉スペクトラム症(ASD)の主な特徴には、対人関係での苦手意識が含まれます。人の目を直接見て話すことが難しく、他人の感情を理解することにも挑戦が伴います。集団行動が苦痛で、特に何を話せばいいかわからない状況や、会話の流れに追いつけないことがあります。また、感覚の過敏さも見られ、特に音や光、人の接触に対して敏感です。社会的な「空気を読む」能力に欠け、日常生活での単純なタスクが困難に感じることもあります​ ​。

大人のADHDの影響と対処法

ADHDでは、一つのことに集中していると他の事が気になり、作業が中途半端に終わることがよくあります。物を片づけるのが苦手で、周囲の雑音にすぐ気を取られてしまいます。特にデジタルメディアの使用に没頭しやすく、時間を忘れてしまうことがあります。また、「簡潔にまとめる」ことが苦手で、文章が長くなりがちです。このような症状は、日常生活や人間関係にも影響を及ぼすことがあります​ 。

これらの特性により、ADHDとASDは日常生活において困難を感じることが多いですが、適切な支援と理解があれば、これらの困難を乗り越える手助けが可能です。それぞれの状態に合わせた対応を行うことで、より良い生活が送れるようになります。

限局性学習症(SLD)の概要と特徴

限局性学習症(SLD)は、読む、書く、計算するといった特定の学習能力に障害がある状態です。この障害は、全般的な知能に影響を与えるものではなく、特定の学習分野に限られています。SLDは、しばしば他の発達障害や不安障害と併発することが知られています。特に、読み書きの正確さや数学的な理解が困難で、学業や日常生活に支障を来すことがあります​​。

書くことに困難を抱える子どもたちは、文字の形が不正確であったり、文字間の大きさが不均等であったりします。また、一般的な学習方法では効果が得られにくいため、個々の特性に合わせた指導が求められます。言語性短期記憶の問題が影響しており、特に複雑な文字の構造を理解し、それを記憶することが難しいため、通常の教育方法では支援が困難な場合があります​ 。

この症状は通常、幼少期に診断されますが、成人期になってから明らかになることもあります。適切なサポートと調整を行うことで、学習における障害を克服し、効果的な学びを実現することが可能です。教育や日常生活の中で特定の困難を抱える人々に対する理解と支援の提供は、彼らの能力を最大限に引き出し、より良い生活の質を実現するために不可欠です。

発達障害の適切な治療アプローチは何か?

発達障害を持つ個人に必要な治療は、根本的な特性を変えることではなく、生活の質を向上させるための支援と工夫を見つけることです。具体的には、本人が安定した居場所や役割を見つけられるようサポートし、日常生活での困難を軽減する方策を探求することが重要です。

生活環境の最適化方法

家庭や職場の環境を調整することも、ADHDの症状を管理する重要な側面です。日常のルーチンを整えたり、作業スペースを最適化することで、集中力を高め、生産性を向上させることができます。また、周囲の人々に状態を理解してもらい、必要に応じてサポートを得ることも大切です​ ​。

日常技能の習得と適用

カウンセリングやスキルトレーニングを通じて、ADHDの人々は日常生活の管理方法を学ぶことができます。これには、時間管理や優先順位の設定、衝動制御の技術が含まれることが多いです。また、行動療法や認知行動療法も有効で、ストレス管理や感情調節を改善するのに役立ちます​​。

診断プロセスの精度向上

発達障害の診断は、様々な専門家による詳細な評価と情報収集に基づいて行われます。診断プロセスには時間がかかることがあり、身体的な問題を除外するための身体検査や、症状に関する詳細な情報の収集が含まれます​ 。

医薬品による介入と管理

ADHDの治療には、刺激薬や非刺激薬が使用されることがあります。これらの薬は、注意力や衝動性の改善に役立ちますが、効果を感じるまでに時間がかかることがあります。また、副作用や個々の反応に応じて、薬の種類や投与量の調整が必要になる場合があります​。

発達障害の治療薬について

発達障害にはさまざまな治療法があり、それぞれの個人の状態に合わせて適切な薬物が選ばれます。主に神経伝達物質の働きを改善し、症状の緩和を目指します。

抗精神病薬の役割

抗精神病薬は、ドーパミン受容体をブロックすることにより、過剰な神経活動を抑え、興奮や衝動性の症状を軽減します。これらは、興奮状態の管理にも効果的です。

抗うつ薬の効果

抗うつ薬は、脳内のセロトニンの活動を高めることで、気分の安定や不安の軽減をサポートします。SSRIやSNRIといった薬が一般的に処方され、気分の改善を助けます。

ADHD治療薬の種類

ADHDの治療には、非中枢刺激薬のストラテラや中枢神経刺激薬のコンサータが使用されます。これらは脳内のノルアドレナリンやドーパミンのバランスを調整し、注意力や集中力の向上を助けます。

気分安定薬の使用

気分安定薬は主に双極性障害の治療に用いられ、極端な気分の波を減らすことで日常生活の質を向上させます。これらの薬は、感覚過敏に対する治療にも応用されることがあります。

インチュニブとその効果

インチュニブは、α2Aアドレナリン受容体作動薬として、ADHDの症状を改善します。これは成人及び小児に対して効果が認められ、多動性や注意力散漫などの症状を緩和します。

発達障害に対応するための戦略

発達障害を持つ人々にとって、日々の挑戦に効果的に対応するための戦略を編み出すことは、自己理解を深め、充実した生活を送るために重要です。自分自身の特性を理解し、それを活かす方法を見つけることが、良好な人間関係の構築や社会的成功につながります。

見通しの立つ環境を整える

予期せぬ出来事や慣れない状況への対応が難しい場合、日常生活のルーチンを明確にすることが役立ちます。日程や手順を事前に計画し、視覚的なツール(絵や写真カード、リスト)を用いて、何をいつまでに終えるべきかをはっきりさせることが、安心感を提供し、集中力を高める助けとなります。

場所ごとの役割を明確にする

特定の場所を特定の活動に割り当てることで、日常生活の中での混乱を減らし、行動の予測可能性を高めることができます。例えば、ベッドは睡眠のため、ダイニングルームは食事のためといった具体的な役割を設定すると良いでしょう。

活動に時間を区切る

完璧を求めるあまりにストレスを感じやすい場合、活動ごとに時間を設定し、適度な休憩を挟むことで効率よくタスクを進めることができます。このアプローチは、長期間にわたるプロジェクトや難しい仕事に特に有効です。

柔軟性を持つこと

こだわりが強い性格の場合、時にはルールから逸脱することが必要かもしれません。常に同じ方法で物事を行う必要はなく、状況に応じて柔軟に対応することが、精神的なストレスを軽減し、社会的な適応を促進します。

感覚の過敏さを緩和する

特に感覚が敏感な人は、日常のさまざまな刺激がストレス源となり得ます。これに対処するために、環境を調整することが重要です。例えば、遮音性の高いイヤホンを使用する、特定の照明下での作業を避ける、または視覚的な快適さを提供する特別な眼鏡を使用することが有効です。

自己理解と人間関係の向上には、自分自身の性質や強みを活かし、それを周囲と共有することが重要です。得意なことを活かし、周囲との連携を深めることで、お互いの理解が深まります。現在の自分をしっかりと受け入れ、できていることを正しく評価しましょう。そして、その良い部分をさらに伸ばすことで、より充実した人間関係を築くことができます。

発達障害のある家族への適切なサポート方法は?

発達障害の基本を理解する

発達障害、特にADHDは、単なる性格の問題や努力不足ではなく、脳の機能に関わる課題です。正確な知識を持つことが、支援の第一歩となります。発達障害について学び、理解を深めることで、家族や友人が本人をサポートしやすくなります。

コミュニティとの連携強化

家族や友人、職場の同僚との効果的な連携が重要です。具体的な支援方法として、ADHDの個人が持つ特性や困難に対する理解を深め、それに基づいた対応を心がけることが勧められています。例えば、完璧を求めず、ミスを前提に対応することや、時間管理をサポートするための具体的な工夫が役立ちます​​。

地域社会や専門の支援機関と連携することも大切で、多くの自治体には発達障害者支援センターが設置されています。これらのセンターでは、相談支援や就労支援、情報提供など、様々なサービスを提供しています。

日本では、発達障害者のサポートを専門にするコーチングサービスも提供されており、ADHDを診断された大人が社会生活を送る上での困難に対処するための支援を受けることができます​ ​。

これらの取り組みを通じて、ADHDを持つ個人がより快適で充実した生活を送るための支援体制が整っています。家族や周囲の人々がこれらのリソースを活用することで、ADHDの人々が社会において活躍する機会が増え、その潜在能力を最大限に発揮できるようになります。


 

よくある質問

Q.ADHDの診断はどのように行われますか?

ADHDの診断は専門家による詳細な評価と情報収集に基づきます。身体検査や症状に関する詳細な情報収集が含まれます。

Q.大人のADHDの典型的な特徴は何ですか?

大人のADHDでは注意が散漫になりやすく、興味を持ったものには集中できますが、それ以外の事柄に対する注意力が低下します。また、情緒の波が激しくなることがあります。

Q.発達障害に対する治療薬にはどのようなものがありますか?

発達障害の治療薬には、抗精神病薬、抗うつ薬、ADHD治療薬(ストラテラ、コンサータ)、気分安定薬、インチュニブなどがあります。それぞれの薬は個々の状態に合わせて使用されます。


 


渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約