精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

大人の発達障害、思い当たるなら

大人の発達障害が話題です。仕事でのミスや人間関係の悩みで、「もしかして?」と思うことがあるかもしれません。著名人の中にも発達障害を公にしている人がいます。発達障害って何?もし自分もそうかもしれないと感じたら、どうしたらいいのでしょう。この記事では、そんな疑問を解決します。

大人になってからの神経発達症(発達障害)の顕在化

神経発達症(発達障害)は、先天的な脳機能の発達に偏りがあることで起こります。これにより、コミュニケーションの難しさや社会的な交流に関する問題など、日常生活で困難を感じることがあります。これらの状態は、子供時代ではなく、大人になってから顕在化することがあります。特に、複雑なコミュニケーションや高度な社会的スキルが求められる場面では、その困難さが明らかになりやすいです​ 。

神経発達症(発達障害)は、知的障害の有無にかかわらず診断されることがあり、全ての人が何らかの特性を持っています。しかし、その特性が日常生活において著しい困難を引き起こす場合に、神経発達症(発達障害)と診断されることがあります。特に大人になってから診断されるケースでは、自閉スペクトラム症(ASD)や注意欠如・多動症(ADHD)が主な焦点となります​ 。

もし自分が神経発達症(発達障害)かもしれないと感じたら、専門の医療機関での診断を受けることが重要です。正確な診断と適切なサポートを受けることで、困難を乗り越え、より快適な日常生活を送ることが可能になります​ ​。

大人の発達障害とその対応

大人になってから発達障害が明らかになることは珍しくありません。長年、自己評価が低下し、うつや不安障害など他の精神疾患を発症するリスクが高まることがあります。早期の対応が、これらのリスクを低減する鍵となります。

発達障害の特徴は性別によって異なる場合があります。例えば、自閉スペクトラム症(ASD)は男性では顕著な特徴が見られることが多いですが、女性の場合は対人関係の問題などが表に出にくいことがあります。それにもかかわらず、苦痛を感じていないわけではありません。ADHDに関して言えば、大人になってから診断される場合、不注意が主な症状として現れることが多いです。

特に、家族や同僚が精神科や心療内科の受診をためらっている場合、身体的な変化に焦点を当てた声かけが有効です。例えば、「最近、眠りが浅いようだけど、一緒に医師に相談しに行かない?」と提案することで、受診への道を開くことができます​​。

緊急の場合、特に自傷や他害の恐れがある際には、迅速な対応が必要です。そのような状況では、直ちに警察や専門の医療機関へ連絡することが勧められています​ 。

受診を躊躇している本人やその家族にとって、最初の一歩を踏み出すことは容易ではありませんが、適切なサポートを受けることで、生活の質を改善することが可能です。心の健康は誰にとっても重要なものです。気になる症状があれば、勇気を出して専門家に相談しましょう​ 。

大人の発達障害とその対応

大人になってから発達障害が明らかになることは珍しくありません。長年、自己評価が低下し、うつや不安障害など他の精神疾患を発症するリスクが高まることがあります。早期の対応が、これらのリスクを低減する鍵となります。

発達障害の特徴は性別によって異なる場合があります。例えば、自閉スペクトラム症(ASD)は男性では顕著な特徴が見られることが多いですが、女性の場合は対人関係の問題などが表に出にくいことがあります。それにもかかわらず、苦痛を感じていないわけではありません。ADHDに関して言えば、大人になってから診断される場合、不注意が主な症状として現れることが多いです​ 。

特に、家族や同僚が精神科や心療内科の受診をためらっている場合、身体的な変化に焦点を当てた声かけが有効です。例えば、「最近、眠りが浅いようだけど、一緒に医師に相談しに行かない?」と提案することで、受診への道を開くことができます​ 。

緊急の場合、特に自傷や他害の恐れがある際には、迅速な対応が必要です。そのような状況では、直ちに警察や専門の医療機関へ連絡することが勧められています​ 。

受診を躊躇している本人やその家族にとって、最初の一歩を踏み出すことは容易ではありませんが、適切なサポートを受けることで、生活の質を改善することが可能です。心の健康は誰にとっても重要なものです。気になる症状があれば、勇気を出して専門家に相談しましょう。

大人の発達障害を理解し、支援を求める一歩

大人になってから「発達障害ではないか」と感じることは、決して珍しいことではありません。しかし、大人の発達障害を理解し、適切に対応することは、まだまだ社会において浸透しているとは言い難いのが現状です。特に、自閉スペクトラム症(ASD)や注意欠如・多動性障害(ADHD)といった神経発達症は、子どもだけのものと誤解されがちですが、大人になってから診断されるケースも少なくありません​ 。

精神科・心療内科での支援

もし、自分自身や身近な人が発達障害ではないかと疑う場合、まずは精神科や心療内科に相談することが大切です。ただし、全ての医療機関が大人の発達障害に対応しているわけではありませんので、受診前には事前に確認をすることが推奨されます​ 。

診断プロセス

診断にあたっては、患者さんの症状や生活上の困りごとを詳しく聞くことから始まります。特に、幼少期の状況を知ることができる資料や家族の証言は、診断の精度を高めるために重要です。心理検査などを用いて総合的に判断され、最終的には診断ガイドラインに基づき、発達障害の有無が判定されます​ ​。

支援方法

発達障害のある大人に対しては、自己の特性を理解し、苦手なことをカバーしつつ、得意なことを伸ばせるような支援が必要です。ADHDの場合は、症状に応じた薬物療法が提案されることもありますが、ASDに対しては、二次的な疾患がある場合に限り薬物治療が行われることがあります。また、集団でのプログラムに参加することで、コミュニケーション能力の向上や状態の改善を目指す方法もあります​ 。

社会の理解と支援の必要性

発達障害を持つ大人への理解と支援は、まだまだ発展途上です。しかし、適切な診断と支援によって、それぞれの人が持つ可能性を最大限に引き出し、より良い社会生活を送ることが可能です。もし、発達障害を疑う症状がある場合は、一人で悩まず、専門の医療機関に相談することが、改善への第一歩になります。

大人の発達障害への理解と支援の重要性

成人期に発達障害が診断される方々は、その特性が比較的軽いか、困難を補う能力があることが多いとされています。しかし、社会人になると、新たな環境や増加する仕事の負荷、人との交流が必要になるなど、変化によって、困難が顕著になり、不安や抑うつといった二次障害を発症することがあります​ ​。

発達障害のある人が適切な科に受診することは、その人が生まれ持った「ものの感じ方・考え方・行動の仕方」などを理解し、生活上のうまくいかないところを減らし、より良い生活が送れるようサポートするために重要です。医療機関では、的確な診断、薬物療法、対処法の習得、環境調整など、様々なアプローチで支援を行っています。また、「発達障害外来」を設けている医療機関もあり、専門的に診療を行っています​​。

このような支援は、発達障害を持つ人々が自分の特性を理解し、社会での居場所や役割を見つけ、自尊心を高める上で非常に有効です。また、周囲の理解とサポートも欠かせません。発達障害が疑われる場合は、適切な医療機関に相談し、必要な支援を受けることをお勧めします​。

まとめ

この記事では、成人期に発達障害が診断される方々への理解と適切な支援の重要性について解説しています。特に、成人になってから発達障害が明らかになる人々は、特性が比較的軽いか、困難を補う能力を持っていることが多いものの、社会人としての新たな環境変化により、不安や抑うつといった二次障害を発症するリスクがあることが指摘されています​ ​。

発達障害に対する支援としては、適切な科での受診が推奨されます。医療機関では、的確な診断、薬物療法、対処法の習得、環境調整など、様々なアプローチで個々の状況に合わせた支援を行っています。また、専門的に発達障害を扱う「発達障害外来」を設けている医療機関もあり、そこではより専門的な診療が受けられるようです​ ​。

重要なのは、発達障害がある人々が自分自身の特性を理解し、社会での居場所や役割を見つけることができるようにサポートすることです。また、周囲の人々の理解とサポートも不可欠であり、発達障害が疑われる場合には、適切な医療機関への相談が勧められています。

この記事を通じて、成人期の発達障害に対する理解が深まり、適切な支援を受けることの重要性が明らかにされています。



渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約