精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

自立神経失調症の治療方法と予防策:病院での治療は必要か?

自律神経失調症は、交感神経と副交感神経のバランスが崩れることによって、様々な身体的、精神的な不調が生じる状態を指します。これら二つの神経系は、日常生活の様々な状況に応じて、互いにバランスを取りながら機能します。自律神経失調症になると、一方の神経活動が過剰になりがちで、多くの場合は交感神経の過剰な活動による過緊張状態が見られます​​。

自律神経失調症の治療には、ストレスの管理や生活習慣の改善が重要で、これらのアプローチだけで症状が大きく改善することもあります。具体的には、散歩や体操、趣味などによるリラクゼーション、適度な運動、規則正しい睡眠や食事などが挙げられます。また、自律訓練法やマインドフルネスといったストレスマネジメントの技術が有効とされています​​。

薬物療法も自律神経失調症の治療には用いられますが、主には症状を和らげるための対症療法や、ストレスやホルモンバランスの乱れに対応するための治療が行われます。これには、痛みを和らげる鎮痛薬、睡眠を促す睡眠薬、ストレスや不安を軽減する抗うつ薬や抗不安薬などが含まれます。漢方薬や自律神経を整えるための薬も利用されることがあります​​。

自律神経失調症には、さまざまな身体的症状や精神的症状が現れるため、それぞれの人に合わせた治療が必要です。また、様々な病気で自律神経症状が見られることがあり、自律神経失調症と診断される前に、他の身体的または精神的な疾患を除外することも重要です。自律神経失調症の診断や治療については、心療内科や精神科の専門医のアドバイスを受けることが望ましいでしょう。

自律神経失調症とその回復過程

自律神経失調症は、私たちの身体と心に影響を及ぼす自律神経のバランスが崩れた状態を指します。この症状は、交感神経と副交感神経の調和が乱れた結果、生じると考えられています。交感神経は主に活動時に働き、私たちを興奮状態に保ちます。一方、副交感神経はリラックス時に作用し、体を休息状態へと導きます。通常、これらの神経は互いにバランスを取りながら機能しますが、様々な外部要因によってこの微妙なバランスが崩れると、自律神経失調症の症状が現れ始めます。これには、不安、倦怠感、頭痛、めまい、動悸などがあります。

自律神経失調症が「すぐに治る病気」とは限らないことは重要なポイントです。治療プロセスは個人によって異なり、症状の根本的な原因を特定し、それに対処することが必要です。ストレスや生活習慣の改善、医療機関での適切な治療を通じて、徐々に改善されていきます。このプロセスには時間がかかる場合があり、患者さん自身の積極的な取り組みも求められます。

自律神経失調症における症状の管理や改善策についてさらに詳しい情報を得るためには、専門の医療機関を訪れ、医師の指導のもとで適切なアドバイスや治療を受けることが推奨されます。

セルフチェック診断テスト(自律神経失調症)

以下に当てはまる場合は自立神経失調症の可能性があります。

  • 突然の胸の圧迫感や呼吸困難が生じる
  • 絶えず不安感に駆られ、落ち着きを失う
  • 十分な睡眠を取っているはずなのに、常に疲れやだるさを感じる
  • 消化不良、便秘や下痢など腹部に不快感を持続する
  • 指先や足先に感覚がなくなるようなしびれを覚える
  • 食べることに対する興味が薄れる
  • 夜間に見る悪夢や突然の身体の固定感が頻繁に現れる
  • 些細なことで怒りやすくなる
  • 頭が痛くなったり、めまいがしたり、急に立ちくらみがする
  • 肩や腰の持続的な痛みやこりに悩む
  • 特に理由がないのに沈んだ気分が続く

自律神経失調症のセルフチェック診断テストでは、さまざまな身体的および精神的症状を確認することができます。これらの症状には、倦怠感、息苦しさ、不眠、慢性的な疲労感、頭痛、動悸や息切れ、めまい、立ち眩み、下痢や便秘などが含まれます​​。また、精神的症状としては、情緒不安定、いらいら、不安感、抑うつ傾向があります​​。

セルフチェックリストには、めまいや耳鳴り、肩こりや頭痛、目の疲れや乾燥、手足のしびれ、不眠、イライラ、気分の落ち込みなど、様々な症状が挙げられています​​​​。これらの症状に複数当てはまる場合は、自律神経の乱れや体の不調が考えられるため、生活習慣の見直しや、症状が続く場合は医療機関を受診することが推奨されます​​​​。

自律神経失調症の治療と予防

自律神経失調症の治療には、非薬物療法が重要な位置を占め、睡眠・起床時間の定着、規則正しい生活習慣の確立、運動習慣の身につけることが推奨されます​​。症状が強い場合には、漢方薬を含めた症状に合った薬の使用も検討されます。自律神経失調症の予防においては、ストレスの管理と生活習慣の見直しが非常に重要です​​。

更年期障害と自律神経失調症の関係

更年期障害と自律神経失調症は、症状が似ていることがありますが、これらは主に症状を表すものであり、正式な病名ではないとされています​​。自律神経の不調が女性ホルモンの低下によるものか、ストレスによるものか、またはその両方であることを理解することが大切です​​。

以上の情報を基に、自律神経失調症を疑う症状がある場合は、生活習慣の見直しやストレス管理を心がけるとともに、必要に応じて専門の医療機関への相談を検討することが推奨されます。

病院で自律神経失調症を治すべきメリット・理由

病院での治療は、自律神経失調症に対して最も適切な対応を受けられる大きなメリットがあります。以下にその理由とメリットを紹介します。

専門的な診断と治療のアクセス

病院では、精神科または心療内科の専門医が患者さんの症状に合わせた適切な診断を行い、その上で薬物療法や精神療法など、症状に応じた専門的な治療を提供します。薬物療法では、症状を和らげるための睡眠薬や抗うつ薬が処方される場合があります。精神療法では、カウンセリングを通じて患者の心の負担を軽減し、ストレス管理や生活改善の指導を行うことで、症状の根本的な改善を目指します​​。

社会生活への支援

病院からの診断書の発行は、仕事や学校などの社会生活において重要な役割を果たします。特に、症状が重く仕事を休む必要がある場合には、診断書が休職の申請や保険適用の根拠となり得ます。この診断書はまた、患者さんが抱える精神的な症状を周囲に理解してもらうための重要な手段となり、治療への理解やサポートを得やすくなります​​。

病気の早期発見と合併症の予防

適切な治療によって、自律神経失調症が引き起こす可能性のある合併症を未然に防ぐことが可能です。また、自律神経失調症の背後に別の身体疾患が隠れている可能性も考慮に入れ、病院での詳細な検査を通じて早期発見が期待できます。精神科や心療内科の選択は、患者さんに最適な医療サービスを提供する上で重要ですが、甲状腺機能異常症や糖尿病などの自律神経失調症に影響を及ぼす可能性のある病気についても、適切な診断を受けることができます​​。

自律神経失調症の場合、何科を受診するのか

自律神経失調症の診断と治療に関しては、多くの場合、心療内科や精神科が最適な選択肢です。ただし、具体的な身体的症状や精神的症状によって、受診すべき科が異なる場合があります。

身体的症状が目立つ場合

体の不調が主である場合、耳鼻科でのめまいや喉の異常感の評価、整形外科での肩こりや手足のしびれの検査、泌尿器科での尿の出具合や性機能の問題の診断が役立ちます。これらの科では、症状の原因を特定し、適切な治療を行うことで改善を目指します​​。

精神的な負担が大きい場合

ストレスや不安が主な原因と考えられる場合、心療内科が対応の中心となります。ここでは、心の負担によって引き起こされる身体的な症状や情緒の不安定さを扱います。精神科では、日常生活に支障をきたすような深刻なうつ状態や統合失調症などを対象とします​​。

症状が複雑である場合

身体と心の両方に症状が見られる場合、最初の受診先として心療内科や精神科を選択するのが適切です。これらの専門科では、自律神経失調症の多面的な症状に対応し、根本からの改善を目指す治療を提供します。また、必要に応じて他の科と連携しながら総合的な治療計画を立てることが可能です​​。

適切な科を選ぶことは、症状の改善と健康回復への第一歩です。自分の症状に合った科を受診することで、より専門的で効果的な治療を受けることができます。

自律神経失調症を放置するリスクについて

自律神経失調症は、交感神経と副交感神経のバランスが崩れた状態を指します。この病状を放置すると、身体だけでなく心にも様々なリスクが生じます。

感染症の危険性

自律神経の乱れは免疫力の低下を招き、風邪やインフルエンザなど、様々な感染症への抵抗力が落ちる原因となります。

うつ病・パニック障害への進行

心の不調を引き起こす自律神経失調症は、不眠や不安、イライラといった精神的ストレスを引き起こし、それがうつ病やパニック障害へと進展する可能性があります。

自己免疫疾患のリスク

自律神経失調症を長期間放置すると、体の免疫機能が自己の組織を攻撃し、関節リウマチや多発性血管炎といった自己免疫疾患を引き起こすリスクがあります。

自律神経失調症と向き合うタイミング

自律神経失調症が疑われる症状が現れた際、それらが日常生活に影響を及ぼし始めたら、速やかに専門の医療機関を受診することが推奨されます。病院での適切な診断と治療により、症状の悪化防止や合併症のリスクを最小限に抑えることができます。

症状が顕著になったら

特に、動悸、息切れ、めまい、慢性的な肩こりや腰痛、頭痛、不眠、食欲不振などの症状が持続する場合は、心療内科や精神科の専門医の診察を受けることが大切です。

不定愁訴でも相談を

日常的な軽微な不調やストレス、不安感がある場合も、専門医に相談することで心の負担を軽減し、症状の改善につながる場合があります。

自律神経失調症の自己管理法

自律神経失調症は専門医による治療が基本ですが、日常生活で取り入れることができる予防策や自己管理法も存在します。

ストレスを効果的に管理する

日々のストレスは自律神経失調症の大きな原因の一つです。適切なリラクゼーション技法を身につけ、ストレスを軽減しましょう。

健康的な生活習慣を心がける

質の良い睡眠、バランスの取れた食事、適度な運動は自律神経のバランスを整えるのに役立ちます。

適切な栄養摂取を

ビタミンB群やマグネシウムなど、自立神経の機能に影響を与える栄養素を積極的に取り入れることが重要です。

自己肯定感を高める

ポジティブな自己イメージはメンタルヘルスを保つ上で不可欠です。自己受容を高め、前向きな気持ちを育てましょう。

自律神経失調症に対応できるおすすめの病院、心療内科・精神科

律神経失調症の治療を専門的に扱っているクリニックもあります。患者さま一人ひとりの状態に合わせた多様な治療法を提供しており、その中には薬物療法や認知行動療法、さらに身体の栄養バランスを整えるオーソモレキュラー療法も含まれます。このオーソモレキュラー療法により、副作用や依存の心配なく、幅広い症状に対して効果が期待できると多くの患者さまから好評をいただいているクリニックもあります。他の治療法で原因が明らかにならなかった場合や、持続する軽い体調不良のご相談にも応じてくれる場合もあります。ご自身の症状に悩んでいる方は、一度最寄りのクリニックにカウンセリングを受けにいかれることをおすすめします。

よくある質問

自律神経失調症は何科に受診すればいいですか?

自律神経失調症は、ストレスや日常生活の悩みが原因で自律神経のバランスが崩れることによって発生する状態です。このため、身体や心にさまざまな不調が現れます。具体的には、だるさ、眠れない、疲れが取れない、頭痛、動悸、めまい、立ちくらみ、食欲不振など多岐にわたります。このような症状が見られる場合、精神的な不調が自律神経失調症の症状を悪化させることもあるため、精神科や心療内科の受診が推奨されます​​。

軽度の症状でも受診していいですか?

自律神経失調症の症状は個人差があり、軽度であっても日常生活に影響を及ぼすことがあります。初期段階では「ただの疲れだろう」と考えがちですが、放置すると症状が悪化する可能性があります。したがって、病院への受診タイミングはできるだけ早めにすることが望ましいです。今までと異なる身体の感覚や自律神経失調症の症状が疑わしい場合には、速やかに医療機関へ相談することをおすすめします。症状が軽度であっても、専門の医師による適切な診断とアドバイスが得られるため、早期に受診するほうがよいでしょう​​。



渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約