精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

精神科治療は薬を出すだけと思われる誤解を解く

薬の役割と心療内科の取り組み

心療内科や精神科の領域において、薬物療法は不可欠な役割を担っています。かつては複数の薬を組み合わせる多剤処方が普通でしたが、副作用や薬同士の相互作用への理解が深まり、今では可能な限り単一の薬を用いる単剤処方が推奨されるようになりました。また、薬に頼らないアプローチも積極的に取り入れられており、患者さんの状態や希望に合わせて、よりパーソナライズされた治療が行われています。

薬物療法の現状と課題

薬物療法は、一人一人の患者さんに最適な治療を目指す中で、重要な選択肢の一つです。しかし、医師にとって薬を処方することが「楽」であるという側面もあり、医師の負担を軽減するために薬物療法が選ばれがちなことも事実です。特にSSRIなどの選択的セロトニン再取り込み阻害剤は、その副作用の少なさと適用範囲の広さから、多くの精神疾患において有効な選択とされています。

薬を避けたい患者さんへの対応

心療内科では、薬物療法以外の治療選択肢も提供されています。認知行動療法や運動療法、漢方薬、サプリメントによる生活療法など、患者さんの症状や生活の質を向上させるための多様なアプローチがあります。これらの方法は、薬物療法と組み合わせることで、より効果的な治療結果をもたらすことが期待されます。

変化している心療内科の風景

心療内科や精神科の現場は、昔と比べて大きく変化しています。以前は精神疾患の治療において、隔離や入院が主な手段でしたが、現在は地域でのサポートや外来治療が主流になりつつあります。症状の緩和や治療方法の多様化に伴い、暴力的な患者さんが減少し、症状も軽くなっている傾向があります​。

精神療法への深い取り組み

現代の心療内科では、単に薬を処方するだけでなく、精神療法にも力を入れています。患者さん一人一人にじっくりと時間をかけて問診し、必要に応じて精神療法を行っています。患者さんのIQや精神状態に応じて、治療法を変え、環境調整や維持療法など、患者さんの状態に合わせたアプローチを行っています。また、患者さんからの質問には、わからないことも正直に伝え、重要な質問には後日答えを持ち帰るなど、誠実な対応を心がけています​​。

5分診療の現実

心療内科での5分診療に対する批判もありますが、実際には患者さんの状態や必要に応じて、十分な時間をかけて診察しています。状態が悪いときは長時間の診察が必要となりますが、短時間の診察でも効果的なやり取りが可能です。5分診療でも、患者さんが伝えたいことをしっかりと伝え、治療的なアドバイスを得ることができます。診察時間を最大限に活用するためにも、患者さんが自分の状態を効果的に伝えることが重要です​ 。

これらの変化は、心療内科や精神科の治療が、以前に比べて患者さん一人一人の状態に合わせた柔軟な対応を取るようになったことを示しています。治療の進化と共に、患者さんとの信頼関係の構築にも力を入れ、より質の高い医療を提供する努力が続けられています。

人間の成長は

心の成長や癒しは、時間を要する過程です。精神科や心療内科での治療は、即効性を期待するよりも、長期にわたるサポートと理解が必要とされます。特に20代などの若年層では、短期間での変化が見られることもありますが、多くの場合、2、3年というより長いスパンで自身の変化を見守る必要があります​ 。

精神科の治療では、うつ病のような状態を例に取ると、治療開始から回復に至るまでには三段階が存在します。急性期と呼ばれる最初の段階では、薬物の副作用を最小限に抑えつつ、効果が現れるまでの数週間を乗り越えることが求められます。続く継続期では、薬物が効果を発揮し始め、患者さんは徐々に改善を見せますが、ここでの断薬は禁物です。最後の維持期では、良好な状態を維持しつつ、慎重に治療を続けます。この期間、再発や慢性化を防ぐためにも、焦らずじっくりと治療に取り組むことが重要です​ ​。

自律神経失調症の治療においても、症状が良くなったり悪くなったりを繰り返すことが特徴です。治療は長期的な視点を持つことが重要であり、生活習慣の改善やストレスの解消、薬による対症療法、認知行動療法、カウンセリングなど、多角的なアプローチが必要です。これらの治療法は、症状の一時的な改善を目的とするだけでなく、根本的な解決を目指します​ 。

心の問題や精神疾患の治療には、一人ひとりのペースに合わせた時間と忍耐が必要です。自己の変化を受け入れ、治療プロセスを信じることで、徐々に回復の道を歩んでいくことができるでしょう。


 

よくある質問

Q.精神科治療ではどのようなアプローチが取られていますか?

精神科治療では、薬物療法に加えて認知行動療法や運動療法、漢方薬、サプリメントなどの多様なアプローチが取られています。これらの方法を組み合わせることで、患者の症状や生活の質を向上させることが目指されています。

Q.精神科での薬物療法にはどのような課題がありますか?

薬物療法の課題には、副作用や薬同士の相互作用のリスクが挙げられます。以前は多剤処方が一般的でしたが、現在は単剤処方が推奨されており、患者ごとに最適な治療が求められています。

Q.心療内科の治療はどのように変化していますか?

心療内科の治療は、隔離や入院から地域でのサポートや外来治療へと移行しています。また、薬物療法だけでなく精神療法にも力を入れており、患者個々の状態に合わせた柔軟な対応が行われています。


 


渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約