精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

精神科・心療内科におけるカウンセリングとは?

そもそもカウンセリングってなに?

基本姿勢は傾聴

カウンセリングの基本姿勢は傾聴にあり、カウンセラーからのアドバイスを期待している場合、その期待と現実とのギャップによって「無意味」と感じることがあります。また、自分から積極的に話をすることが困難、あるいはカウンセラーに対する信頼関係の構築に苦労することも、変化を感じにくい一因となります。カウンセリングが「無意味」だと言う人もいます。主な理由としては、カウンセリングに対する誤解や、不信感、効果が目に見えないことへの不安、または科学的な証拠の欠如です​。

自分に合ったカウンセラーに出会うのも一苦労

自己理解の促進、問題解決能力の獲得、心の健康維持、自己受容と自己肯定感の向上、そして対人関係の改善など、カウンセリングを通じて得られる気づきや洞察は計り知れない価値があります。カウンセリングを通じて、自分自身と向き合うことで、自分の気質や人生に対する理解を深め、より豊かな人生を送るための手段となります​。カウンセリングの効果を最大限に引き出すためには、自分に合ったカウンセラーに出会うこと、自分自身が積極的にカウンセリングに臨むこと、カウンセラーとの信頼関係を構築すること、明確な目標を持つこと、そして自分自身の変化に向けて積極的に取り組むことが重要です。これらのポイントに留意しながらカウンセリングに臨むことで、カウンセリングの意義と効果を最大限に発揮することが可能となります。

カウンセラーとの信頼関係が大切

カウンセリングが「無意味」と感じた場合は、その感覚自体をカウンセリングの一部として捉え、カウンセラーと共にその感覚の背景や原因を探求することもひとつのカウンセリングとなり得ます。自分の内面に深く潜り、より自分を理解することで、カウンセリングの真の価値を見出すことができるでしょう。

どんな人がカウンセリングするの?

カウンセリングは、個々の患者に合わせた治療の一環として重要な役割を果たします。カウンセリングを担当するのは、公認心理士や臨床心理士など専門資格を持つカウンセラーです。

カウンセリングも大事な心理療法

カウンセリングが推奨されるのは、医師が必要と判断した場合です。薬物療法が主な治療法となる疾患もあれば、カウンセリングを含む心理療法が中心となる場合もあります。この判断は疾患の性質や患者の状態に応じて医師が行います​。

カウンセリングを受ける人ってどんな人?

カウンセリングを受けることが特に推奨される人は、一人で不安や悩みを抱えている人、問題を解決したいと願う人です。カウンセリングを通じて、問題を客観的に整理し、新しい視点やアプローチを見出すことができるためです​。

カウンセリングの目的と傾向

カウンセリングをキッカケに、自分の問題を掘り下げ、自己解決につながる気づきを得ることにあります。自分自身について話すことで、新たな自己認識や自己肯定感を高めたり、固定概念や思考、行動パターンから解放されるなどの自発的な変化を経験することが期待されます​​。カウンセリングは、自分の問題に向き合いたいと思う人にはとても効果的です。カウンセリングを受ける際は、積極的な姿勢で自分自身をオープンにし、相性の良いカウンセラーを選ぶことが大切です ​。

カウンセリングの効果

カウンセリングは、自己理解を深め、悩みを整理し、心のバランスを取り戻すことで絶大な効果を発揮します。一対一で行われることが基本ですが、家族やパートナーと一緒に受けることもあります。

カウンセリングにおけるさまざまな効果

カウンセリングで得られる効果は多岐にわたります。悩みや問題を言語化し、客観的に見つめ直すことができ、カウンセラーの客観的な意見を通じて、自分の状況や問題への改善策を見出せます。また、適切な対処法などを学ぶことで、問題に直面した際の対処能力やストレス管理が向上します。さらに、第三者に悩みを打ち明けることで、孤立感や不安感が軽減され、自分を解放して自己理解を深め、自信回復や未来への希望を持つことが可能になります​ ​。まだ大丈夫だと思っている方や、どうしたらいいのか迷ってしまう場合、専門医やカウンセラーのサポートを受けることで、自分の問題点の整理や解決への糸口が見つかることもあるので、カウンセリングを一度受けてみるのもいいかもしれません。

カウンセリングを受けるか迷っている人は

カウンセリングは健康な人でも受けることができ、自分の心を整理したり、問題解決の方法を見つけたりするためのアドバイスとなります。自分でも分からなかった自分自身についての理解が深まり、より自分らしく生きるための手段となることが期待されています。

精神科・心療内科の診察とカウンセリングの選択

カウンセリングと診察の違いは明確です。診察は医師によって行われ、主に薬物療法が中心ですが、カウンセリングは薬物治療を行わず、言葉による治療や行動療法を主としています。自分の問題解決をサポートするために、様々な心理療法や技術が用いられます​。診療とカウンセリングに迷った時は、まず自分が抱える問題が心の問題なのか、それとも身体の症状に関連しているのかを考えてみることが一つの手がかりになります。それぞれ異なるアプローチを提供しているので、自分に合った治療を探しましょう。また、カウンセリングの料金は保険適用外であることが多く、自費での支払いが必要になることを理解しておくことも大切です。

まとめ

カウンセリングについては、多くの人が異なる見解を持っています。カウンセリングを受けることの真の意味は、「変わる」ことではなく、「気づく」ことにあります。自分自身の固定概念や思考、行動パターンに気づき、それに対してどう向き合っていくかを考える過程が、カウンセリングにおける大きな価値の一つになります。



渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約