精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

摂食障害の理解、心療内科での相談

摂食障害とは何か

摂食障害は、食べる行動に関する深刻な乱れを示す精神的な病態を指し、その結果として心身に様々な悪影響が及びます。この疾患は、食事の量を適切に摂取できなかったり、過剰に食べすぎたり、食べたものをわざと吐き出すなど、人によって現れる症状は多岐にわたります。摂食障害には、自身の体重や体型に対する認識が大きく影響し、極端な食事制限や無理なダイエット、食事の量をコントロールできない衝動的な過食など、心理的な要因が大きく関与していることが特徴です​ 。

患者さんの症状や食に対する考え方には、個人差があり、症状は主に「拒食症」、「過食症」、「過食嘔吐」などに分類されます。拒食症では、極端な体重減少をもたらす厳しい食事制限が見られ、過食症ではコントロール不能な過食が発生し、その後の罪悪感や体重増加への恐怖から吐き出す行為が伴うことがあります。これらの状態は、ただの食べ物との問題ではなく、自己評価、自尊心、そして対人関係に深く関わる複雑な問題を抱えています​ ​。

摂食障害は、単に「食べること」の問題に留まらず、根底には患者さんの心理状態、特に自己価値感や他者との関係性に関する深刻な問題が存在します。そのため、治療にあたっては、食行動の管理だけでなく、これらの心理的側面に対するアプローチが必要とされています​ 。

このように、摂食障害は多面的な要因によって引き起こされる精神疾患であり、その治療には総合的な医療支援が求められます。心療内科や精神科では、この疾患に対して薬物療法や心理療法、栄養指導など、患者さん一人ひとりの状況に応じた多角的な治療プログラムを提供しています。

摂食障害の特質

摂食障害は、心身の健康に悪影響を及ぼす深刻な精神障害であり、特に10代から20代の若年層に多く見られるとされています。ただし、年齢や性別、社会的・文化的背景にかかわらず、誰でもこの病気になる可能性があります。日本では、1年間に21万から24万人が摂食障害のために医療機関を受診しており、さらに治療を受けていない人や治療を途中でやめてしまった人が全体の約40%に上ることが複数の調査からわかっています。これにより、治療を必要とする患者数は推定で40万人近くに上ると考えられています​ ​。

摂食障害は身体的な合併症を引き起こすだけでなく、患者の社会生活や人間関係にも深刻な影響を及ぼします。具体的には、成長と発達の障害、栄養不足による健康問題、学業や職業活動への影響などが挙げられます。重篤な場合には、生命に危険を及ぼすこともあります。また、摂食障害は他の精神障害(発達障害や依存症など)や精神症状(不安、強迫、うつなど)と共存することが多く、1型糖尿病などの身体的疾患と合併するケースもあります。

早期発見と適切な治療が回復への鍵となります。摂食障害のサインや症状に気付いた場合は、できるだけ早く専門家の助けを求めることが重要です。適切な対応を早期に行うことで、摂食障害による影響を最小限に抑え、より良い治療結果を得ることが期待できます​ 。

摂食障害の基本的な認識

摂食障害は、食事に関する行動の異常が原因で心や体に様々な悪影響を及ぼす精神疾患です。この病気は、若い世代に頻繁に見られる傾向がありますが、実際には年齢や性別、文化的な背景に関わらず、誰にでも発症する可能性があります。国内での摂食障害による医療機関の受診者数は年間約21万から24万人にのぼり、さらに治療を受けずにいる人々や治療を中止した人々も多数存在するとの調査結果があります。これにより、治療が求められる実際の患者数は約40万人に達すると推測されています。

摂食障害は、個人の日常生活、社会生活、人間関係に深刻な障害をもたらすことがあります。例えば、成長遅延、栄養失調による健康上の問題、学校や職場での問題などが発生する可能性があります。最悪の場合、命に関わる事態にも至ることがあります。加えて、他の精神障害や身体的な疾患と併発することも少なくありません。

摂食障害の早期発見と正確な治療は、病気の影響を抑え、患者の回復を支援するために極めて重要です。病気の兆候や症状を見つけた際には、速やかに専門家に相談し、適切な治療を受けることが推奨されます。早期の介入によって、摂食障害の負の影響を最小限に抑えることが可能となり、患者の健康と幸福に寄与することができます。

摂食障害に気づくサイン・症状

摂食障害は、個人の食事摂取や体重、体型に対する過剰な関心や異常な行動が見られる精神疾患です。この障害には多様な表れ方があり、全ての人に共通するわけではありませんが、特定のサインや症状が存在します。

食事に関するサイン

  • 極端な食事制限や断食
  • 過食行動や自己誘発的嘔吐
  • 不必要な下剤や利尿剤、過剰な運動
  • 食べ物を避ける、食事中に不安を感じる

体重・体型への異常な焦点

  • 体重や体型に対する強い不満や恐怖
  • 自己の体型を過大評価、周囲の意見に反して太っていると感じる

心理的サイン

  • 自尊心の低下、抑うつ状態や不安
  • 食べ物、体重、ダイエットの考えが支配的
  • 社会的孤立や関係の問題

身体的影響

  • 疲労感、低体温、消化不良
  • 月経不順や停止、齲歯や唾液腺の腫れ(嘔吐習慣がある場合)

摂食障害に対する治療プランや支援プラン

摂食障害の克服は可能です。この病気に対する治療は、ただ食事や体重の管理に留まらず、心と体の両方に及びます。患者さん一人ひとりの症状の種類、その重度、他に抱える健康問題や背景にある要因を総合的に評価し、個別に最適化された治療プランを提供します。

治療には、医療専門家との信頼関係の構築、病気の理解深化、モチベーション向上、日常生活での症状モニタリング、身体的問題の対処、食事や栄養の指導、健康的な食習慣の確立、心理療法、場合によっては薬物療法の利用などが含まれます​ ​。

患者さんの周囲の人々、特に家族の理解と協力は治療の進行において非常に重要です。治療は基本的に外来で実施されますが、重度の体重減少、重大な身体的合併症、食事の摂取が困難な場合や精神的に不安定な場合には、入院治療が必要になることもあります。

心理療法には、支持的精神療法が一般的ですが、摂食障害に特化した認知行動療法など、より専門的な心理療法が適用されることもあります。摂食障害を理解し、治療をサポートするために、家族への説明やサポートも行われます​ 。



渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約