精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

耳鳴りを解消!効果抜群の薬と予防策

耳鳴り発生の背景と症状解説

耳鳴りの一般的な症状について

耳鳴りは、周囲に音がないにも関わらず耳に様々な音が聞こえる現象です。この音は高い音域から低い音域までさまざまで、「キーン」「ピー」といった音や、「ゴー」「ジー」といった低い音があります​ ​。耳鳴りのタイプには自覚的耳鳴りと他覚的耳鳴りがあり、前者は自分だけが感じる音で、後者は外部からも確認可能な音です​ 。

加齢と共に自然と起こり得る老人性難聴など、耳鳴りが両耳に生じることもありますが、片耳にだけ発生する場合、より重大な病気の兆候の可能性があります。特に、突発性難聴のような病気では、急に耳鳴りとともに聴力が落ちることがあり、速やかな治療が必要です​ ​。

耳鳴りの原因

耳鳴りの発生には複数の原因が考えられます。内耳の神経細胞からの電気信号の異常、外傷、あるいは日常生活の中での急激な気圧の変化などが耳鳴りを引き起こすことがあります​ ​。

また、ストレスや精神的な要因も耳鳴りに影響を与えることがあります。精神的ストレスが加わると、音を認識する脳の部位が過敏に反応し、実際には存在しない音の電気信号を脳が受け取ることで、耳鳴りが発生します​。

治療法としては、原因に応じたアプローチが必要です。例えば、内耳の病気や聴神経の問題が原因であれば、耳鼻咽喉科での専門的な治療が求められます。ストレス関連の耳鳴りであれば、リラクゼーション技術やカウンセリングが効果的です​ ​。

このように、耳鳴りは単なる症状ではなく、様々な健康問題のシグナルとなるため、異常を感じたら迅速に医療機関を受診することが重要です。

耳鳴りの原因は多岐にわたり、それぞれが異なる健康状態や生活習慣に関連しています。以下に、耳鳴りを引き起こす一部の要因を説明します。

うつ病や不安神経症

心理的な健康問題も耳鳴りのリスクを高めることがあります。

自律神経失調症

自律神経のバランスの崩れが耳鳴りを含む多くの身体的症状を引き起こすことがあります。

突発性難聴

突然に聴力が低下し、それに伴って耳鳴りが発生することがあります。この状態は、通常、一方の耳に影響を与え、迅速な治療が必要です。

更年期障害

ホルモンの変動が引き起こす体調変化によって、耳鳴りが発生することがあります。

耳アカの蓄積

耳垢が耳道に溜まることで、音が外に逃げず内部で反響し、耳鳴りを引き起こすことがあります。

メニエール病

内耳の液体圧の異常が原因で、耳鳴りの他に、めまいや聴力喪失を引き起こすことがあります。

ストレスや疲労

精神的、身体的なストレスが耳鳴りを誘発または悪化させることがあります。

加齢

加齢に伴う聴覚の自然な衰えも、耳鳴りの一因となることがあります。

高血圧や糖尿病

これらの疾患は血流異常を引き起こし、耳鳴りを誘発する可能性があります。

薬の副作用

特定の抗生物質を含む一部の薬品は、耳鳴りを副作用として引き起こすことがあります。

大きな音の影響

音響外傷とも呼ばれる、大きな音に長時間または繰り返し曝露することで耳鳴りを引き起こすことがあります。

耳鳴りと関連する疾患

耳は外耳、中耳、内耳の三部分から成り立っており、これらの部分で何らかの異常が発生すると耳鳴りが起こりやすくなります。外耳から内耳にかけての異常や、聴覚路の障害によってさまざまな病気が耳鳴りの原因となります。

外耳の疾患

  • 外耳道炎
  • 耳垢栓塞
  • 外耳道真菌症

中耳の疾患

  • 中耳炎
  • 耳硬化症
  • 耳管狭窄

内耳の疾患

  • 薬剤性内耳障害
  • メニエール病
  • 突発性難聴
  • 老人性難聴
  • 内耳炎

聴覚路の障害

  • 髄膜炎
  • 聴神経炎
  • 脳梗塞
  • 聴神経腫瘍

その他の関連疾患

  • 妊娠
  • ストレス
  • 心身症
  • 顎関節症
  • うつ病

これらの病気は、耳鳴りを引き起こすだけでなく、場合によっては聴力の低下や他の症状を伴うことがあります。特に、突発性難聴やメニエール病のような病気は、急激に症状が進行することがあるため、早期の診断と治療が重要です​ 。

耳鳴りの治療には、原因となる疾患の治療の他に、耳鳴り自体の症状を緩和する対症療法が用いられることがあります。対症療法には、ストレス管理やリラクゼーション技術が含まれ、時には抗不安薬や抗うつ薬が処方されることもあります​ 。

耳鳴りの治療アプローチ

耳鳴りの治療は、その原因や伴う症状に応じて異なりますが、基本的には症状を軽減させることが主な目的です。ここでは、耳鳴りの一般的な治療法を紹介します。

音響療法

音響療法では、患者さんが耳鳴りに慣れるようにすることを目指します。この治療法は、耳鳴りの音を他の音でマスキング(覆い隠す)することで、耳鳴りを意識させないように試みます​ 。

原因病気の治療

耳鳴りが特定の疾患によって引き起こされている場合は、その病気の治療が最優先となります。例えば、突発性難聴やメニエール病などが原因である場合、これらの病気の治療により耳鳴りも改善されることが期待できます。

心理療法

耳鳴りによる精神的ストレスを管理するために、カウンセリングや自立訓練法などの心理療法が行われることがあります。これにより、耳鳴りに対する反応を改善し、生活の質を向上させることが目的です。

薬物療法

耳鳴りの治療には、ビタミン剤、末梢循環改善薬、抗不安薬、睡眠導入剤が使用されることがあります。これらの薬は、耳鳴りに伴う不快感や不安を和らげ、睡眠を助ける効果が期待できます​ 。

手術による治療

耳鳴りが慢性中耳炎や耳硬化症など、特定の耳の病気に関連している場合、手術が必要になることもあります。例えば、鼓室形成術や耳硬化症の治療にはアブミ骨手術が行われます。これにより、聴力が改善されると共に耳鳴りも軽減される可能性があります​。

これらの治療法は個々の症状や原因に応じて選ばれ、耳鼻咽喉科の専門医の診断と指導のもとで行われます。耳鳴りが気になる場合は、専門医に相談することが重要です。

耳鳴り緩和に向けての医療処方薬

耳鳴りの治療には様々なアプローチがありますが、特に効果的なのが医薬品を用いた治療です。以下に、耳鳴り治療でよく用いられる薬剤について紹介します。

血液循環促進作用効果のある薬

耳鳴りにおいて、内耳の血流不足が一因と考えられることがあります。以下の薬剤は血液循環を促進し、耳内の細胞機能をサポートすることで、耳鳴りの症状改善を目指します。

  • アデノシン三リン酸二ナトリウム(ATP): 細胞のエネルギー代謝を促進。
  • ビタミンB12製剤: 神経組織の健康をサポート。
  • ニコチン酸アミド、パパベリン塩酸塩配合錠: 血管を広げ、血流を改善。
  • カリジノゲナーゼ: 血流を改善し、細胞修復を助ける効果があります。

向精神作用、ストレス軽減効果のある薬

精神的なストレスも耳鳴りの大きな要因の一つです。以下の薬剤は、不安感の軽減や気分の安定を助け、それにより耳鳴りの症状を和らげる効果が期待されます。

  • ロフラゼプ酸エチル: 不安を和らげる効果があります。
  • アルプラゾラム: 緊張や不安の緩和に寄与。
  • クロチアゼパム: 不安症状の管理に用いられます。
  • エチゾラム: 不眠や不安を和らげる助けとなります。

耳鳴りの原因になる病気の治療薬

耳鳴りは他の耳の病気と関連していることが多いため、それらの病気を治療することが耳鳴りの症状を軽減させる鍵となります。

メニエール病の治療薬

  • イソソルビド製剤: 内耳の圧を調整し、症状の改善を目指します。
  • ベタヒスチンメシル酸塩: めまいや耳鳴りの軽減に寄与。

めまいの治療薬

  • ジフェニドール塩酸塩: めまいの症状を軽減。
  • ステロイド薬: 炎症を抑え、耳の症状を改善します。

これらの薬剤は、耳鳴りの症状に直接作用するわけではなく、原因となる症状や病状を改善することで間接的に耳鳴りを軽減することを目的としています。

耳鳴りを軽減する方法

耳鳴りは、様々な生活習慣や健康状態に影響されることが知られています。以下に、耳鳴りの予防に役立つ方法を紹介します。

日々、疲労やストレスを溜めない

耳鳴りは、ストレスや疲労の蓄積によって発生することがあります。リラクゼーションを意識した生活を心がけ、定期的に趣味や外出を通じてストレスの解消を図ることが重要です。リフレッシュすることで、耳鳴りのリスクを減少させることができます。

血行を改善効果

耳鳴りは血行不良が原因であることも多いため、運動や半身浴を取り入れて血流を促進することが推奨されます。特に定期的な運動は、全身の血流を改善し、耳の健康維持にも寄与します。

ビタミンB12を多く摂取する

ビタミンB12は神経系の健康をサポートし、耳鳴りの予防にも効果的です。ビタミンB12は貝類や青背の魚、レバーなどに豊富に含まれているため、これらを積極的に食事に取り入れることが望ましいです。

耳鳴りを意識せずにいられる環境づくり

耳鳴りが気になる場合、それに集中してしまうとストレスが増し、症状が悪化する可能性があります。適度な音量のBGMを流すなどして、自然な音のある環境を作ることで、耳鳴りが気になりにくくなる効果が期待できます。

これらの方法は日々の生活の中で取り入れやすく、耳鳴りの予防に有効です。毎日を健やかに過ごすために、これらの習慣を生活に取り入れることをお勧めします。

市販薬による耳鳴り対策:おすすめの3選

パニオンコーワ錠

この薬にはアデノシン三リン酸二ナトリウム(ATP)と複数のビタミンB群が含まれています。これらの成分はエネルギー代謝を高め、体のさまざまな不快症状を改善する助けとなります。特に体のだるさやむくみ、食欲不振に効果的で、疲れを感じやすい方に推奨されます。

ナリピット錠

ナリピット錠は、ニコチン酸アミドやパパベリン塩酸塩を含むことで知られています。これらの成分は血行を改善し、神経機能をサポートする効果があり、耳鳴りや肩こりの症状を和らげる効果が期待できます。特に、ストレスや疲労が原因である場合に有効です。

アリナミンEXプラス

アリナミンEXプラスはビタミンB群を豊富に含んでおり、特に眼精疲労や関節痛、肩や腰のコリを改善するのに効果的です。これらの症状はしばしば耳鳴りと関連しており、ビタミンB群は神経や筋肉の機能をサポートするため、総合的な健康維持に寄与します。

これらの市販薬は、耳鳴りに伴う複数の症状を緩和するために用いられることがあり、それぞれ特定の成分が特定の効果を目指しています。しかし、副作用や個々の健康状態に応じた適切な使用が必要なため、使用前には医師や薬剤師に相談することが推奨されます​ 。

鳴りに効果がある漢方薬3選

八味地黄丸料

八味地黄丸料は特に腎機能のサポートに焦点を当てており、腎機能の低下が原因で発生する耳鳴りに対して効果を発揮します。疲れやすさや冷え性、しびれ感などの症状を改善するためにも推奨されます。この漢方は高齢者や体力が衰えている人に特に有効です​ 。

苓桂朮甘湯

苓桂朮甘湯は体内の余分な水分を排出し、耳鳴りやめまいの症状を軽減する効果があります。これは特に水分代謝の不調による症状に効果的で、体内の水分循環を改善して症状の緩和を図ります​。

当帰芍薬散料

当帰芍薬散料は体力が虚弱で冷え症や貧血の傾向がある人に推奨されます。この漢方は全身の栄養状態を向上させ、血流を促進し、耳鳴りを含む様々な症状の緩和が期待できます。また、月経痛や更年期障害にも有効で、女性の健康維持に役立ちます​ 。

これらの漢方薬は、耳鳴りを含む多様な症状に対して体質や体力に応じた効果を提供します。服用する際は、体質や他の健康状態に配慮し、専門家のアドバイスを参考にすることが重要です。

耳鳴りに関わるよくある質問

耳鳴りの症状がある時に行くべき科

耳鼻科が耳鳴りの診断と治療のための一般的な選択肢です。耳鳴りが特定の原因によるものである場合、耳鼻科医は適切な専門科への紹介を提案することがあります。

耳鳴りの症状で病院に行くべきかどうかの判断基準

一時的な耳鳴りは一般的であり、しばしば自然に消失しますが、持続するか、他の顕著な症状(例:激しい頭痛、視覚障害、意識の変化)が伴う場合は、直ちに医療機関を受診することが推奨されます。

耳鳴りを予防するための日常対策

ストレスの管理が重要です。リラクゼーション活動、適度な運動、良質な睡眠は耳鳴りを予防するための基本です。また、過度な騒音への露出を避けることも重要です。健康的な食生活を維持し、カフェインや塩分の過剰摂取を避けることが、耳鳴り予防に寄与します。

まとめ

耳鳴りの原因は多岐にわたるため、その管理は複雑であることが多いです。症状の管理と緩和にはライフスタイルの調整が効果的ですが、異常が感じられる場合は迅速に専門医の診断を受けることが重要です。常に健康的な生活習慣を心がけ、必要に応じて医療の助けを求めましょう。


 

よくある質問

Q.耳鳴りの主な原因は何ですか?

耳鳴りの主な原因には、うつ病や不安神経症、自律神経失調症、突発性難聴、更年期障害、耳垢の蓄積、メニエール病、ストレスや疲労、加齢、高血圧や糖尿病、薬の副作用、大きな音への長時間の暴露などがあります。

Q.耳鳴りの治療にはどのような方法がありますか?

耳鳴りの治療には、音響療法、原因となる病気の治療、心理療法、薬物療法、場合によっては手術が含まれます。それぞれの方法は、症状や原因に応じて選ばれます。

Q.耳鳴りを予防するための対策は何ですか?

耳鳴りの予防には、日々の疲労やストレスを溜めない、血行を改善する、ビタミンB12を多く摂取する、耳鳴りを意識せずにいられる環境を作るなどが効果的です。適度な運動や健康的な食生活も重要です。


 


渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約