精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

家族が適応障害になりました

ハロスキンクリニックなら全国どこでも保険のオンライン診療対応

※大変恐縮ながら来院の患者様優先になりますので、予約が重なった場合は、別枠のご案内となります。 LINE友だち追加の上、こちらの予約枠からご連絡ください。

LINE登録 LINE友だち
               

適応障害という診断を受けた家族を持つことは、多くの不確実性と心配をもたらします。この章では、適応障害とは何か、そしてそれが愛する人にどのように影響を与える可能性があるかを理解するための基本情報から始めます。

大きな生活の変化やストレスの多い出来事に対して、適切に対処できない状態を、適応障害と言います。この診断を受けた家族は、不安、落ち込み、集中力の低下、睡眠問題などさまざまな症状に苦しむことがあります。

適応障害を知ってサポートの仕方を考えよう

家族が適応障害に苦しんでいると知ると、どのようにサポートすれば良いのか、何をすれば彼らの負担を軽減できるのか、どう接するべきかなど、多くの疑問が浮かびます。本章ではこれらの疑問に答えるとともに、家族としてできる具体的な支援の方法や、必要に応じて専門的な助けを求めるタイミングについても考察します。家族が一丸となって情報を共有し、適切な支援を行うことで、適応障害を乗り越える手助けをすることが重要です

病気を知ることから始める

適応障害になる原因や出てくる症状など、当事者が悩んでいる事をキチンと受け入れることが大切です。感情の起伏や異常行動など、症状の一部であることを理解しましょう。

円滑なコミュニケーション

いつも通り話す事が大切です。当事者が、自分の気持ちをオープンに話せるキッカケを作り、家族全員で共有、対処法などを考えましょう。

プライバシーの尊重

当事者のプライバシーを尊重し、必要以上の干渉やサポートはしないよう注意しましょう。プライベートな部分に関わりすぎて関係が悪化しないようバランスが大切です。

精神科や心療内科への受診

専門家の助言はとても重要です。心理療法や薬物療法など、家族が出来ないこともあります。専門家の適切な治療と正式な診断があれば、気持ちも幾分楽になると思います。

セルフケア

家族で支えるのが当たり前になってしまうと、自分自身でどうにかしようという気持ちが疎かになってしまいます。定期的にリラックスする時間を取り、趣味や運動など、ストレス解消に役立つ活動に参加することが重要です。

適応障害について学ぶことで、症状の理解が深まり、何が役立つかをより良く判断できるようになります。信頼できる情報源から最新の知識を得ることで、適切なサポートが可能となります。

これらのポイントに注意を払いながら、家族一丸となって支えることで、適応障害を乗り越えていく手助けができます。

適応障害についてQ&A

Q.適応障害とは具体的にどのような状態ですか?

適応障害は、大きな生活の変化やストレスが原因で起こる精神的な健康問題です。個人がその変化に適応するのが困難で、日常生活に支障をきたすほどの心理的な苦痛が現れます。

Q.適応障害の主な症状にはどのようなものがありますか?

主な症状には、不安、抑うつ、感情の起伏、集中力の欠如、睡眠障害、無気力、また社会的な引きこもりなどがあります。これらは、個人が直面している状況に適応しようとする過程で生じるストレス反応です。

Q.適応障害はどれくらいの期間続くものですか?

適応障害の症状は通常、特定のストレスが発生してから3ヶ月以内に現れ、そのストレス源が取り除かれた後6ヶ月以内に改善されることが多いです。しかし、症状が長引く場合もあります。

Q.適応障害が疑われる場合、どのように対処すれば良いですか?

適応障害が疑われる場合、心理療法やカウンセリングを通じて専門家の支援を受けることが推奨されます。場合によっては、薬物療法が必要になることもあります。また、日々のストレス管理のための自己ケアも重要です。

Q.適応障害と似ている他の精神障害との違いは何ですか?

適応障害は、特定のストレスや変化が明確な原因となって発生する点で、他の一般的な精神障害と区別されます。例えば、うつ病や一般的な不安障害は、しばしば明確な外部からのトリガーなしに発症することがありますが、適応障害は特定の出来事や状況に直接関連しています。

これらの質問と回答を通じて、適応障害の理解を深め、必要な対処法を学ぶことができます。適切な情報とサポートがあれば、適応障害の症状を管理し、改善へと向かうことが可能です。

困ったらサポート機関に相談してサポートを受けよう

適応障害に悩んでいる人たちが利用できるサポート制度は、地域や国によって異なる場合がありますので、近くの都道府県や自治体の相談窓口にご相談ください。

心理療法およびカウンセリングサービス

多くの国では、公的な医療保険や社会保険が心理療法やカウンセリングの費用の一部をカバーする場合があります。また、低所得者向けの補助制度や、公的医療機関や地域のメンタルヘルスセンターが提供する無料または低コストのカウンセリングサービスを利用できることもあります。

職場でのサポート制度

多くの企業では、従業員の健康をサポートするために従業員支援プログラム(EAP)を設けています。これには心理的な問題やストレス管理のための専門的なカウンセリングサービスが含まれることがあり、従業員とその家族が無償または低コストで利用できます。

医療サポート

適応障害の治療として必要に応じて処方される薬物治療の費用も、医療保険によってカバーされる場合があります。また、定期的な医師の診察費用も保険適用内であることが多いです。

障害者サポート制度

適応障害が、重度で日常生活や職務遂行に大きな支障を来たす場合、障害者認定を受けることによって、障害者手当やその他の社会福祉サービスを受ける資格が得られることがあります。

地域社会のリソース

地域によっては、特定の団体や非営利組織が心理的支援や社会復帰プログラムを提供している場合があります。これには、セルフケアワークショップ、サポートグループ、リカバリープログラムなどが含まれることがあります。

これらのサポート制度を利用することで、適応障害の方は必要な治療やサポートを受け、日常生活の質を向上させる手助けが可能です。具体的なサポート内容や利用方法については、地域の保健局や医療提供者、または雇用先の人事部に相談することがおすすめです。

勇気を持って相談窓口に相談

適応障害のサポートを提供する機関は、地域や国によって異なりますが、一般的に以下のような場所でサポートを受けることができます。

まず、地域の公的医療機関やメンタルヘルスセンターは、適応障害を含むさまざまな精神的健康問題に対する診療やカウンセリングを提供しています。これらの施設では、精神科医、心理療法士、社会福祉士などの専門家がチームを組んで対応しています。

また、多くの企業や組織では、従業員支援プログラム(EAP)を通じて、職場でのストレスや個人的な問題に対処するためのサポートを提供しています。これにはカウンセリングサービスやリファレンスサービスが含まれることがあります。

非営利団体や地域コミュニティグループも、メンタルヘルスのサポートを行っていることがあります。これらの団体では、無料のカウンセリング、サポートグループのミーティング、教育・就業ワークショップなどを提供しており、情報提供やピアサポートを通じてサポートします。

具体的な支援機関を探す時は、地域の保健局やメンタルヘルスサービスに問い合わせる、医療提供者からの推薦を求める、インターネットで地域のメンタルヘルスリソースを検索することが一番見つけやすいです。それぞれの機関が提供するサービスの内容、アクセス方法、費用などを事前に調べておくとよりスムーズにサポートを受けることができるでしょう。

まとめ

適応障害を抱える家族への対応は、理解と共感、そしてサポートがカギとなります。家族としてできることは、状況を正確に理解し、感情的なこころの支え、良きアドバイスになることが理想です。このプロセスで重要なのは、オープンなコミュニケーションを取る時間を取って、忍耐強く支え続けることです。家族一人ひとりが心身の健康をキープしながら、適応障害に苦しむ家族をサポートすることで、全員がこの難題を乗り越え、より強固な絆を築くことができます。最終的に、適応障害は困難な状況ですが、家族の愛とサポートがあれば乗り越えることができるようになります。



渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約