精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

嫌な思い出が蘇る、、、発達障害とフラッシュバック

ハロスキンクリニックなら全国どこでも保険のオンライン診療対応

※大変恐縮ながら来院の患者様優先になりますので、予約が重なった場合は、別枠のご案内となります。 LINE友だち追加の上、こちらの予約枠からご連絡ください。

LINE登録 LINE友だち
               

発達障害のある人がフラッシュバックを経験すると、通常よりも強い感情的な反応や過剰な行動反応を示すことがあります。これは、発達障害者が感情の調節や衝動のコントロールに苦労するためです。フラッシュバックは突然かつ予測不能なため、日常生活における不安や過度のストレスにつながることがあります。

発達障害が一因で起こすフラッシュバックとは

発達障害を持つ人たちは、一般的に感覚過敏や情報処理の特異性を持っています。これが、ストレスフルな出来事やトラウマ的な体験が突然心に浮かび上がるフラッシュバックを経験する要因となることがあります。フラッシュバックは、過去の不快な記憶が、あたかもそれが現在起こっているかのように感じられる状態です。

一味違う脳の記憶のメカニズム

発達障害を持つ人たちは、脳が記憶を扱う方法が異なるとされています。

一般的に人は、不要な記憶を消去することで脳の負荷をコントロールし、心理的なストレスを軽減しています。これは「忘れることができる」という人間の特性に基づいています。

しかし、発達障害のある人の場合、記憶のメカニズムが異なり、記憶が映像のように非常に鮮明に残ることがあります。このため、過去の出来事が映画を何度も見るように繰り返し思い出されることがあります。

一方で、定型発達の人々は出来事を言葉や概念として記憶しています。

例えば、「若い頃、〇〇さんと激しく言い争った」という記憶は、具体的な出来事として覚えていますが、それに伴う映像は静止画のようなものであり、実際の映像ではなくイメージ写真に近いものです。この違いから、発達障害のある人たちは、記憶が原因で感情が再び強く呼び起こされることがありますが、定型発達の人たちは「その時はとても怒りや悲しみを感じた」と思い出すことはできても、その感情が現在も新鮮に感じられることはまれです。

苦しい記憶を思い出さないようにするには

嫌な記憶が浮かんでしまった際に継続的に考え込んでしまうことはよくあります。多くの人が、この問題を抱えていて、さまざまな対処法を実践しています。

目線を上に向ける

一般的に、人は過去を振り返る際には目線を左に、未来のことを考える時は右に向けることが多いです。目を真上に向けると、人間の脳は考え続けるのが難しくなる性質を持っています。これは、思考が飛びやすいのを抑制する効果があります。嫌な記憶が頭を過ってしまい集中できない時には、額に人差し指を置き、その指を見上げるようにしてください。

リフレーミング

過去の出来事を新たな視点から捉え直す方法です。認知行動療法の一環で、例えば「辛い経験だった」と感じている出来事を「学びの機会だった」と捉え直すことです。このスキルは繰り返し練習することで身につけることができます。さらに、出来事が起こった瞬間にこのスキルを用いることで、嫌な記憶を未然に防ぐことも可能です。

心理カウンセリングを受ける

自分一人では対処できないほどの強い嫌な記憶やトラウマ、フラッシュバックがある場合は、信頼できる心理カウンセラーに相談することが有効です。深刻な記憶は専門家のサポートを受けることで、徐々に克服していくことができます。

まとめ

これらは、すべての人に適用できる万能な対処方法ではありません。

それは、ひとそれぞれの状況や感情、経験が異なるため、一概にすべてに通用する方法を提案することは難しいからです。しかし、重要なのは、問題や困難を一人で抱え込まずに、信頼できる誰かと共に、自分に合った解決策や対処法を見つけていくことです。

友人、家族、パートナー、または専門のカウンセラーとのコミュニケーションを通じて、自分自身に最適な方法を模索することが、問題を解決に導くカギとなります。

周りの人にサポートを求め、共に対策を練ることで、一人では見つからなかった解決策が見えてくるかもしれません。


 

よくある質問

Q.発達障害のある人がフラッシュバックを経験する理由は何ですか?

発達障害のある人は、感覚過敏や情報処理の特異性が原因で、過去のトラウマ的な体験が鮮明に蘇るフラッシュバックを経験しやすいです。

Q.フラッシュバックを防ぐためにはどうすれば良いですか?

フラッシュバックを防ぐには、目線を上に向ける、リフレーミングを試みる、心理カウンセリングを受けるなどの方法があります。

Q.なぜ発達障害のある人は記憶を消去しにくいのですか?

発達障害のある人は、脳の記憶メカニズムが異なり、過去の出来事を映像のように鮮明に記憶するため、嫌な記憶が繰り返し思い出されることがあります。


 


渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約