精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

自律神経失調症の基本を解説

ハロスキンクリニックなら全国どこでも保険のオンライン診療対応

※大変恐縮ながら来院の患者様優先になりますので、予約が重なった場合は、別枠のご案内となります。 LINE友だち追加の上、こちらの予約枠からご連絡ください。

LINE登録 LINE友だち
               

自律神経失調症の実態

自律神経失調症は、医療検査で異常が見つからないにもかかわらず、様々な身体的不調を訴える場合に診断されます。しかし、これは真の自律神経失調症であるとは限りません。自律神経失調症は交感神経や副交感神経のバランスが崩れることにより、心拍数の調節や消化活動、発汗などの体の各機能に障害が生じる状態です。

自律神経は脳の指令に従い、意識とは無関係に体のシステムを調整します。感情やストレスが自律神経失調症の主な要因となります。

自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経のバランスが崩れることにより、体の各機能に障害が生じる状態です。この状態は、医療検査で異常が見つからないにもかかわらず、様々な身体的不調を訴える場合に診断されることが多いです。

自律神経は脳に指令中心を持ち、体中に張り巡らされており、心拍数の調節や消化活動、発汗などを意識とは無関係に調整します。感情やストレスが脳の制御センターに影響を与えるため、心理的ストレスが自律神経失調症の主な原因となります。

自律神経不全による一般的な症状

自律神経は身体の各機能を調節するため、その失調が引き起こす症状は多岐にわたります。人によって異なる体質や生活習慣により、特定の部位に症状が現れやすい傾向があります。

以下のような症状が一般的です。

  • 心臓:動悸、胸部圧迫感
  • 呼吸器:息切れ、呼吸困難
  • 消化器:腹痛、便秘、下痢
  • 泌尿器:頻尿、残尿感
  • 発汗:多汗、冷や汗
  • その他:めまい、疲労感、不眠、頭痛

これらの症状は一人ひとり異なり、生活の質に大きな影響を与えることがあります。

過敏性腸症候群の悩み

私たちの消化機能は、交感神経と副交感神経の微妙なバランスによってコントロールされています。

この二つの神経のバランスが崩れると、腸で次のような問題が生じることがあります。

  • 腹部膨満感による不快感
  • 便秘状態
  • 持続する腹痛
  • 頻繁な下痢

家庭でのリラックス時には問題が感じられないこともありますが、職場や学校など外出時に突然腹痛が起こることがあります。このように症状が場面によって異なるため、社会生活への影響が避けられず、精神的な負担も大きくなります。これらの症状は腸の問題に限定されず、内科や消化器科での診断が推奨されます。

さらに、過敏性腸症候群はストレスによって悪化することが多いため、精神的な健康を保つことも重要です。生活習慣の見直しやストレス管理も症状の軽減に役立ちます。

起立性調節障害の理解

起立性調節障害は、立っている際に一時的に血圧が低下し、脳に血液が十分に供給されず、気を失うことがあります。これは俗に「貧血で倒れる」と表現されることが多いですが、実際には交感神経の調節機能の不具合によるものです。

この神経が正常に機能しない場合、長時間立ち続けることが困難になり、めまいや立ちくらみを感じやすくなります。

多くの人は、特に朝の起床が非常に困難であり、この症状は日常生活に大きな影響を及ぼすことがあります。

また、夜間に活動的になる傾向があり、この症状を理解しない周囲からは「わがまま」と誤解されがちです。これにより、精神的なストレスが増大するとともに、社会生活においても様々な障害が発生します。

自律神経失調症の治療法の多様性

自律神経失調症の症状は多岐にわたるため、治療もまた個別に調整する必要があります。自律神経を整えるためには、生活習慣を見直すことが根本的なステップです。

具体的には、質の良い睡眠を確保し、食生活を整え、適切な運動を日常に取り入れることが推奨されます。また、ストレスの蓄積を避けることはしばしば強調されますが、これが実行しにくい場合は、その理由を深掘りすることが有効です。

自らの体調を理解し、変化にただ対応するのではなく、それと上手に付き合う方法を学ぶことも大切です。

病態に応じて、精神的な面をサポートする薬剤、身体の症状を緩和する薬剤、そして漢方薬を組み合わせることで、症状の緩和を図ることが可能です。

このアプローチは、症状に起因する不安や抑うつがさらに症状を悪化させる悪循環を断ち切るのに効果的です。


 

よくある質問

Q.自律神経失調症の主な症状にはどのようなものがありますか?

自律神経失調症の主な症状には、動悸、息切れ、腹痛、便秘、下痢、頻尿、多汗、めまい、疲労感、不眠、頭痛などがあります。

Q.自律神経失調症の治療方法は何がありますか?

自律神経失調症の治療方法には、生活習慣の見直し(質の良い睡眠、バランスの取れた食事、適度な運動)、ストレス管理、精神的サポート薬、身体症状を緩和する薬、漢方薬の使用などがあります。

Q.過敏性腸症候群(IBS)の症状はどのようなものですか?

過敏性腸症候群の症状には、腹部膨満感、便秘、持続する腹痛、頻繁な下痢などがあります。これらの症状はストレスや生活状況により悪化することがあります。


 


渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約