精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

高校生、不登校で悩んだら心療内科へ

高校生が不登校になる背景と対応策

不登校に陥る高校生は、人間関係のトラブル、学業の挫折、あそびや非行、無気力や不安など多岐にわたる理由からその状況に至ります。これらは高校という新しい環境や非義務教育としての自主性、さらには未来への進路選択に関する不安が複雑に絡み合って発生することが多いです​​。

不登校の定義と現状

不登校とは、心理的、情緒的、身体的あるいは社会的要因により、年間30日以上欠席した生徒のことを指し、病気や経済的理由による欠席は含まれません​​。最近の調査では、不登校の高校生は43,051人に上り、この数は全体の生徒数の約1.57%に相当します​​。

主な不登校の原因

「無気力・不安」が最大の原因であり、「生活リズムの乱れ・あそび・非行」「いじめを除く友人関係の問題」と続きます。特に、高校生の不登校の背後には、自分でも理解できない不安やストレスがあることが示唆されています​​。

不登校への対応と支援

不登校問題に対する早期の対応は非常に重要であり、保護者や周囲のサポートが必要です。不登校の原因を具体的に解明しようとすることも大切ですが、原因を特定できない場合も多く、その場合は子どもが「次の一歩」を踏み出せるよう支援することが重要とされています​​​​。

この情報を基に、高校生の不登校に悩む本人やその保護者が適切なサポートを受けられるよう、理解と共感を持って接することが求められます。

高校1年生が学校に行けない理由

高校生が不登校になる要因は多岐にわたります。特に高校1年生は人生の重要な転換期にあり、新しい環境や期待に対するプレッシャーが原因で学校生活に馴染めず、不登校に至るケースが見られます​​​​​​。

周囲状況の変化

15歳から16歳の時期は、自尊心が高まりつつも内面が非常に繊細な時期です。この時期に学校の新しい雰囲気や、クラスメイトとの人間関係に上手く馴染めないことが、不登校への一因になり得ます​​。

義務ではない教育

義務教育ではない高校では、生徒自身の意志で学業を進める必要があります。しかし、進学が一般的となる現代社会では、「学校に行く意味が見いだせない」「勉強が嫌い」「もう働きたい」と感じる高校生も増えており、これが不登校の背景になることがあります​​。

学業の落ち込み

中学とは異なり、高度になる学習内容についていけなくなり、以前は得意だった勉強への自信を失うことが、不登校のきっかけになることがあります。特に、勉強のペースやレベルの変化に適応できない生徒は、学業の不振を不登校の理由として挙げることが多いです​​​​。

これらの要因に加え、高校1年生の不登校の背景には、友人関係のトラブル、受験勉強に関連するストレスや焦り、将来への不安、遊びや非行などの問題も関係しています​​。不登校の問題は、子ども一人ひとりの性格や状況によって異なるため、個々に合わせた丁寧な理解と支援が効果的です​​。

各専門家は、不登校にはそれぞれの子供なりの目的があると捉え、様々な要因がかさなり合って不登校に至ると考えています。そのため、一人ひとりの状況を理解し、適切なサポートを提供することが重要とされています​​。

高校2年生が学校に行かない理由

高校2年生が直面する不登校の背景には、複数の心理的、社会的要因が絡み合います。ここでは、その要因を探り、解決に向けたアプローチを考察します。

理想と実際の高校生活のズレ

高校2年生になると、多くの生徒が高校生活に対する理想と現実のギャップに直面します。初めての環境で感じた高揚感や新鮮さが薄れ、日常のルーティンに対する疑問や不満が浮かび上がります。自分が描いていた理想の高校生活と実際の学校生活との間に大きな隔たりを感じ、「もう高校に行く意味がない」と考える生徒も少なくありません【24†source】【25†source】。

不確実な未来への心配

高校2年生は、文系や理系の選択を迫られるなど、将来に直接関わる重要な決断を求められる時期です。自分の将来像が明確でない中での選択は、漠然とした不安を引き起こします。特に、自分の進みたい道が定まっていない生徒にとって、この選択は大きなストレス源となり得ます。未来への期待よりも、不安や迷いが勝ってしまうことが、不登校につながるケースがあります。

高校3年生が不登校になる理由

高校生活の最終章を迎える高校3年生には、特有の不登校の要因が存在します。

進路選択に対する心配

高校3年生は、進学や就職といった人生の大きな岐路に立たされます。自分の選んだ進路に対して「本当にこの道で良かったのだろうか?」という不安や疑問を抱えることは自然なことです。しかし、その不安が過大になると、日常生活に支障を来たし、学校へ行くこと自体に意味を見出せなくなることがあります。

大学受験に関するプレッシャー

高校3年生にとって最も重圧を感じるのが大学受験です。受験勉強のプレッシャーや、合格を目指す大学への不安が、心理的負担となります。勉強が思うように進まない、模試の結果が期待通りでないといった状況は、自信喪失につながり、最終的には「受験から逃げ出したい」という心理状態へと陥ります。このような状態が継続すると、不登校へとつながるリスクが高まります。

これらの体験談や分析を通じて、高校2年生と3年生が直面する不登校の要因は、個々の状況に応じた複合的な要素から成り立っていることが伺えます。学校生活の現実に対する失望、将来への不確かな展望、進路選択に関する重圧など、高校生が直面する様々な心理的ストレスが不登校に大きく寄与していることが明らかになります。

特に、高校2年生が経験する理想と現実のギャップや将来に対する不安は、自分の位置づけや価値観の再確認を迫られる時期であるため、心理的な葛藤が大きくなりがちです。一方で、高校3年生にとっては、進路選択や大学受験などの具体的な将来に対するプレッシャーが不安となり、それが不登校の直接的な引き金になる場合があります。

これらの問題に対処するには、原因を一つ一つ解決するだけではなく、生徒自身が抱える不安やストレスを緩和する支援が必要です。不登校の生徒に対しては、学校への復帰を急がせるのではなく、彼らが直面する問題に対して理解と支援を示し、生徒自身が次のステップに進むためのサポートを提供することが重要です。

各専門機関や支援団体も、不登校の生徒やその家族に対して、個々の状況に応じたカウンセリングや支援プログラムを提供しています。これらのサポートを通じて、生徒や家族が不登校という状況を乗り越え、前向きな未来を描くことができるようになることを目指しています。

学校不登校の高校生を支援する方法は?

不登校の高校生に対する働きかけは、家族による理解と支援が鍵となります。不登校に至る原因は人それぞれ異なりますが、共通して言えるのは、家庭内での支えが非常に重要であるということです。子どもが不安に感じていることを無理に問い詰めるのではなく、話したいときに傾聴することが大切です​​。また、子どもの精神的な健康を考慮し、必要に応じて心療内科や精神科などの専門機関への相談を検討することも一つの手段です​​。

学校に行かない高校生へ働きかけを

高校生の不登校を解決するには、専門機関への相談が有効です。不登校の背景には、人間関係の悪化や学業の不振、将来への不安など、さまざまな原因が存在します​​。これらの問題を解決するためには、子どもと家族が一丸となり、専門家の支援を受けながら適切な対応を探ることが重要です。不登校の子どもに対しては、焦らず、子どものペースを尊重しながら、回復を最優先に考えたサポートを心がけましょう​​​​​​。

専門機関への相談は、子どもの心の健康を守り、最適な解決策を見つけるための第一歩です。家族だけで抱え込むことなく、外部の支援を積極的に求めることが、子どもの健やかな成長につながります。



渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約