精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

心療内科でのめまいと耳鳴りの原因及び治療法に関する詳細な説明

めまい・耳鳴りはどんな症状?

めまいと耳鳴りは、感じ方に個人差があり、それぞれ異なる原因によって引き起こされます。例えば、めまいの症状には「周囲が回転して吐き気を感じる」ケースや「歩行時に不安定さを感じる」などがあります。耳鳴りに関しても、「心臓の鼓動のような音がする」程度から「耐え難い高音」に至るまで様々です。これらの症状は個々に異なるため、治療には患者一人ひとりに合わせたアプローチが求められます。めまいと耳鳴りは時に同時に現れ、日常生活に大きな影響を及ぼすこともあります。特に吐き気や嘔吐を伴うめまいは、社会生活に制限をもたらし、精神的な問題を引き起こすこともあるため、早期の対応が重要です。また、慢性的なめまいは特に高齢者に見られる傾向があります。

主なめまいの症状の例

回転性めまい(自分自身や周囲が回転しているかのように感じる症状です。)、浮動性めまい(足元が不安定でふわふわと浮いている感覚や、頭が軽くなって気が遠くなるような体験を指します。)、平衡障害(バランスを保つ能力が損なわれ、安定感が失われる体験を表します。)、頭がもやもやしてぼんやりしたり、ふらつくような感じがする状態、ふらつく、などがあります。

めまい、耳鳴りの原因とは

めまいは、平衡感覚に関与する内耳、脳幹と小脳、そしてこれらを繋ぐ神経路に生じた異常が原因で発生すると考えられています。内耳には聴覚と平衡を司る二つの主要な機能部位があり、内耳神経を通じて脳へ音や平衡感覚の情報を送信します。この内耳の複雑な構造のどこかに障害が発生すると、めまいだけでなく、突発性の難聴、聴力低下、耳鳴りなどの症状が引き起こされることがあります。

めまい検査

人間がバランスを保つためには、目、内耳、手足やその他の筋肉から得られる情報を脳に正確に伝達し、脳がこの情報を基に身体各部に適切な指示を出すことが必須です。めまいの症状は多岐にわたり、内耳の疾患だけでなく、頚椎の問題、脳血管の異常(例えば脳出血や脳腫瘍)、血液や血圧に関わる病気などが原因となることもあります。このように原因が多様であるため、めまいの診断と治療には、耳鼻咽喉科や内科のみならず、総合的な医療機関での詳細な検査が勧められます。血液と血圧の調査、レントゲン撮影、聴力試験、平衡能力評価、そして眼振検査が含まれます。 温度刺激検査 ・電気眼振図検査 ・重心動揺検査など

メニエール病とは、めまいと耳鳴りを特徴とする疾患

メニエール病は、めまいや耳鳴りなどの耳の症状を引き起こす疾患であり、ストレスが関連することから女性に多いとのイメージがありますが、実際には性別に関係なく発症します。この病気は、内耳のリンパ液の異常増加が主な原因であり、その結果、内耳の機能が正常に働かなくなることで症状が現れます。特に、30代から40代の働き盛りの世代に多いとされています。

メニエール病の代表的な症状には、ふらつきや難聴、耳鳴り、耳の詰まり感などがありますが、これらの症状だけでメニエール病と診断されるわけではありません。メニエール病の診断には、「難聴を伴うめまい」「症状の繰り返し発生」「他の疾患によるものではない」という3つの基準が必要です。

めまいを引き起こすその他の原因や関連疾患について

メニエール病の他にも、多くの病気がめまいを主症状としています。回転性めまいや耳鳴り、吐き気や嘔吐などを伴う場合、重大な健康問題が潜在している可能性もあります。これらの症状に気づいたら、迅速に医師の診察を受けることが重要です。

うつ病

うつ病は、精神や身体的なストレスによって脳の機能が低下する状態です。これにより、悲観的で否定的な考え方や心身の不調が現れます。精神的な症状には、意欲や仕事能力の低下、抑うつ症状があり、身体的な症状には、めまいや不眠、肩こり、頭痛が含まれます。さらに、自律神経失調症、不安神経症、強迫性障害、適応障害、そしてうつ病では、浮動性めまいが現れることがあります。

不安神経症・強迫性障害

不安障害(不安神経症や強迫性障害など)は、ストレスなどにより不安や恐怖といった感情が過剰に現れ、日常生活に支障をきたす症状です。例えば、「電車に乗っていると事故が起こるかもしれない」といった精神面の症状や、めまいや耳鳴り、吐き気など身体的な症状が現れることがあります。特にパニック障害では、気が遠くなるようなめまいを感じる患者さんもいます。

良性発作性頭位めまい症

良性発作性頭位めまい症は、頭を急に動かしたり首を回したりすることで内耳の規管が刺激され、短時間の回転性のめまいやふらつきが生じる症状です。一般的には問題のない症状ですが、高齢になると発症しやすく、めまいによる転倒などには注意が必要です。

自律神経失調症

自律神経失調症は、ストレスなどが原因で交感神経(興奮)と副交感神経(リラックス)の切り替えが正常に機能せず、自律神経の乱れが引き起こされる状態です。めまいや耳鳴り、疲労感、不眠など、さまざまな症状が現れることがあります。

化膿性内耳炎

化膿性内耳炎は、内耳に細菌感染が生じることで引き起こされる疾患です。めまい(ふらつき)、難聴の他に、痛みや発熱が現れることがあります。治療には抗菌薬の投与や、必要に応じて鼓膜に穴を開けて液体を排出する処置が行われます。

適応障害

適応障害は、特定の状況や出来事が個人にとって耐えがたいと感じられ、それに対する適応ができない状態を指します。この症状にはめまいや耳鳴り、動悸、吐き気、下痢などが現れることがあります。これらの症状は精神と身体の両面に影響を及ぼしますが、ストレスの原因から距離を置くことで症状が軽減されることがあります。ただし、ストレスの原因から逃れることができない場合は、症状が悪化し、慢性化する可能性もあります。

前庭神経炎

前庭神経炎は、内耳の前庭部分が炎症を起こすことで引き起こされる疾患です。この領域は身体の平衡感覚を調節します。一般的に、ウイルスが主な原因とされ、激しいめまいが数日間続くことがあります。治療には、投薬や理学療法などが用いられ、症状の改善が期待されます。

ハロスキンクリニックによるめまいや耳鳴りの改善法

めまいや耳鳴りなどの症状は、さまざまな原因によって引き起こされます。耳鼻咽頭科や内科での検査でも身体的な問題が見つからず、治療法が見つからないまま、長期間にわたって症状に悩む方は少なくありません。

これらの症状はしばしばストレスが原因であり、特に働き盛りの方に発症しやすいとされています。実際、当院では通勤電車の中で発症し、途中下車した駅からの問い合わせも多く寄せられています。

めまいや耳鳴りは吐き気や嘔吐などの他の症状を引き起こしやすく、日常生活に支障をきたします。心因性のめまいや耳鳴りであれば、適切な診断と薬物療法、認知行動療法などにより症状が軽減されるでしょう。

医師に相談するだけでも、症状が軽減する患者さまが多くいます。一方で、「ストレスのせい」「少し休めば治る」といった自己判断は症状悪化につながる可能性もあります。

気になる症状やお悩みがある方は、ハロスキンクリニックにご相談ください。一緒にめまいや耳鳴りの改善法を見つけ、一日でも早い治療を目指しましょう。



渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約