精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

体と心の警告を見落とさないで!

涙が出やすい、常に疲れを感じる、夜なかなか寝付けない。これらの症状に心当たりはありませんか?これらは、もしかするとうつ病の初期段階にある証拠かもしれません。同じ状態が2週間以上続いている場合は、うつ病である可能性が高いです。自分自身では気付きにくいかもしれませんが、家族や友達が変化を感じ取っていることも少なくありません。こんな症状に気がついたら、すぐに医師への相談を考えましょう。それが、苦痛を減らすための一歩となります。

うつ病について知ろう:初期症状の見分け方と早めの対応

日本では、約15人に1人がうつ病の経験があるといわれており、これはうつ病が私たちの周りの非常に身近な健康問題であることを示しています。しかし、気分障害をはじめとするうつ病についての正しい情報を見極めるのは、情報があふれる現代社会でも容易ではありません。健康を守り、向上させるためには、正確な知識を身につけることが重要です。

例えば、「急に涙が出やすくなる」現象は、うつ病の初期症状の一つかもしれません。うつ病はしばしば心の問題とみなされがちですが、実際には脳の機能障害によって発生することがあります。私たちが日々様々な感情を感じることができるのは、脳が正しく機能しているからです。しかし、慢性的なストレスが続くと、脳の感情を制御する部分に異常が生じ、通常では感じないほどの深い気分の落ち込みにつながります。これが「涙もろさ」や「些細なことで泣いてしまう」など、うつ病の初期段階で見られる症状の原因です。

さらに、うつ病の初期症状として疑われるものには以下のようなものがあります:

  • 一日中続く気分の落ち込み
  • 明らかな理由なく涙が出る
  • 普段の活動に対する関心や喜びが感じられなくなる

自分自身の体や心の変化に注意を払い、上記のような症状が見られる場合は、専門家の意見を求めることをお勧めします。うつ病についての理解を深め、早期に適切な対応をすることが、健康への第一歩となります。

うつ病初期症状を理解し、早期対応を

最近、感情が不安定になったり、普段と違う心身の不調を感じてはいませんか?これらはうつ病のサインかもしれません。特に、こうした状態が2週間以上持続する場合、うつ病を疑うべきかもしれません。うつ病の初期症状は、精神的、身体的、また周囲が気づきやすいものに分けられます。それぞれのサインを理解し、早めの対処を心がけましょう。

本人が自覚しやすい精神的なサイン

うつ病の特徴である気分の落ち込みや抑うつ感。これらは自分でも気づきやすい症状です。心の変化に注意を払い、以下のような感じがする場合は、専門家への相談を考えましょう。

  • 常に悲しい気持ちや重苦しい気分
  • 日常生活での楽しみが感じられない
  • イライラしやすく、落ち着かない
  • 自分自身を責めることが多く、自信を失う
  • 思考が遅くなったり、集中できない
  • 生きる意欲がわかない

体に表れる身体的なサイン

うつ病は心だけでなく、身体にも様々な影響を及ぼします。食欲や睡眠パターンの変化など、以下の身体的なサインが見られたら、精神的な側面だけでなくうつ病の可能性も考慮しましょう。

  • 食欲がなくなる
  • 睡眠に関する問題(入眠困難、過度な眠気、早朝に目覚める)
  • 常に疲れを感じる
  • 性欲の減少
  • 頭痛や肩の凝りがつづく
  • 心拍数の上昇や胃の不調感

周りの人が気づきやすい変化にも注目し、異変を感じたら支援を申し出ることが大切です。早期に正しい対処をすることで、うつ病からの回復へとつながります。

身近な人がうつ病かも?見極めと対応のポイント

身の回りの人がいつもと違う様子を見せること、それはうつ病のサインかもしれません。職場の同僚や家族の行動に最近変わった点があれば、注意が必要です。以下のような変化が見られたら、うつ病の可能性を疑ってみるべきです。

  • 顔つきがふつうより暗い
  • ちょっとしたことで涙が出る
  • 物事に対する反応が鈍い
  • 落ち着きがなくなっている
  • 飲酒量が増えている

うつ病の初期症状が続く期間

誰もが時には気分が沈むことがありますが、うつ病の場合、その状態が長引くことがあります。特に、上記の症状が一日じゅう続き、2週間以上も持続するようなら、うつ病かもしれません。

対処法

上に挙げた症状が見られたら、専門医の受診を検討しましょう。うつ状態があってもすぐにうつ病とは限りませんが、心配なら適切な診断を受けることが大切です。受診するのが難しい場合は、自分や大切な人がうつ病のリスクを持っていないか、チェックシートで確認する方法もあります。このような自己チェックが、早期対処の手がかりとなり得ます。

まとめ

うつ病かもしれないと思わせる症状が一日中続き、それが2週間以上持続している場合、うつ病である可能性が高まります。自分自身で当てはまるように感じる場合や、身近な人々、例えば職場の同僚や家族にこのような兆候が見られる場合は、専門家への相談をお勧めします。

うつ病の初期症状とその持続期間を理解しておくことは、迅速かつ適切に対処するために重要です。日常生活で自分の心や体に起こる変化を注視し、何か変化を感じた際にどう対処すべきかを知っておくことが、自身や大切な人の心身の健康を守るために役立ちます。



渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約