精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

パニック障害の疑いがあるときは、心療内科で診てもらいましょう

パニック障害とは?

パニック障害の特徴と症状

パニック障害は、予告なしに突然、心臓の激しい動悸や呼吸の困難、めまいなどの身体的症状と共に、強烈な不安や恐怖を感じる精神疾患です。これらの発作は、再発する可能性を恐れることによって、更に強い不安感を生み出す可能性があります。電車やエレベーターなどの閉じた空間で発作を経験することが多く、そのため外出や社会生活が難しくなることもあります​ ​。

パニック障害が起きるきっかけ

パニック障害の発作は、日常のストレスやトラウマ、ニコチンやカフェインの過剰摂取など、さまざまな要因によって引き起こされることがあります。日々の生活の中で蓄積されたストレスが、神経を刺激し、不安障害の一つであるこの疾患を引き起こすことがあります​。

パニック障害の診断と治療

診断方法

パニック障害の診断には、詳細な問診が重要です。身体的検査で特に異常が見つからない場合でも、患者さんの経験や症状の記述から、パニック障害である可能性が高いと判断されることがあります。血液検査や心電図、MRIなどの画像診断も、他の病気を除外するために用いられます​ 。

治療方法

パニック障害の治療には、薬物療法と心理療法が効果的です。抗うつ薬や抗不安薬などが発作を抑制し、認知行動療法では不安や恐怖を引き起こす思考パターンを変えていくことを目指します。生活習慣の改善やリラックス法の練習も、治療に役立ちます。適切な治療によって、多くの場合、パニック障害は克服することが可能です​。

もし、上述の症状に心当たりがある場合は、適切な診断と治療のために、心療内科や精神科を受診することをお勧めします。

パニック障害の治療

パニック障害の治療には、主に薬物療法と精神療法があります。これらの方法は、パニック発作の頻度や強度を減少させ、日常生活における不安や恐怖を軽減するために役立ちます​ ​。

薬物療法

薬物療法では、セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)やベンゾジアゼピン系の抗不安薬が一般的に処方されます。SSRIはパニック障害の根本的な治療に有効で、発作の頻度を減少させることができますが、効果が現れるまでには数週間かかる場合があります。一方、ベンゾジアゼピン系の薬は即効性がありますが、長期的な使用は推奨されません。これは依存性や耐性の発生、症状の悪化のリスクがあるためです​ 。

精神療法

精神療法としては、認知行動療法(CBT)が特に効果的です。CBTでは、パニック発作や不安に関連する思考パターンや行動を特定し、それらをより現実的かつ建設的なものへと修正していくことで、症状の管理を助けます。CBTは、発作が起こることへの恐れや予期不安を減少させ、患者さんが自分の思考や感情、行動に対するコントロールを取り戻すのを支援します​ ​。

治療は個々の症状や状態に合わせてカスタマイズされ、患者さん一人ひとりに最適な治療プランを提供することが重要です。そのため、治療を始める前には、専門の医師と相談し、自身の状態や治療オプションについて十分に理解することが推奨されます​。

パニック障害の治療について

パニック障害の治療法には、大きく分けて薬物療法と精神療法があります。これらの治療は、突然襲ってくる強い不安や恐怖、つまりパニック発作の頻度や強さを減らし、患者さんが日常生活をより快適に過ごせるようにすることを目的としています。

薬物療法

パニック障害を治療する上でよく用いられる薬には、セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)やベンゾジアゼピン系抗不安薬があります。SSRIは長期的な治療に有効で、使用を開始してから数週間後にその効果が表れることが一般的です。これに対して、ベンゾジアゼピン系抗不安薬は即効性がありますが、依存性や耐性の問題から長期使用は推奨されていません。

精神療法

特に認知行動療法(CBT)は、パニック障害の治療において効果的な精神療法の一つとされています。CBTは、不安を引き起こす思考パターンや行動を特定し、それらをより合理的なものへと変えていくことに焦点を当てています。この治療法は、発作への恐れや予期不安を軽減させ、患者さんが自分の思考や感情、行動をより良くコントロールできるようになるのを助けます。

パニック障害の治療は、個々の患者さんの状態やニーズに応じてカスタマイズされるべきものです。そのため、治療開始前には専門医と十分に相談し、自分の状況や治療オプションについて理解することが重要です。​



渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約