精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

心療内科での月経前不快気分障害(PMDD)へのアプローチ

生理の不調は、生理中だけでなく生理前も辛いですよね。

身体の不調より、精神面に不調を感じる人は、月経前不快気分障害(PMDD)の可能性があります。PMDDの事をよく知り、自分に合った対処方法を探りましょう。

月経前不快気分障害(PMDD)を知ろう

女性の身体のサイクルに基づいて、とても悲しくなったり、イライラしたり、とても疲れたりするなど、心身ともにとても不快に感じる状態です。毎月経験する「生理」というものが近づくときに、特に感じやすいものです。

女性は、初潮が始まると閉経するまで、毎月赤ちゃんを子宮で迎える準備をしますが、赤ちゃんが来ないときは、子宮で再び準備を始めるために古い準備をクリアします。これが生理になります。

PMDDは、この準備をする過程で、身体がいつもと違う反応をしてしまうことで起こります。これにはホルモンという身体の中の特別な液体が関係していて、このホルモンの量が変わると、身体やこころにさまざまな変化が起こります。PMDDは、これらのホルモンの変化が原因で、とても強いメンタルの変動や身体の不調を感じることがあります。

月経前不快気分障害(PMDD)セルフチェック

当てはまったものが5つ以上の場合は、PMDDの可能性が高いです

  • 感情の起伏が激しいと感じる
  • イライラして相手に当たってしまう
  • 何もないのに不安感や緊張感を感じ、パニックになる
  • 集中力がない
  • 何事にも興味や意欲がない
  • すぐ疲れる、回復も遅い
  • 睡眠が上手く取れない
  • 頭痛や関節痛、おっぱいが張っているなど身体の変化がある
  • 過食、特定の者が食べたくなるなど、食欲の変化がある

5つ以上ありましたか?これは、セルフチェックに過ぎませんので、自身の不調を感じたら、早急に専門機関に相談してください。

また、セルフチェックで5つ以上当てはまり、PMDDの疑いがある場合は、心療内科と婦人科に相談しましょう。

生理前のこころの不調を感じたら心療内科へ

PMDDで日常生活に支障をきたすようになったら、心療内科への受診のタイミングです。医師と相談して最適な治療方法を見つけましょう。

薬物療法

抗うつ薬

特に、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)が効果的であり、PMDDに関わる抑うつ、イライラ、情緒不安定などの症状を緩和します。

ホルモン療法

避妊薬(経口避妊薬)や他のホルモン治療が、ホルモンの変動を安定させることでPMDDの症状を管理するのに役立つことがあります。

非定型抗精神病薬:症状が非常に重い場合に短期間使用されることがあります。

心理療法

認知行動療法(CBT)

認知行動療法は、症状を悪化させる負の思考パターンを識別し、修正することで、PMDDの感情的症状を管理するのに効果的です。自己管理技術を学び、ストレスに対処する新しい方法を提供します。

カウンセリング

個別またはグループカウンセリングは、感情的サポートを提供し、症状を乗り越えるための戦略を提供します。

医師に症状を話し、治療計画が決まると、新たな身体検査や正式な診断テストなどを受けることがあります。PMDDの診断には数カ月かかり、症状の記録や月経周期、その時感じた身体とこころの変化など、細かく記録していきましょう。

必要があれば婦人科にも受診を

心療内科だけではなく、婦人科の受診もオススメします。こころと身体はつながっており、こころと身体の両面からのアプローチが効果的なのです。

薬物療法

経口避妊薬

心療内科と同じホルモン治療です。低用量の経口避妊薬を使用してホルモンレベルを安定させることができます。特定の避妊薬はエストロゲンとプロゲステロンのバランスを改善し、PMDDの症状を軽減します。

プロゲステロン治療

プロゲステロンのみを用いた治療もあり、これは特に月経周期の後半に行われることがあります。

心療内科と同じですが、定期的な通院と婦人科ならではの治療計画があり、経過とともに治療計画も変更する場合があります。医師によって、またはそれぞれの体調と症状、体質によって治療方針も違います。

またあの嫌な期間が…PMDDの症状を和らげる方法

生活スタイルの改善

適度な運動

定期的な運動は、心身の健康を促進し、PMDDに関連する症状を軽減するのに役立ちます。事務や近所を走ってみたりと、簡単な運動から始めましょう。

栄養バランスの取れた食事

朝昼晩決まった時間に食事を摂りましょう。栄養を考えた食事を8分目まで、特定の食品(カフェイン、アルコール、糖分が多い食品など)の摂取を制限することが推奨されます。

十分な睡眠

良好な睡眠習慣は、PMDDの情緒的および身体的症状の管理に不可欠です。食事は3時間前までに終わらせ、寝る前のスマホいじりも少なめに、お風呂であったまった状態で寝ると気持ちよく眠れると思います。

ストレス管理

何もしないリラックスタイムなど、瞑想、深呼吸、ヨガなどのリラクゼーションタイムを作ることで、ストレスを効果的に管理し、PMDDの症状を軽減することができます。

サプリメントで補う

ビタミンB6、カルシウム、マグネシウム、およびオメガ3脂肪酸の補給が、一部の患者において症状の緩和に効果的であることが示されています。市販のサプリメントを飲む際は、医師に相談も忘れずに。

まとめ

家族やパートナー、友人にも月経前不快気分障害(PMDD)を知ってもらう

誰かに相談することは、とても大切です。

症状を理解し、適切に対応することで、治療を受ける際の精神的負担が軽減されることが期待できます。

PMDDとは何か、どのような症状があり、どのように感じるかを説明しましょう。特に、男性は理解が難しいかもしれませんので、根気よく説明しましょう。

具体的に、今どのような症状があり、それがどのように自身の日常生活に影響を与えているかを共有しましょう。

「症状がひどい時は家事を手伝って欲しい」「病院についてきて欲しい」サポートをお願いしましょう。

嫌な症状を抑え、豊かな暮らしに

ただ話を聞いてもらうだけでも、心理的な負担が軽減されることがあります。理解と共感を求めることで、孤独感を減らすことができます。このプロセスを通じて、家族との絆が深まり、あなたがPMDDと向き合う際の大きな支えとなるでしょう。


 

よくある質問

Q.月経前不快気分障害(PMDD)とは何ですか?

PMDDは、生理前にホルモンの変動により強いメンタルの変動や身体の不調を感じる状態です。非常に悲しくなったり、イライラしたりすることが特徴です。

Q.PMDDの主な症状にはどのようなものがありますか?

感情の起伏が激しい、不安感や緊張感、集中力の欠如、疲労感、睡眠障害、頭痛や関節痛などがPMDDの主な症状として挙げられます。

Q.PMDDの治療方法は何がありますか?

PMDDの治療方法には、抗うつ薬やホルモン療法、認知行動療法(CBT)、カウンセリングなどがあります。症状に応じて最適な治療法を選びましょう。


 


渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約