精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

PMSは病院に行くべきか?受診するタイミングや検査方法など解説

PMS(月経前症候群)は、生理前に現れる心身の不調です。その症状は人によってさまざまで、時には日常生活にも影響を及ぼすことがあります。もしPMSで苦しんでいる場合、どうしたらよいのか、受診すべきかどうか、どのような検査や治療があるのかをご紹介します。

病院に行くべきタイミング

PMSの症状が毎月のように現れ、日常生活や対人関係に支障をきたしている場合は、早めに病院に行くことをおすすめします​​。特に、痛みや倦怠感が重く、仕事や学校を休むことがあるなら、その症状を放置せず受診しましょう。また、PMSの症状が精神的なものであれば、心療内科や精神科の受診も検討するとよいでしょう​​。

PMSでは婦人科・心療内科どっちを受診する?

PMS(月経前症候群)におけるイライラ、抑うつ、不安などの精神的な症状は、受診科を選ぶ際に迷いの原因となることがあります。基本的には、婦人科でも心療内科でも対応可能ですが、症状の性質に応じて最適な選択が異なる場合があります。

精神的な症状が非常に強い、または制御できないほどのネガティブな感情が現れる場合、PMDD(月経前不快気分障害)の可能性も考慮されるため、心療内科や精神科での受診を検討することが推奨されます。これらの科では、症状に応じた抗うつ薬などの精神薬の処方やカウンセリングを通じたサポートが提供されます​​​​。

一方で、PMS症状に加えて生理周期の不安定さや、生理痛などの身体的な不調が主な懸念である場合は、婦人科の受診が適しています。婦人科では、ホルモンバランスの評価や生理周期に関連した問題の診断・治療が行われます​​​​​​。

要するに、精神的な症状が主で精神薬の処方や精神的なサポートが必要な場合は心療内科や精神科、生理周期の問題や身体的な不調が中心であれば婦人科の受診を考えると良いでしょう。症状や不安が複合的な場合は、一つの科を受診した後、必要に応じてもう一方を受診する、または受診した医師に相談してみるのも一つの方法です。

病院での検査と治療

PMSの検査では、血液検査や尿検査を通じてホルモンの状態や貧血、排卵の有無など全身の状態を把握します。内診を行うことで子宮の大きさや圧痛、腫瘤の有無などを確認し、子宮内膜症や子宮筋腫がないか診察します​​。治療法には、生活習慣の改善、非薬物治療、薬物治療があります。重度の場合、うつ病の治療に用いられるセロトニン再取り込み阻害薬やホルモン剤による治療が選択されることもあります​​​​。

生活習慣の改善

生活習慣の見直しは、PMSの症状緩和に非常に効果的です。規則正しい食事、適度な運動、十分な睡眠が推奨されます​​。また、ストレスの管理やリラクゼーションを意識することも大切です​​​​。

まとめ

PMSは個人差があり、症状の重さもさまざまですが、適切な受診と治療によって改善することが可能です。PMSで悩んでいる場合は、一人で抱え込まず、専門の医療機関に相談しましょう。自分の状態を正確に伝え、適切な治療を受けることで、PMSによる不調を軽減し、より良い生活を送ることができます​​​​​​​​​​​​。



渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約