精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

熟睡出来てない気がする!自分の睡眠に疑問があったら何科に行くべき?

あなたは、日頃から眠れていますか?眠りが浅いと感じたり、途中で起きてしまったり、朝早く起きてしまうのも、睡眠障害の可能性があります。睡眠障害について勉強していきましょう。

睡眠障害の定義とは?

睡眠障害には、さまざまな種類があり、症状もそれぞれ違います。

不眠症

  • 眠りにつくまでに時間がかかる
  • 目が覚めたら、再び寝ることができない
  • 寝ても疲れが残り、日中も疲労感が残る

睡眠時無呼吸症候群

  • 睡眠中に呼吸が止まる
  • 高音のいびきをかき、寝ても疲れが取れない
  • 日中眠い

ナルコレプシー

  • 突然眠気に襲われ、抗えなくて眠ってしまう
  • 短時間にも関わらず深い睡眠が取れる
  • 喜びや驚き、怒りなどの強い感情が起こった時倒れそうになる(カタプレキシー)

周期性四肢運動障害(PLMD)

本人の自覚はないが、睡眠中に脚や手が周期的に動いてしまい、睡眠の質が下がる

レム睡眠行動障害

蹴ったり、叫んだり、レム睡眠中の夢で行われる行動に移してしまう。

睡眠障害かもしれないと思ったらどこに行けばいい?

受診するべき科は症状の種類や原因によって異なることがあります。

精神科や心療内科

不安、うつ病、ストレスなどの精神的な問題から起こっている場合、精神科での治療が適切です。精神科医は、睡眠問題の背景にある、こころの健康を診察して、必要に応じて心理療法や薬物療法を行います。

神経科

睡眠障害が神経学的な条件や、パーキンソン病やてんかんなどの症状の一部として現れる場合、神経科での診察が推奨されます。

内科

一般的な内科でも、睡眠障害の診察を受けることができます。

特に、睡眠障害が他の身体的な健康問題や、肥満や糖尿病などの生活習慣病に関連している場合は、内科での診察が推奨されます。

睡眠専門クリニック(睡眠医療センター)

睡眠障害専門の医療機関もあり、睡眠に特化した詳細な診断と治療を提供しています。睡眠時無呼吸症候群やナルコレプシーなど、特定の睡眠障害の診断や管理を専門としています。

耳鼻咽喉科

睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合、耳鼻咽喉科での診察が役立つことがあります。特に、呼吸の問題が喉の構造的な問題がある場合は、耳鼻咽喉科の専門医が治療計画を立てる手助けをします。

通いやすい自宅近くやインターネットのクチコミ評価、地域コミュニティの推薦を参考にして、自分の症状に合った病院を選びましょう。また、過去にその病院で治療を受けた人からの意見も役立つでしょう。

もし、病院に迷ったら、クリニックに問い合わせしてみるのもいいと思います。

睡眠改善を始めよう

睡眠改善をするためには、日常生活の見直しや睡眠環境を整える必要があります。

一定の睡眠スケジュール維持

規則正しい睡眠: 毎日同じ時間に就寝し、同じ時間に起床することで、体内時計を整えます。週末も平日と同じ時間に起きることで、体内リズムを一定に保つことができます。

快適な睡眠環境を作る

寝室の環境: 静かで、暗く、涼しい環境を保つことが理想的です。温度は約18〜22度が適切とされています。快適なマットレスと枕を選び、定期的に寝具を清潔に保ちます。

就寝前はリラックス

就寝前はリラックスできる活動を行い、心身を落ち着かせます。読書や瞑想、軽いストレッチが効果的です。就寝前の1時間はデジタルデバイスの使用を避けることで、脳を刺激せず、睡眠の準備をします。

栄養バランスの取れた食事と適度な運動

就寝前のカフェイン摂取は避け、アルコールも睡眠の質を下げるため、控えめにします。定期的な運動は睡眠の質を向上させますが、就寝直前の激しい運動は避けるようにします。

ストレス管理

ストレスは睡眠障害の大きな原因です。日記を書く、誰かに話をする、趣味の時間を持つなどして、ストレスを管理します。

日中の光の管理

日中、特に朝に自然光を浴びることで、体内時計をリセットし、夜の睡眠を促進します。

これらの方法を組み合わせて行うことで、睡眠の質を改善し、より快適な睡眠を得ることができます。それでも改善が見られない場合は、専門の医療機関で相談することをオススメします。

まとめ

睡眠の質を改善するために試すことができる方法はたくさんあります。こころと身体が必要としている休息を尊重し、ゆっくりと自分のペースで前に進んでください。一晩の良い睡眠がすべての問題を解決するわけではありませんが、十分な休息はこころと身体のバランスを取り戻すための第一歩です。

自分だけで解決しようとせず、信頼できる人々やプロフェッショナルからの手を借りることは、何も恥ずかしいことではありません。


 

よくある質問

Q.睡眠障害にはどのような種類がありますか?

睡眠障害には、不眠症、睡眠時無呼吸症候群、ナルコレプシー、周期性四肢運動障害、レム睡眠行動障害などがあります。それぞれ異なる症状を呈し、睡眠の質に影響を与えます。

Q.睡眠障害の疑いがある場合、どの診療科を受診すればよいですか?

睡眠障害の疑いがある場合、精神科や心療内科、神経科、内科、睡眠専門クリニック、耳鼻咽喉科などを受診することが推奨されます。症状や原因に応じて適切な科を選ぶことが重要です。

Q.睡眠の質を改善するために日常生活で気を付けるべきことは何ですか?

睡眠の質を改善するためには、一定の睡眠スケジュールの維持、快適な睡眠環境の整備、就寝前のリラックス、栄養バランスの取れた食事と適度な運動、ストレス管理、日中の光の管理などが重要です。


 


渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約