精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

精神科と心療内科の特徴は

精神科と心療内科、それぞれの役割

私たちがよく耳にする精神科と心療内科は、心の健康を守るために非常に重要な役割を担っています。これらの診療科は、人の心のケアを主な目的としていますが、治療のアプローチ方法には大きな違いがあります。

精神科では、主に精神病や心の問題を扱います。これには、うつ病や統合失調症などが含まれ、治療には薬物療法やカウンセリングが用いられます​​​​。一方、心療内科は、ストレスに起因する身体的な苦痛や心のもやもやを中心に診察します。ここでは、ストレス関連の身体症状や、心身症などが扱われ、薬物療法や話し合いによる治療が主になります​​​​。

精神科と心療内科の両方は、私たちの心と身体の健康を守るために不可欠な役割を果たしています。どちらの科も、それぞれ特有の疾患や問題に対処するための専門的なアプローチを持っています。そのため、自分自身や家族が抱える問題に最適なサポートを受けるためには、それぞれの科の特徴を理解し、適切な科を選択することが重要です。

精神科と心療内科の役割の違い

私たちの日常生活では、変化する環境や人間関係によるストレスが、さまざまな心の問題を引き起こしています。疲労感が抜けない、怒りや不安が続く、頭痛や吐き気、消化不良などの身体的症状が現れることがあります。こうした症状が2週間以上続く場合は、精神科や心療内科の専門医に相談することが推奨されます​​​​​​。

しかし、多くの人が精神科や心療内科への受診に抵抗を感じ、どちらを受診すべきかの判断に迷うことがあります。精神科は精神的な病気や心の問題を主に扱い、治療には薬物療法や様々な心理療法が用いられます。一方、心療内科はストレスが原因で生じる身体的な症状や心理的な問題を診療し、治療には心理療法や薬物療法、リラクゼーション法などが含まれます​​​​​​。

精神科と心療内科の主な違いは、対象とする疾患や治療のアプローチにあります。精神科は、うつ病、双極性障害、不安障害、統合失調症など、精神疾患の診断と治療に特化しています。心療内科は、ストレスに関連する身体的な症状や心身症など、心理的な要因が原因で起こる身体の問題を扱います。どちらの科も、患者の心と身体の両方の健康をサポートするための重要な役割を持っています​​​​​​。

診療の選択に迷った場合は、まずは家庭医やかかりつけ医に相談し、症状や状態に応じた適切な専門科を紹介してもらうことが有効です。また、患者自身が受診の際に抱える不安や疑問について、事前に医療機関に問い合わせて情報を得ることも一つの方法です

精神科と精神神経科のガイド

精神科と精神神経科は、心の健康や問題に対応するための専門の診療科です。これらの科では、うつ病、不安障害、睡眠障害から幻聴、記憶障害に至るまで、心の様々な症状に対するサポートを提供しています。

こころの重さ、イライラ、不眠、集中できない、食欲の変化など、日常生活に影響を与える心の問題を扱っています。このような症状は、生活の質を大きく下げる可能性があるため、専門医のサポートを受けることが重要です。

例えば、人が監視していると感じる不安や、疲れていても眠れない、常に緊張感があり落ち着かない、などの症状がある場合、これらは精神科での治療が適切です。また、日常生活において何度も確認行為を繰り返す強迫行動や、人前での過度な緊張なども、精神科の専門医がサポートする領域です。

精神科では、患者さん一人ひとりの症状に応じた治療法を提供し、薬物療法、認知行動療法、対人関係療法など、様々なアプローチを用いて心の健康をサポートします。心の健康は非常に大切であり、専門医に相談することで、悩みを共有し、一緒に解決策を見つけることができます。

心の健康に関して悩んでいる場合は、一人で抱え込まず、精神科や精神神経科の専門医に相談することが推奨されます。専門医は、あなたの心の状態を理解し、最適な治療法を提案してくれます。

心療内科って何?ストレス関連の不調に焦点を当てた治療

心療内科は、ストレス由来の心や身体の不調に特化した診療科です。頭痛、吐き気、動悸、下痢、腹痛など、具体的な原因が特定できない身体の不調を診察し、治療を行います。日常生活でのストレスが、これらの症状を引き起こす原因となることが多いです​​​​​​。

例えば、社会や職場、人間関係のストレスが、下痢や悲しみ、疲労感、胸の圧迫感など、様々な身体的・精神的な症状として表れる場合があります。このような症状は、心療内科の専門分野になります。

特に、「自律神経失調症」は、ストレスや生活リズムの乱れによって自律神経のバランスが崩れる病態を指し、多様な身体的、精神的な症状を引き起こします。自律神経の乱れは、身体のあちこちに影響を及ぼし、放置すると心の病へと進行することもあります​​​​​​。

心療内科では、こうしたストレス関連の症状や自律神経失調症、さらには心の健康に関わる広範囲の問題に対して、専門的な治療を提供します。治療法には、心理療法、カウンセリング、薬物療法などがあります​​​​​​。

もし、心や身体に不定愁訴を感じているなら、一人で悩むことなく心療内科を受診することをお勧めします。専門の医師が、あなたの抱えるストレスや不安に対して適切な治療やアドバイスを提供してくれます​

精神科と心療内科、どちらを選ぶ?

心と体の健康は密接に関連しており、時にはどちらの科に受診すべきか判断が難しい場合があります。心に関連する症状が主であれば、精神科が適切な選択であり、ストレスが原因で身体にさまざまな症状が現れている場合は心療内科が適していることが多いです​​​​​​。

精神科は、主に心の病気や精神的な問題を専門とし、薬物療法や心理療法などを提供します。これに対し、心療内科はストレスによる心身症や自律神経失調症など、身体的な症状が心理的な問題から起こる場合に対処します​​​​​​。

どちらの科を選ぶか迷ったときは、専門性を持つ医療機関に相談するのが一つの方法です。多くの病院では、あなたの症状や悩みを聞き、適切な科を案内してくれます。患者さんの状態やニーズに合わせて、精神科と心療内科のどちらか、または両方を利用することで、最適な治療を受けることが可能です​​​​​​。

重要なのは、自分自身の状態を正しく理解し、必要なサポートを受けることです。専門の医療機関のスタッフに相談し、あなたに合った治療を受けましょう。

支援が必要かもしれない身近な人への声かけの方法

精神科と心療内科は、心の健康を支える重要な役割を持ちますが、それぞれ異なる特徴と対応範囲を有しています。精神科は「精神症状」が中心の患者さんを対象とし、うつ病や双極性障害、社交不安障害などの精神疾患の診断と治療に特化しています。これに対し、心療内科は「身体症状」が中心で、心理的な要因によって身体に現れる症状を扱います​​​​​​。

医療機関がどの科を名乗るかは、基本的に医師の裁量に任されており、患者さんが受診しやすいように「心療内科」という名称を使用することがあります。しかし、心療内科専門医は比較的少なく、多くの場合は精神科医が心療内科の診療も行っています​​​​​​。

支援が必要かもしれない身近な人への声かけでは、まずはその人の感情や症状を認め、理解を示すことが重要です。声かけの際には、「どうしたら楽になると思う?」「一緒に解決方法を考えようか」「専門家の意見を聞いてみたらどうだろう?」などの言葉を使って、相手が自分の感じていることを開放的に話せる環境を作りましょう。また、医師との相性も重要であるため、相談しながら良くなっていくイメージを持てるかどうかを、受診する医療機関や医師を選ぶ際の一つの基準として考えることが推奨されます​​​​​​。

最も大切なのは、支援が必要な人が適切な医療サービスやカウンセリングを受けることを促し、そのプロセスを支えることです。自分一人で解決しようとせず、必要ならば専門の支援を受けることの重要性を伝えることが、回復への第一歩になります。

苦しみや悩みを抱える方へ:精神科と心療内科の選び方

精神科と心療内科、どちらを受診するべきかは、あなたが直面している特定の悩みや症状によって異なります。精神科は心の病気や精神的な問題に焦点を当て、心療内科は心が原因で発生する身体の問題に対処します。しかし、両者は密接に関連しており、特定の症状はどちらの科でも治療が可能です​​​​​​。

精神科での主な対象疾患

精神科は、うつ病や双極性障害、不安障害、強迫性障害、統合失調症など、精神症状を中心とした疾患の診断や治療に特化しています。これらの疾患は通常、専門的な薬物療法や精神療法が必要とされ、精神科医の専門知識が求められます​​​​​​。

心療内科での主な対象疾患

一方、心療内科は、ストレスや心理的な要因によって引き起こされる身体の症状、いわゆる心身症を扱います。高血圧、狭心症、喘息、胃潰瘍など、ストレスが関係している身体の問題を中心に診療します。治療には身体の病気の治療と並行して、精神的なアプローチも行われます​​​​​​。

受診すべきかの判断

主に心に関連する症状がある場合は精神科を、身体の不調が中心で心理的な要因が疑われる場合は心療内科を選択すると良いでしょう。ただし、どちらに受診すべきか迷った場合は、双方で適切な治療を受けることが可能なので、過度に心配する必要はありません。治療を選択する際は、医師との相性や治療方針に納得できるかどうかが重要です​​​​​​。

医療機関を選ぶ際には、実際には精神科医が心療内科の診療も行っているケースが多いため、事前に情報を集め、適切な支援を受けられる場所を選ぶことが重要です。心や身体の健康に関する問題で悩んでいる場合、最も適した専門科を選ぶことが大切です。不明な点があれば、まずは医療機関に相談し、適切な科を紹介してもらうことをお勧めします



渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約