精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

初診で医師に何を伝える?ポイント解説

1.はじめ

心療内科の初診に向けて、多くの方が抱える不安や疑問に応えます。初診では、医師は患者さんの現在の悩みや生活環境、過去の経験などを通じて、心の状態を理解しようとします。緊張して涙が出てしまうこともありますが、医師やスタッフは患者さんの話に耳を傾け、支援を提供します。初診時には、現在抱えている問題、生活環境、過去の歴史、今後の治療に対する希望などを話すことが推奨されます​​​​​​​​​​。

心療内科初診での流れと料金

一般的な心療内科の初診の流れには、予約、問診票の記入、診察前の予診(場合によって)、医師による診察・カウンセリング、検査(尿検査や血液検査など)、治療開始、会計と次回予約が含まれます。初診にかかる所要時間は大体30~60分で、費用は3,000~5,000円程度(保険適用の場合)が一般的です。診断書が必要な場合の費用は2,000~6,000円程度で、内容によっては10,000円程度になることもあります。保険適用の場合も多く、自立支援医療制度の利用で負担が軽減されることがあります​​​​。

心療内科初診の対策

初診時は、症状の詳細、生活環境、過去の経験などを話すため、事前にこれらの情報をまとめておくことが役立ちます。また、健康保険証やお薬手帳などの必要書類を忘れずに持参しましょう。クリニックによっては、予約システムや問診票がオンラインで利用できる場合があるため、事前にチェックすると良いでしょう​​。

早期治療の重要性

心療内科を受診するタイミングは、心身の不調を感じたらできるだけ早めにが鉄則です。早期発見、早期治療によって、症状の悪化を防ぎ、治療の効果を高めることができます。受診を躊躇してしまう気持ちも理解できますが、心の病は決して特別なものではありません。多くの人が抱える問題であり、早期に適切な治療を受けることで、改善に向かうことができます​​。

この情報が心療内科の初診に向けての不安を少しでも和らげることができれば幸いです。不安や疑問がある場合は、クリニックに事前に相談するのも

2.どんな相談が多いの?精神科の初診の流れも確認しておこう

精神科や心療内科の初診では、患者さんがさまざまな悩みを相談します。これらの悩みは人によって異なりますが、一般的に多い相談内容には、長期間にわたる憂鬱感、気分の波、過度の緊張、集中力の欠如、物忘れ、人間関係に関する不安、監視されている感覚などがあります。これらの症状がある場合は、専門のクリニックで相談することをお勧めします​​​​​​​​​​。

精神科でよく相談される内容

  • 長引く憂鬱感や気分の波
  • 人前での過度な緊張
  • 集中困難や物忘れ
  • 監視されている感覚
  • 睡眠や食欲の問題

これらは精神科や心療内科でよく相談される内容で、専門の医師による診察を受けることで、適切な治療方針が立てられます​​​​​​​​​​。

診察の流れ

精神科の初診は、事前の予約、受付での問診票記入、医師による診察という一連の流れで進みます。初診時には、現在の症状、その始まりと経過、人生の重要な出来事、日常生活の様子などが聞かれます。診察では、これらの情報を基に、患者さんの状態を詳しく把握し、治療方針を決定します。初診の所要時間は概ね20~45分で、費用は保険適用の場合、約3,000〜4,000円程度が一般的です。しかし、心理カウンセリングや診断書の希望がある場合は、追加の費用が発生することもあります​​​​​​​​​​。

この情報をもとに、心療内科や精神科の初診に対する不安を少しでも軽減し、受診を検討している方々が一歩を踏み出せるようサポートします。

3.精神科の初診で医師に伝えるべきポイントは

初診でどんな事聞かれる?

初診では、症状の説明や生活環境、過去の健康状態などについて詳しく聞かれます。これには、現在の悩み、生い立ちや家族構成、以前から続く症状や服薬状況、嗜好品の使用についての情報が含まれることが多いです。精神科や心療内科での初診は、多くの場合、予約が必要であり、患者さんの話をじっくり聞く時間が設けられています。初診での対話は症状の正確な把握に重点を置き、信頼関係の構築を目的としています。このため、どんな小さなことでも、気になっていることがあれば、医師に伝えることが推奨されます​​​​​​​​。

初診時の心構え

初診時には緊張することも多いですが、話しにくいことや伝えるのが難しいことがあっても、できる範囲での伝達で問題ありません。多くの医療機関では、問診票の記入を求められるため、事前にメモを取っておくとスムーズに情報を伝えることができます。話している途中で涙が出てしまっても、医師やスタッフは患者さんの心情を理解し、適切に対応してくれますので、安心してください。初診で全てを伝える必要はなく、時間をかけてじっくりと治療に取り組んでいくことが大切です​​​​​​。

初診費用と保険の適用

精神科の初診費用は、大体3,000~5,000円程度が目安ですが、これは保険適用の場合の金額であり、薬の処方などによって追加費用が発生することもあります。多くの精神科治療は保険が適用されるため、治療費用の心配を少なくして受診することが可能です。また、長期的な治療が必要となる症状では、「自立支援医療制度」の利用により、さらに医療費が軽減されることがあります​​​​。

初診の際は、不安や緊張を感じることが普通ですが、医師やスタッフは患者さんの話に耳を傾け、適切な治療を提供するための準備をしています。自分の感じていること、経験したことをできる限り伝えることが、効果的な治療への第一歩になります。

4.診察時にうまく話せない。初診時に泣いてしまう場面への対処法

自己メモの活用方法

初診時の緊張や不安を和らげる方法として、自己メモの作成が有効です。症状や感じている感情、環境の変化など、医師との会話に役立つ情報を事前に整理しておくことが推奨されます。このメモは、診察中に参照するためのものであり、また、医師に直接渡して情報を伝える手段としても使用できます。日記形式での記録も有用で、日々の症状の変化や感情の動きを追跡するのに役立ちます​​​​​​​​。

医師とのコミュニケーションで大切なポイント

医師とのコミュニケーションにおいて重要なのは、必要な情報を効果的に伝えることです。初診の際、医師が患者から得たい主な情報は、症状の詳細や治療歴、薬への反応などです。医師はこの情報をもとに適切な診断と治療計画を立てます。診察は対話ではなく、症状に基づいた薬物治療が中心ですので、患者は医師の質問に答えることが中心となります。このプロセスには、医師と患者双方の努力が求められますが、症状や治療への理解を深めるためには不可欠です​​​​​​​​。

初診での緊張や不安、情報伝達の難しさは一般的なものです。事前の準備や医師へのオープンな姿勢が、これらの課題を乗り越える手助けとなります。患者さん自身が感じていることや体験している症状を正確に伝えることが、治療成功の鍵を握っています。

5.初診で病気と診断されなかった場合の対応方法

なぜ初診で病名を診断しないことが多いの?

精神科や心療内科では、初診時に具体的な病名を診断しないことが一般的です。これは、心の病気が物理的な病気と異なり、症状が目に見えにくいため、医師が患者の状態を詳細に理解し、信頼関係を築く必要があるからです。初診では、主に患者の話を聞き、症状を把握することに時間をかけます​​​​​​​​。

診療で「異常なし」と診断された場合の対応方法

① 別の専門家の意見を求める

「異常なし」との診断後も不安やモヤモヤが残る場合は、他の専門医の意見を求めることが有効です。医師と患者の相性は非常に重要であり、異なる医師によっては新たな視点での診断や治療提案が得られる可能性があります​​​​​​​​。

② 発達障害の可能性を探る

特定の病名が診断されない場合、発達障害の可能性も考慮することが重要です。発達障害は日常生活の中で特定の困難を引き起こす可能性があり、これまでの治療で改善が見られなかった場合、専門の診断を受けることが推奨されます​​​​​​​​。

③ オンライン診療を利用する

通院に対するストレスや、より多くの意見を求めたい場合には、オンライン診療の利用も検討する価値があります。オンライン診療では、自宅から気軽に様々な専門医の意見を求めることが可能で、時間的、地理的な制約を大きく軽減できます​​​​​​​​。

「異常なし」と診断された後も、患者自身の感じる不調は現実のものです。自身の感覚を信じ、最適なサポートを受けられるよう、積極的に情報を収集し、必要に応じて異なる医療機関や治療法を探求することが重要です。

6.精神科の初診 まとめ

初めて精神科や心療内科を訪れる際の緊張や不安は自然な反応です。診察では、現在の生活環境、自分の歩んできた歴史、今後の治療に対する希望など、様々な角度からの情報が求められることがあります。これらの情報提供は、医師が症状や適切な治療法を判断するために重要ですが、無理に話す必要はありません。可能な範囲での共有が推奨されています​​。

精神科の初診では、患者さんが抱える現在の悩みや、症状の発生時期、変化、治療に対する不安や希望について聞かれることが多いです。患者さんが気になっていること、困っていることを優先して話すことが大切です。医師は患者さんの状態を理解し、適切な治療を提案するために、さまざまな質問をしますが、話す内容に困った際には、「よく分かりません」と正直に伝えても大丈夫です。患者さんの反応からも、医師は多くを読み取ることができます​​​​。

初診時には、生活リズムや食欲、身体の調子、心の状態、薬の影響など、5つの主要なポイントについても話すと良いでしょう。これらの情報は、症状の把握と治療計画の立案に役立ちます​​。

初診での所要時間は30~60分程度で、費用は3,000~5,000円程度(保険適用の場合)が一般的です。診断書の発行費用は2,000~6,000円程度で、内容が複雑な場合はさらに高くなることもあります​​。

初診で「異常なし」と診断されても、それは一つの医師の見解に過ぎず、他の専門家に相談する選択肢もあります。精神科の治療は、患者さん一人ひとりの状態に合わせて変わってくるため、複数の意見を聞いて自分に合った治療法を見つけることが重要です​​。

この情報が、初めて精神科や心療内科を受診する際の不安を和らげる手助けになれば幸いです。



渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約