精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

医師が診察、専門家がカウンセリング

診察は、主に医師が行う医療行為です。患者の心身の不調を診断し、必要に応じて薬物治療を含む具体的な治療プランを提供します。一方、カウンセリングは、資格を持つ心理専門家によって行われることが多く、医薬品を使用せず、話し合いや心理療法を通じて患者の心理的な問題や生活の悩みに対処します。

カウンセリングは、ストレスや心理的なトラウマ、日常生活の問題など、医学的な診断を必要としない個人の問題に焦点を当てることが多いです。これに対して、心療内科や精神科での診察では、心身症やうつ病、不安障害といった明確な医学的診断が伴う症状の治療を行います​​。

また、カウンセリングと診察の間には、治療の持続性やアプローチの違いもあります。カウンセリングは比較的長い時間をかけて患者と関係を築きながら進められることが多く、クライアントの自己理解や行動変容を促します。一方で、診察は症状の管理や急な変化に対応するため、より直接的で迅速な対応が求められる場合があります。

診察の流れと重要性

心療内科での診察は、医師によって行われる専門的な医療行為です。具体的には、患者の心身の症状について詳細に聴取し、疾患の有無や状態を評価して、適切な治療方針を立てます​ ​。診察では、エビデンスに基づいた治療が提供され、必要に応じて薬物治療が行われることもあります。患者の話を聞く過程では、生活指導や環境調整のアドバイスも含まれるため、時にカウンセリングと混同されることもありますが、診察の主目的は病状の管理と治療にあります。

カウンセリングの目的と効果

一方、カウンセリングは臨床心理士や公認心理師などの専門家によって行われ、病気の診断や薬の処方は含まれません。カウンセリングでは、患者が直面している心の問題や生活の課題に焦点を当て、話を聴きながら感情の整理や解決策の提示を行います。このプロセスは、患者自身が自己理解を深め、心理的な成長を促すことを目指します。

適切な支援を受けるために

心療内科を受診する際は、事前に自身の症状や期待する治療結果について明確にしておくと良いでしょう。初診では、症状や生活背景について詳細な聴取が行われます。また、治療の成果は医師やカウンセラーとの相性にも左右されるため、必要に応じて複数の専門家の意見を求めることも考慮するべきです​ 。

心療内科や精神科にカウンセリングとは?

心療内科と精神科では、カウンセリングが治療の一環として取り入れられていますが、それぞれのアプローチには違いがあります。心療内科では、身体的な症状が心理的な要因によるものとして扱われ、カウンセリングを通じて患者の心理的なバランスを整えることが重視されます。一方、精神科では、精神疾患の診断や薬物治療を中心に、必要に応じて心理療法が提供されます​ ​。

カウンセリングの具体的な方法

カウンセリングでは、認知行動療法や家族療法など、さまざまなアプローチが用いられます。これにより、患者は自己の問題をより深く理解し、新たな気づきを得て自己肯定感を高めることができます。また、未来に向けたポジティブな変化を促すための支援も行われます​。

カウンセリングの目的と効果

カウンセリングの主な目的は、患者が自己の問題に向き合い、それを乗り越える力を内面から育てることです。患者自身が主体となり、自らの感情や行動のパターンを理解し、必要な場合はこれを改善する手助けをします。これにより、患者は日常生活においてより良い心理的健康を実現できるようになります​ 。

カウンセリングの留意点

カウンセリングでは、様々な個人的な話をすることで、過去の辛い出来事が思い出されることがあります。これにより、話しているうちに心理的な負担が増えることがありえます。特に解決が難しい問題や精神的な疾患を抱えている場合、カウンセリングだけでは十分なケアが難しいことがあり、場合によっては医学的な治療が必要になることもあります。

そのため、心療内科や精神科でカウンセリングを受ける際には、最初の診察を医師が行い、患者の状態に応じて最適な治療法を選択します。治療オプションとしては、「診察のみ」、「カウンセリングのみ」、「診察とカウンセリングの併用」といった選択肢が用意されています。これにより、一人一人のニーズに合ったサポートが提供されることを目指しています​ 。

カウンセリングを受ける際は、自分の状態や治療への期待を明確にし、カウンセラーや医師との相性も考慮することが重要です。自分に合ったカウンセリング方法を選ぶことで、カウンセリングの効果を最大限に引き出すことができます。


 

よくある質問

Q.心療内科や精神科の診察とカウンセリングの主な違いは何ですか?

心療内科や精神科の診察では医師が患者の心身の症状を診断し、必要に応じて薬物治療を含む治療プランを提供します。一方で、カウンセリングは資格を持つ心理専門家が行い、医薬品を使用せず、話し合いや心理療法を通じて心理的な問題や生活の悩みに対処します。

Q.カウンセリングで使用される具体的な方法は何ですか?

カウンセリングでは、認知行動療法や家族療法など、様々なアプローチが用いられます。これにより患者は自己の問題を理解し、自己肯定感を高め、未来に向けたポジティブな変化を促す支援が行われます。

Q.心療内科を受診する際に心がけるべきことは何ですか?

受診する際は、自身の症状や期待する治療結果について明確にしておくと良いです。また、医師やカウンセラーとの相性も重要であり、必要に応じて複数の専門家の意見を求めることが推奨されます。


 


渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約