精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

禁煙するとよく眠れるって本当?

禁煙すると睡眠の質が改善する可能性があります。タバコに含まれるニコチンは中枢神経系を刺激する作用があり、睡眠の質に悪影響を及ぼすことが知られています。ニコチンは覚醒を促す効果があり、深い睡眠を妨げることがあります。そのため、禁煙によってこれらの刺激がなくなることで、より深く、質の高い睡眠が得られるようになるかもしれません。

ニコチンは中枢神経を刺激して悪影響

禁煙と睡眠の関係には個人差があるため、具体的な改善の度合いは人によって異なることを理解しておくと良いでしょう。

ニコチンの摂取することによる身体への影響

心血管系への影響

ニコチンは、心拍数と血圧を一時的に上昇させます。また、動脈を収縮させることによって血流が悪化し、心臓病や脳卒中のリスクが高まることがあります。

呼吸器系への影響

気管支を刺激し、長期的には慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの呼吸器疾患のリスクを増加させます。

依存性

ニコチンは、高い依存性を持つ物質です。脳のニコチン受容体に作用し、脳内報酬系を刺激することで、使用者にさらなるニコチン摂取を促します。

ニコチンの摂取することによるこころの影響

ストレス反応

ストレスを感じている時にニコチンを摂取すると、一時的なリラックス効果をもたらすことがありますが、これは一過性のもので、長期的にはストレス耐性を低下させる可能性があります。

気分変動

気分を一時的に向上させることがありますが、その効果が薄れた後には逆に気分が落ち込むことがあり、とても危険です。

認知機能への影響

短期的には、注意力や集中力が向上することがありますが、長期的には認知機能の低下を引き起こす可能性が指摘されています。

ニコチンの摂取がもたらすこれらの影響は、健康へのリスクを高めるため、禁煙が推奨される主要な理由のひとつです。ニコチンによる影響は個人差が大きいため、具体的な睡眠状態や不眠症状に応じた対策を考慮することが大切です。

タバコを止めるには

タバコ断ちはとても難しいと言われています。徐々に完全禁煙に向けて進んでいくことが大切です。簡単なステップから始めましょう!

禁煙の理由を明確に

「何か病気が見つかった」「パートナーが妊娠した」「タバコの値段が上がった」など、禁煙を決意する具体的な理由を書き出し、それを常に意識することが重要です。

喫煙習慣を記録する

禁煙アプリなどを活用し、いつ、どこで、何をしているときに喫煙したくなるかを記録します。これにより、自分の喫煙習慣を理解し、対策を立てやすくなります。

タバコの代わりを見つける

喫煙の代わりにできることを見つけましょう。深呼吸、ガムを噛む、散歩に出るなど、気を紛らわせる行動が効果的です。

周囲のサポートを得る

家族や友人に禁煙することを伝え、サポートを求めます。また、禁煙支援プログラムやカウンセリングを利用するのも良いでしょう。友だちと一緒にやめるのもいいかもしれません。

徐々にニコチンを減らす

ニコチンガムやパッチなどのニコチン代替療法を利用して、徐々に体のニコチン依存度を下げていく方法です。

環境を整える

喫煙具を捨て、喫煙を誘発する場所や状況を避けます。自宅や車内を清潔に保ち、喫煙の誘惑を減らす工夫をします。

これらのステップは、禁煙への第一歩として役立ちますが、人によって効果的な方法は異なるため、自分に合った方法を見つけることが大切です。また、禁煙は簡単なプロセスではないため、挑戦が必要な場面も多くあります。そのため、失敗を恐れずに何度も挑戦することが重要です。

ニコチン依存症は病気です

ニコチン依存症は、医学的に認識された病気です。タバコやその他のニコチン製品の使用によって発生する物理的および心理的な依存状態です。この状態は「物質使用障害」と分類され、アメリカ精神医学会の『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-5)においても、依存症の一形態として定義されています。

  • ニコチンを欲する衝動
  • ニコチンが害悪だと知りながらもやめられない
  • 家族やパートナーに止められてもやめられない

ニコチンが脳に到達すると、ドーパミンという神経伝達物質の放出を促進します。ドーパミンは「快感ホルモン」とも呼ばれ、報酬や快楽を感じさせる役割を持っています。このドーパミンの放出が快感を引き起こし、再びニコチンを求めるようになります。ニコチンの使用によって身体が慣れてしまうと、同じ効果を求めようとして大量のニコチンを摂取しようとします。また、ニコチンを摂取するのをやめると、イライラや不安感、睡眠障害など精神的、身体的な症状に見舞われます。これを、離脱症状(禁断症状)と言います。

禁煙外来に行ってみよう

禁煙外来は、禁煙を希望する人たちをサポートするための専門的な医療サービスです。日本では、多くの病院やクリニックがこのサービスを提供しており、医師や看護師、心理士など専門のスタッフによるサポートを受けることができます。

個別カウンセリングで、それぞれの状況を把握し、それぞれに合った薬物療法や代替療法を行います。薬物療法では、「バレニクリン(チャンピックス)」「ブプロピオン(ザイバン)」など、禁煙を助けるための処方薬を使用することがあります。これらの薬は、ニコチンの欲求を減少させる効果があります。

代替療法では、「ニコチンガム」「ニコチンパッチ」「ニコチンスプレー」など、ニコチン依存症の緩和を助ける代替製品を使用して、様子をみていきます。

タバコを止めたら眠れる?

最も辛いのは、禁煙を始めて3日目から7日目の間です。禁煙初期にはニコチン離脱症状として、不眠の問題が一時的に悪化することもあります。これは一過性のもので、時間が経つにつれて改善されることが多いです。長期的に見れば、禁煙は睡眠の質を向上させ、全体的な健康にも良い影響を与えるため、禁煙の努力は価値のあるものと言えます。

禁煙が、睡眠に与える影響は個人差がありますが、一般的には禁煙することで、睡眠の質が向上する可能性があります。タバコに含まれるニコチンは刺激物であり、体内に摂取することで覚醒を促し、深い睡眠を妨げることが知られています。禁煙によってこれらの刺激がなくなるため、より深い睡眠が得られることが期待されます。

まとめ

喫煙者が不眠に悩まされることは、一般的によくあることです。

禁煙は、睡眠の質を改善するための効果的なアプローチとなり得ます。睡眠の質を高め、全体的な健康を向上させるためにも、いち早く禁煙を試みることが大切です。

タバコに含まれるニコチンには、ストレス軽減や集中力の向上など、いくつかメリットもありますが、それは健康リスクを上回るものではありません。高い依存性を持ち、多くの健康問題を引き起こす可能性を考えると、禁煙が一番です。

禁煙は簡単なことではありません

ですが、禁煙するだけの価値はたくさんあります。もし失敗しても、それは終わりではありません。多くの禁煙成功者が、何度も挑戦を重ねています。

自分のため、家族のため、まず数時間の禁煙から始めてみてはどうでしょうか?禁煙時間をどんどん長くしていく、タバコは何本まで、小さな目標を作り達成していきましょう!

大切なのは、諦めずに再チャレンジすることです。


 

よくある質問

Q.禁煙が睡眠の質に与える影響は何ですか?

禁煙は睡眠の質を改善する可能性があります。タバコに含まれるニコチンは覚醒を促す効果があり、深い睡眠を妨げることが知られています。禁煙によってこれらの刺激がなくなることで、より深く質の高い睡眠が得られるようになります。

Q. ニコチンが身体に与える影響は何ですか?

ニコチンは心拍数と血圧を上昇させ、心血管系に悪影響を与えます。また、気管支を刺激し、慢性閉塞性肺疾患(COPD)のリスクを増加させ、高い依存性を持ち、ストレス反応や気分変動、認知機能の低下を引き起こす可能性があります。

Q.禁煙を成功させるためのステップは何ですか?

禁煙を成功させるためには、禁煙の理由を明確にし、喫煙習慣を記録し、代替行動を見つけ、周囲のサポートを得て、徐々にニコチンを減らし、環境を整えることが重要です。また、禁煙外来のサポートを受けることも有効です。


 


渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約