精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

吃音と発達障害を知ろう!みんなが出来ること

吃音は、言葉を話す際に流れが中断されることが特徴のコミュニケーション障害です。一方、発達障害は、言語、学習、行動、社会的スキルなど多岐にわたる発達の側面に影響を与える状態です。これら二重の状態がどのように関連しているのか、その複雑さについて掘り下げてみましょう。

吃音(きつおん)とは

吃音は、繰り返しや音の延長、発話の困難などを特徴とします。これは子供の初期の言語発達期に最もよく現れ、多くの場合、成長と共に改善または解消されますが、全ての人に当てはまるわけではありません。成人においても吃音は持続することがあり、日常生活におけるコミュニケーションに大きな障害となることもあります。

発達障害とは

発達障害とは、自閉症スペクトラム障害(ASD)、注意欠如多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)が主な3つです。

子どもの頃から現れ始め、脳の成長に関わる部分がうまく機能しないために、学び方、話すこと、友達と遊ぶこと、または注意を集中することに影響を与えるものです。発達障害のある人は、言葉の使い方や注意の集中、行動のコントロールが難しいことがよくありますが、適切なサポートと理解があれば、十分に力を発揮することができます。

発達障害と吃音はどう関係あるか

発達障害がある人たちは、話すことや言葉を使うことが困難な状況になることが多いため、吃音を持つ可能性が高くなることがあります。

発達障害の中でも、注意を集中させるのが難しい”注意欠如多動性障害(ADHD)”や、社会的コミュニケーションが苦手な”自閉症スペクトラム障害(ASD)”の人たちは、言葉をスムーズに話すことに難しい課題を感じることがあります。つまり、発達障害と吃音は互いに影響を与え合うことがあるということです。

吃音と発達障害の人たちによくある行動パターン

吃音と発達障害を持つ人たちによく見られる行動は数パターンかあります。何個当てはまるか数えてみましょう。

吃音に関連する行動

  • 特定の音や音節を何度も繰り返す。
  • 話す言葉の音を不自然に長く引っ張る。
  • 話そうとすると声が出ない時がある。
  • 話すのが難しいと感じる言葉や状況を避ける。
  • 話す時に顔や身体をひきつらせる。

発達障害に関連する行動

  • ひとつの活動に長く集中するのが難しい。
  • 他者と上手く交流するのが難しい。
  • 同じ動作や行動を何度も繰り返す。
  • 音や光などに対して過敏反応を示す。
  • 感情の起伏が激しく、怒りや悲しみが急に現れる。

どれくらい当てはまりましたか?

これらの行動は、吃音と発達障害の特性に基づいており、すべての人たちが同じ行動を示すわけではありません。それぞれの状況や個性によって、これらの行動が異なる場合があります。

どのようなサポート体制が望ましいか

吃音と発達障害の両方で共通してもっとも大切なのは、早期対策です。

言語療法、行動療法、教育的支援が、これらの人たちが直面する課題に対処するのに役立ち、それぞれのニーズに合わせたアプローチが推奨されます。

  • スムーズに話せない場合は、聞く姿勢を保って待つ
  • 話を遮らない
  • 話せない時は筆談やボディランゲージなどで補う
  • 「頑張って」「落ち着いて」「緊張しないで」などの自分勝手なアドバイスはしない
  • ゆっくり話す時間を取り、みんなが一斉に話すような場面は避ける

親や教師、職場の上司や同僚、かかりつけ医や療法士は、吃音や発達障害を持つ人たちが自己表現の困難を乗り越え、効果的にコミュニケーションを取れるようサポートする重要な役割を担います。これには、適切な療法の提供だけでなく、日常生活の中でのサポートが含まれます。

吃音が出始めたら、まずは専門家に相談を

吃音や発達障害の兆候が見られた場合、適切な評価とサポートを受けるために、専門機関や専門家に相談することがオススメです。

発達専門の医師やクリニック

発達障害に関する専門的な評価や治療を提供する医師やクリニックです。詳細な診断と個別の治療計画が提供され、成人へのアプローチに精通した専門家が診療を行います。

言語聴覚士(言語療法士)

吃音や言語発達に問題がある場合、言語聴覚士による評価と治療が効果的です。言語やコミュニケーションの問題に対する専門的なサポートを提供します。吃音の管理や言語の流暢さを向上させ改善するための個別の療法を提供します。

心理学者や精神科医

発達障害や吃音に伴うストレスや不安、その他の心理的問題に対処する、心理的サポートや適切なカウンセリングを行います。

教育相談所や学校の特別支援教育担当

教育的な面でのサポートが必要な場合、地域の教育相談所や学校の特別支援教育担当者との相談が有効です。彼らは学校での適切な支援を提案し、実施する手助けをしてくれます。

これらの専門家に相談することで、お子さんに合った適切なサポートを受けることができるようになります。

地域の支援団体や自助グループ

独自のネットワークを通じて、情報の共有や経験の交換を行うことができます。これは社会的なサポートを強化し、孤立感を減らすのに役立ちます。

まとめ

吃音と発達障害の関係は、多くの複雑な要素を含んでいます。

周囲の理解とサポート体制が進むにつれて、当事者たちが対処すべき問題を一緒に解決していき、その人それぞれが持ち合わせている能力を最大限に引き出すサポートができるようになります。


 

よくある質問

Q.吃音とはどのような特徴がありますか?

吃音は、特定の音や音節を何度も繰り返したり、話す言葉の音を不自然に長く引っ張ったり、話そうとすると声が出ないことがあるなど、発話の流れが中断されることが特徴のコミュニケーション障害です。

Q. 発達障害にはどのような種類がありますか?

発達障害には、自閉症スペクトラム障害(ASD)、注意欠如多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)の3つが主に含まれます。これらは、子どもの頃から現れ、学び方、話すこと、友達と遊ぶこと、注意を集中することに影響を与えます。

Q.吃音や発達障害の人たちをサポートするためにはどのような対応が望ましいですか?

吃音や発達障害の人たちをサポートするためには、早期対策が重要です。言語療法や行動療法、教育的支援が有効であり、話を遮らない、話せない時は筆談やボディランゲージで補う、ゆっくり話す時間を取るなどの方法が推奨されます。専門家や地域の支援団体への相談も役立ちます。


 


渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約