精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

ストレスが引き起こすめまい、どう治す?

めまいは様々な病気や状態が原因で発生することがあり、その原因によって受診すべき医療科が異なります。内耳の異常に関連する病気としては、良性発作性頭位変換性めまい、メニエール病、前庭神経炎、突発性難聴、聴神経腫瘍などがあり、これらの場合耳鼻科の受診が推奨されます。一方、脳の異常が原因の場合は、脳卒中、脳腫瘍、椎骨脳底動脈循環不全、てんかんなどが考えられ、脳神経内科や脳神経外科での受診が必要になることがあります。また、ストレスや加齢による機能低下もめまいの原因として挙げられており、これらの場合には心療内科や精神科での相談が有効です​​。

特にストレスが原因で起こるめまいには、メニエール病や自律神経失調症が関連していることがあります。ストレスによるめまいは、吐き気や嘔吐を伴うことが多く、日常生活に支障をきたす場合があるため、早めの医療機関での受診が推奨されます。ストレスが背景にある場合は、心と体を十分に休めることが重要で、質の良い睡眠を取る、好きなものを食べる、気が合う友人と過ごすなどの方法でストレスを軽減することが助けになります。ストレス限界サインを感じた場合、心療内科や精神科の受診が推奨され、初診の際は日常生活での変化や感じている症状を医師に伝えることが重要です​​​​。

めまいの基礎知識:種類とその症状

めまいは、自分や周囲が回転しているように感じたり、足元が不安定になったりする状態を指します。疾患の症状の一部であり、めまいにはいくつかのタイプが存在します。体のバランス感覚が乱れることで発生し、原因や症状は人により様々です​​​​​​​​​​。

回転性めまい:感じ方と症状

回転性めまいは、自分が回転しているか、あるいは周囲が回転しているように感じる状態です。このタイプのめまいは、しばしば吐き気や嘔吐を伴い、立ち上がることが困難になることがあります。症状は通常、突発的に発生し、数秒から数分間持続することが多いです​​​​​​​​​​。

浮動性めまい:体感と伴う症状

浮動性めまいでは、頭が軽くふわふわする感覚や、地面が不安定であるかのように感じる状態が特徴です。このタイプのめまいは、比較的弱く長期間にわたって続くことがあります。肩こりや頭痛を伴うこともあり、日常生活における不便や不安感を引き起こすことがあります​​​​​​​​​​。

ストレスや自律神経の乱れがめまいの一因となることがあり、特に高校生のような変化の多い時期には注意が必要です。ストレス管理や適切な休息、バランスの取れた生活を心がけることが、めまいの予防に繋がります​​​​​​​​​​。不安やストレスが原因と思われる場合は、心療内科や精神科の受診を検討することも一つの方法です。

眼前暗黒感(立ちくらみ)とその特徴

眼前暗黒感は、立ち上がった瞬間にふらつきや意識の遠のきを感じる状態です。貧血や血圧の低下により、一時的に脳への血流が不足し、めまいや立ちくらみが起こります。通常は一過性であり、すぐに回復しますが、繰り返し発生する場合は、心臓疾患や血圧異常の可能性も考慮する必要があります。

めまい発生の背後にある主な原因

めまいは、平衡感覚を司る内耳や脳に問題が生じることで主に引き起こされます。また、ストレスの蓄積や加齢による機能低下も、めまいを引き起こす要因として挙げられます。めまいは多様な原因によって発生するため、正確な診断を得るには、症状の特徴や伴う症状に注目し、適切な医療機関での診察が必要です。

内耳の異常とめまい

内耳は、平衡感覚の維持に関わる重要な器官で、ここに問題が生じるとめまいが発生します。メニエール病や良性発作性頭位めまい症などがあり、これらは内耳のリンパ液の異常や耳石の移動によって起こることが多いです。これらの病気には特有の治療法があり、適切な対応が必要です。

脳の異常によるめまい

脳の障害が原因で起こるめまいは、脳卒中や脳腫瘍など、命に関わる疾患が背景にある場合があります。物が二重に見える、手足にしびれを感じる、発話の困難など、特有の症状を伴うことが多いです。これらの症状が現れた場合は、迅速な医療機関への受診が求められます。

ストレス,加齢による機能低下

ストレスの蓄積や加齢により、体の平衡感覚を保つ機能が低下し、めまいが生じることがあります。特に、ストレスは自律神経のバランスを崩し、めまいの他にも吐き気や頭痛などを引き起こすことがあります。生活習慣の見直しやリラックスする時間を持つことが、これらのめまいの予防に繋がります。

ストレスや加齢など、日常生活の中でめまいは、平衡感覚が崩れることで生じる症状で、立ち上がる際のふらつきや意識が遠のく感じなど、様々な形で現れます。この「眼前暗黒感」と呼ばれる症状は、特に血流の不足が原因で起こることが多いです。立ちくらみが起きると、一時的に脳への血流が減少し、めまいや視界の暗さを感じることがあります。これは一般的には一過性であり、すぐに回復することが多いですが、頻繁に発生する場合、心臓疾患や血圧の問題を示唆している可能性があるため注意が必要です。

めまいの根本的な原因は、内耳や脳に起因することが多く、これらは体の平衡感覚を司る主要な部位です。内耳の問題には、メニエール病や良性発作性頭位めまい症などがあり、脳に起因するめまいには、脳卒中や脳腫瘍などの深刻な疾患が関連している場合があります。また、ストレスや加齢による自律神経の乱れも、めまいの一因となり得ます。特にストレスは、日常生活の中で避けがたい要因の一つであり、適切な管理が求められます。

治療に関しては、めまいの原因に応じて耳鼻咽喉科や脳神経内科、心療内科などの専門科を受診することが重要です。内耳の異常が疑われる場合は耳鼻咽喉科での診察が、脳に関連する症状がある場合は脳神経内科や脳神経外科での診察が推奨されます。ストレスが主な原因と考えられる場合、心療内科でのカウンセリングやストレス管理の指導が役立つことがあります。

各種のめまいには、その原因や伴う症状に応じて適切な対応が求められ、場合によっては命に関わる疾患が隠れていることもあるため、異常を感じた際には迅速な医療機関への受診が必要です。

めまいの緊急対応と予防策

めまいが突然襲うと、不安や恐怖を感じるものです。ここでは、そんな時に冷静に行える対処法と、日常生活でめまいを予防するための方法をお伝えします。

緊急時の対処:動かず安静に

めまいが生じた際、最も基本的な対応は静止することです。立位では転倒リスクが高まるため、安全な座位や横臥位に移動しましょう。また、視覚や聴覚の刺激が症状を悪化させることがあるため、穏やかな環境を整えることが推奨されます。

生活習慣の見直し

健康的な食事や規則正しい運動は、めまい予防に有効です。不均衡な食生活や運動不足は、体内のバランスを崩しめまいの原因となることがあります。特に、バランスの取れた栄養摂取と、身体に負担をかけない適度な運動を心掛けましょう。

ストレス管理

精神的なストレスもめまいの大きな引き金となります。ストレスを溜め込まずに上手に発散させるためには、趣味の時間を持つ、リフレッシュできる旅行を計画する、リラクゼーション技法を試すなどが効果的です。自分に合ったストレス解消法を見つけ、心身ともに健康を保ちましょう。

めまいは、多くの場合、生活習慣の乱れやストレスなど、日常生活の中で生じる要因によって引き起こされます。これらの対処法を取り入れることで、めまいの発生を予防し、もし発生したとしても冷静に対応できるようになります。安全で健康的な生活習慣の維持が、めまいを含む多くの健康問題を予防する鍵となります。

対応科の選び方:めまいが継続する場合

めまいは日々の生活に大きな支障をもたらし、深刻な疾患の兆しとなることもあるため、原因に応じた適切な診療科の受診が重要です。内耳や脳の問題、ストレス、またはそれらの複合的な要因によって引き起こされることが多いです。特に、内耳の異常が疑われる場合は耳鼻科、脳の異常が考えられる際は脳神経内科や脳神経外科が、心因性の場合は心療内科や精神科が適切です。

めまいの潜在的原因:自律神経の乱れ

めまいの背後には、ストレスによる自律神経の乱れが関係しているケースが少なくありません。自律神経のバランスが崩れることで、耳や脳の機能低下を引き起こし、めまいを感じることがあります。また、自律神経失調症やパニック障害、うつ病など、精神疾患に起因するめまいも報告されています。このような症状がある場合、心療内科や精神科での診察が推奨されます。

パニック障害とめまい

突然の強い不安感が原因で、動悸や発汗、めまいや吐き気などのパニック発作が生じ、外出が困難になることがあるパニック障害。この疾患は、ストレスが主な引き金となり、特に心配性や不安感が強い人に多く見られます。

不安障害によるめまい

日常生活における過度の不安や恐怖が原因で発生する不安障害は、極度の緊張やストレスがめまいや不安定な歩行を引き起こすことがあります。この状態では、日常の活動に大きな影響を及ぼすことがあります。

自律神経失調症のめまい

ストレスや生活習慣の乱れによって自律神経が乱れる自律神経失調症では、動悸やめまいといった身体症状が現れます。自律神経は体の多様な機能を調整するため、その乱れは幅広い不調を引き起こす可能性があります。

うつ病におけるめまい

うつ病は、抑うつ気分が長期間続くことで知られていますが、身体的な症状としてのめまいも報告されています。この場合、うつ病に伴う自律神経の乱れが、めまいを引き起こす一因となることがあります。

特定の身体の問題が疑われる際には、心因性のめまいと診断されることもあり、心療内科や精神科での治療が効果的な場合が多いです。

めまいは、生活の質を大きく低下させる症状であり、その原因は多岐にわたります。内耳や脳の問題、心因性の要因など、めまいの背景にはさまざまな健康状態が考えられます。特に、精神的なストレスが原因で発生することがあるため、パニック障害や不安障害、自律神経失調症、うつ病といった精神疾患が関連している場合があります。これらの疾患は、めまいだけでなく、動悸や発汗、吐き気といった他の症状を引き起こすことがあり、日常生活に支障をきたすことも少なくありません。

治療にあたっては、まずは症状の原因を特定することが重要です。耳鳴りや難聴が伴う場合は耳鼻科の受診が、手足のしびれや視覚障害が伴う場合は脳神経内科や脳神経外科の受診が推奨されます。また、ストレスや心理的な要因が疑われる場合には、心療内科や精神科でのカウンセリングや治療が有効とされています。いずれの場合も、専門医の診断と指導のもとで適切な治療を受けることが、めまいの克服には不可欠です。

めまいの総括

めまいは多様な原因によって引き起こされる症状であり、個人によって症状の出方や原因は異なります。主に内耳や脳の異常、ストレスや加齢といった要因が関連していることが多いです。めまいには以下のような主要な原因があり、それぞれが特定の疾患と関連しています。

内耳の異常と関連する疾患

  • 良性発作性頭位変換性めまい
  • メニエール病
  • 前庭神経炎
  • 突発性難聴
  • 聴神経腫瘍

これらの疾患は内耳に起因するもので、内耳は平衡感覚を司るため、その異常はめまいの直接的な原因となります。

脳の異常と関連する疾患

  • 脳卒中
  • 脳腫瘍
  • 椎骨脳底動脈循環不全
  • てんかん

脳の問題によるめまいは、視覚や運動機能に影響を及ぼす特有の症状を伴うことがあります。

ストレスや加齢による機能低下

  • ストレスによる自律神経の乱れ
  • 自律神経失調症
  • 不安障害
  • パニック障害
  • うつ病

この他、眼精疲労、睡眠不足、加齢、更年期障害、薬の副作用、起立性低血圧、貧血、暑さによる脱水なども、めまいの原因となり得ます。

耳や脳の異常がない場合、ストレスが主要な原因である可能性があり、心因性めまいと考えられることもあります。不安やストレスが継続している場合は、心療内科や精神科の受診を検討することが推奨されます。専門医による適切な診断と治療が、めまいを克服し、生活の質を改善するための鍵となります。



渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約