精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

会社に行きたくないのは適応障害のせい?

会社に行きたくないという気持ちは、さまざまな要因によって引き起こされる可能性がありますが、それは、「適応障害」が原因にある場合があります。ストレス要因があると、個人の対処能力を超え、適応障害が発生する可能性があります。

深キョンもなった!適応障害って?

特定のストレスのある出来事や状況に適応できず、その結果として心理的な苦痛や機能的な障害を生じる障害で、適応障害(Adjustment Disorder)と言います。

適応障害は、生活の変化や重大な出来事に直面した時に出る、普通より重いもしくは長期間に出るストレス反応のことです。

適応障害の原因

  • 引っ越しやクラス替え、職場異動など
  • 家族やパートナー、ペット、友だちの死
  • いじめ、DV、性被害
  • 自然災害や火事、交通事故、テロなど

原因はたくさんあり、環境の変化や人生における大きな出来事、学校や職場でのいじめや家庭内の問題など、自然災害で発生する場合もあります。

ストレスの要因やトラウマなど、それぞれの対応能力も異なり、経験値、サポートシステムの有無、それぞれの症状の強さや弱さなどによっても、表れる症状レベルが違います。

適応障害のあれこれ

適応障害になったら、いろいろな症状が出ます。あなたのタイプを自覚し、治療に役立てましょう。

抑うつ状態

一時的な悲しみや落ち込みとは異なり、慢性的にネガティブな感情が続きます。

不安症状

緊張感や過度の心配、恐怖感、情緒の不安定さが目立ちます。

異常行動

情緒が不安定なため、攻撃性を伴った行動や衝動的な行動、学校や職場でのコミュニケーションで問題を起こします。

社会的引きこもり

情緒の不安定さに自己嫌悪に陥り、社会とのつながりを避け、最低限のつながりだけで過ごすことで、孤立感を抱えます。

身体の不調

精神面だけではなく、頭痛や胃痛など、身体にも異常をきたします。

それぞれの症状にはレベルがあります。一般的には、一時的な状態であり、適切なサポートと治療によって多くの場合、症状は改善します。ストレスに対処する新しい回避方法を学び、精神科や心療内科の医師、心理カウンセラーなどからの心理的なサポートを受けることが、回復に向けて非常に大切です。

会社に行きたくないと感じたら

会社に行きたくないと思う気持ちは、多くの人が経験することですが、その背景にはさまざまな理由があるかもしれません。起きてしまったネガティブな感情にどのように対処するかを考えましょう。

感情の原因を理解する

人間関係や仕事のプレッシャー、職場の文化が原因かもしれません。仕事に興味が持てない、自分に合わない仕事を続けているからかもしれません。

無理に続けていると、ストレスが溜まると思います。蓄積された疲労、または別の健康問題が影響している可能性があります。十分な睡眠、栄養バランス、適度な運動を心がけることが大切です。

仕事とプライベートのバランスが大事

仕事とプライベートのバランスが取れていない場合、燃え尽き症候群を感じることがあります。思い切って有給を取ったり、出来ればまとめて休みを取って、リフレッシュすることが大切です。

仕事について、上司とのミーティングを頻繁に行うことで、状況を報告し都度都度の相談をすることも大切です。頻繁にコミュニケーションを取ることで関係性を構築しましょう。

自分に合った業務、仕事内容など、社内カウンセラーなどに相談するのもいいと思います。

長期的には、キャリアの方向性を見直し、自分に合った仕事を探すことも考慮に入れると良いでしょう。

家族やパートナー、友だち、カウンセラーに相談して第三者の意見を聞く

自分が信頼できる人たちと話し、自分の状況や今感じていることを共有することが大切です。人に話すことでストレスが解消される場合もあります。

心理療法士やカウンセラーと話すことで、ストレスや不安をコントロールする新しい方法を学べるかもしれません。

会社によっては、産業医や社外相談窓口があるところもあります。また、厚生労働省が運営している相談窓口もあり、当事者だけではなく、家族の方、支援者も相談することができます。

弱っている時は重要な決断はしない 会社側も配慮が必要

休んだりして迷惑をかけたら、会社に居づらいと思っていませんか?

キャリアの見直しや退職など、自分のこころが弱っている時はしてはいけません。まず、通常の状態になってから動きましょう。

従業員の健康維持も会社の仕事

従業員のメンタルや健康維持は、会社の重要な役割のひとつです。従業員の健康が直接的に生産性や業績、職場の雰囲気に影響を及ぼすため、多くの企業が”健康管理プログラム”や”福利厚生”の充実を目指しています。

メンタルヘルスプログラムの導入

従業員支援プログラム(EAP)と言われる、カウンセリングサービス、ストレス管理セミナー、ライフスタイルサポートなど、従業員が私生活や職場で直面する問題に対処するためのリソースを提供している会社もあります。常日頃から、管理職や従業員向けに、ストレスの兆候を識別し、対処する方法についての研修を行って対策を立てています。

フレックス制度やリモートワークの選択肢

従業員の生活スタイルを尊重し、ハタr着やすいよう、始業時間と終業時間にふり幅を持たせ柔軟な時間設定を行っています。交通のストレスや移動時間などを考慮し、リモートワークシステムを取り入れている会社も増えました。

健康診断やフィットネスジムの促進

年に1回の健康診断はもちろん、それぞれが検査オプションも付けられ健康状態を定期的にチェックできる環境や、社会保険の福利厚生などにフィットネスジムや保養所などが利用できる会社もあります。

職場環境の見直し

オフィスのレイアウトやインテリアを変えてみたり、自然光が入るよう考慮したりと、会社側は従業員が働きやすい環境を提供することが義務付けられています。

また、オープンなコミュニケーションを目指し、フリーアドレスやフリードリンクな休憩所作りなど、各会社ごとに多種多様な動きがあります。

まずは適応障害をよく知る人の意見を聞くこと

会社に行きたくないと思う日がたまにあるのは普通のことです。これが長期間続く場合は、どこか自分で無理をしていたり、こころと身体が拒否反応を起こしている可能性があります。

「適応障害は、鬱の一歩手間」の状態で、悪くなると治るのにも時間がかかってしまいます。早めの段階で不安要素を払拭し、ゆっくり休みが取れる期間が必要です。

適応障害の経験者や心療内科の医師などの専門家にアドバイスをもらいましょう。

終わりに

自分自身の幸福と健康を優先し、こころと身体の調子をいつもの自分に戻すことが先決です。

会社はひとつではありません。固執することはないのです。自分の感情に正直になって、必要ならば休息を取ることが大切です。自己ケアは決して自己中心的なことではありません。


 

よくある質問

Q.会社に行きたくないと感じる原因は何ですか?

会社に行きたくない理由は、仕事のプレッシャー、人間関係、職場の文化など多岐にわたります。ストレスや適応障害が原因の場合もあります。

Q.適応障害の主な症状には何がありますか?

適応障害の症状には、不安、抑うつ、異常行動、社会的引きこもり、身体の不調などがあります。これらの症状は、適切なサポートと治療によって改善されます。

Q.適応障害に対する効果的な治療法は何ですか?

認知行動療法(CBT)や心理カウンセリング、ストレス管理スキルの学習などが適応障害に効果的です。また、医師やカウンセラーとの継続的なサポートも重要です。


 


渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約