精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

ADHDとは

ハロスキンクリニックなら全国どこでも保険のオンライン診療対応

※大変恐縮ながら来院の患者様優先になりますので、予約が重なった場合は、別枠のご案内となります。 LINE友だち追加の上、こちらの予約枠からご連絡ください。

LINE登録 LINE友だち
               

 注意欠如・多動症(ADHD)は、発達障害の一種で、特に注意を持続させることが困難で、行動が衝動的で、落ち着きがないなどの特性を持つ状態です。これらの特性は12歳以前から現れ、学校や家庭、職場など複数の場面で影響を及ぼします​​。

ADHDの経過

 ADHDの診断は、学童期の約3〜7%の子どもたちに見られ、男児が女児に比べて3から5倍多く診断されます。成人になっても、男女の差はほぼなくなり、成人の約2.5%が該当するとされています​​。

 日常生活ではさまざまな困難に直面し、自己肯定感に影響を及ぼすこともあります。特に、ADHDのある子どもや大人はうつ病や双極性障害、不安症などの精神疾患を併発することが少なくありません。また、自閉スペクトラム症や学習障害、チック症など他の神経発達症との合併も見られます​​。

ADHDの支援

子ども・学齢期の支援

 ADHDの子どもたちには、家庭や学校での具体的な支援が重要です。指示の明確化、感情的な叱責を避ける、環境を整えるなどが効果的です。医療の場でも、子どもたちの特性に応じた支援が行われ、ペアレント・トレーニングプログラムを通じて、効果的な接し方を親が学ぶことが推奨されています​​。

成人期の支援

 成人の場合、自立生活や家事、仕事の適応などに困難があり、医師はこれらの問題に対して具体的な支援を行います。精神的な健康が損なわれている場合には、その治療を優先しつつ、ADHDの治療も進めることが重要です​​。

ADHDの薬物療法

 ADHDの治療には、薬物療法が効果的な場合があります。日本では、メチルフェニデートやアトモキセチン、グアンファシンなどが用いられていますが、これらの薬剤は使用にあたって厳格な規制があるため、処方には慎重な判断が求められます。特に、依存性のある刺激薬は、患者の登録や流通の制限が設けられています


 

よくある質問

Q.ADHDの主な特徴は何ですか?

ADHDは注意力の持続が難しく、衝動的で落ち着きがない特性を持ち、12歳以前から現れます。

Q.ADHDの子どもに対する支援方法は?

明確な指示を出し、感情的な叱責を避け、環境を整えることが有効で、ペアレント・トレーニングも推奨されます。

Q.ADHDの治療に使われる薬は?

メチルフェニデート、アトモキセチン、グアンファシンが用いられますが、使用には厳格な規制があります。


 


渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約