精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

適応障害で休むための最短フロー

ハロスキンクリニックなら全国どこでも保険のオンライン診療対応

※大変恐縮ながら来院の患者様優先になりますので、予約が重なった場合は、別枠のご案内となります。 LINE友だち追加の上、こちらの予約枠からご連絡ください。

LINE登録 LINE友だち
               

適応障害での休職は、個人が職場のプレッシャーやストレスから回復し、より良い精神的健康を取り戻すための大切な時間を提供します。適切な医療と職場のサポートを組み合わせることで、復職後の成功とストレス要因のない職場での健康が促進されることが期待されます。

適応障害とは

適応障害は、大きな変化やストレスのある出来事に対してうまく対処できないために起こる心の状態です。例えば、仕事の場所が変わる、大切な人との関係が終わる、愛する人を亡くすなど、生活に大きな影響を与える出来事が原因で、感情的に苦しんだり、普段の生活に支障をきたしたりします。

この状態が続くと、気分が落ち込んだり、不安を感じたり、眠れなかったりといった症状が見られます。適応障害は一時的なもので、適切な支援や治療を受けることで改善することが多いです。

適応障害かも?と思ったら

もし、自身が適応障害かもしれないと感じたら、早めに医療機関で専門の医師に相談することが大切です。適応障害の症状としては、不安や抑うつの他に、睡眠障害や集中力の欠如などがありますが、これらは他の精神的な問題とも重なるため、正確な診断を受けることが重要です。

精神科や心療内科の診察を受けよう

受診する際には、かかりつけ医や精神科、心療内科の専門医に相談しましょう。

医師は、あなたの症状や生活環境、最近経験した出来事などを詳しく聞いた上で、適切な治療やサポートを提案してくれます。

治療は、カウンセリングや心理療法、場合によっては薬物療法が用いられることもあります。また、ストレス管理のスキルを学ぶことや、サポートグループへの参加が推奨されることもあります。適切な対応を早めに始めることで、症状の悪化を防ぎ、早期の回復につながります。

適応障害の診断を受けたら

適応障害と診断結果が出た場合、とにかく休養を取る事が大切です。

医師の診断書をもらう

医師の診察を受け、正式な診断結果を聞きましょう。診断書を発行してもらい、会社に提出しましょう。患者の単独の判断ではなく、医師の診察と正式な専門的判断の元、適切な情報を診断書に記載します。

患者の健康状態、診断、治療の必要性についての客観的な診察を行い、休職が推奨された場合のみ、診断書にその旨を明記できます。

診断書に、休職を推奨する文章が明記されていない場合、会社によっては休職できない場合があります。

上司や会社の人事部に相談

診断結果を踏まえ、まずは直属の上司に状況を説明し、その後人事部門に伝えます。適応障害による休職の意向と、医師からの推奨について話し合いましょう。

休職に関する会社規定の確認

会社によって休職に関する規定が異なるため、自社の就業規則を確認します。

休職期間、必要な書類、休職期間中の給料に関する取り決めなど、詳しく把握しておくことが重要です。

診断書を含む、休職に必要な書類を人事部門に提出しましょう。書類には、休職の期間や条件などが記載されていることが多いです。

休職期間中に行う会社とのコミュニケーション方法

休職中も、会社との定期的な連絡を保つためのコミュニケーションプランを立てます。

これは、復職後のスムーズな流れのためにも大切なことです。

休職期間は通院すること

休職中の通院は、適応障害の治療と管理において非常に重要です。休職は、ストレス要因から一時的に離れ、健康を回復させるための時間を確保できますが、この期間に医師の定期的な診察やカウンセリングを受けることで、その効果を最大限に発揮できます。症状の変化に応じて治療法を微調整することで、回復の過程をより効果的にサポートできるのです。

傷病手当金の申請を忘れずに

休職期間の4日目以降は、加入している健康保険から「傷病手当金」が支給されます。

本人・会社・かかりつけ医の三者が記入する書類になり、会社に書類の事を聞いて、休職期間が終わったら医師に記載してもらいましょう。

休職を決めた場合、透明性を持って会社とのコミュニケーションを取ることが重要です。この過程でのプライバシーの保護も重要な要素であり、個人情報は適切に扱われるべきです。また、休職後の復職計画についても、医師や会社と相談しながら進めることが望ましいです。

適応障害での休職期間は3ヶ月~6ヶ月程度

適応障害の治療にあたっては、休職期間として3ヶ月から6ヶ月をひとつの基準と考えることができます。症状の改善には個人差があるため、1ヶ月の休職期間では通常、不十分とされます。また、6ヶ月を超える長期の休職が必要なケースも珍しくありません。

まとめ

休職は、治療に専念して、回復するための大切な時間を提供します。適応障害などの精神的な問題に直面している従業員にとって、職場のストレスから一時的に距離を置くことが、症状の管理と改善に役立つことが多いです。治療の状況によっては、休職期間は延長されることも、短縮されることもあります。

休職を終えて、職場に戻る際は、従業員と会社が協力して、スムーズな復職を計画することが大切です。必要であれば、職務の調整や職場環境の改善が含まれることがあります。

従業員の健康と職場のニーズの両方を考慮に入れたアプローチが、復職には不可欠です。

全体として、休職は従業員が健康を取り戻し、将来的に職場で持続可能なパフォーマンスを維持するための一環として大切です。


 

よくある質問

Q.適応障害と診断されたらどのように対処すればよいですか?

適応障害と診断されたら、まず医師の診断書をもらい、上司や人事部に相談して休職を申し出ます。休職期間中は定期的に通院し、医師の指示に従って治療を続けましょう。

Q.休職期間中の注意点は何ですか?

休職期間中は、健康保険から支給される傷病手当金の申請を忘れずに行いましょう。また、定期的に会社と連絡を取り、復職計画を話し合うことも重要です。

Q.適応障害の治療にはどれくらいの時間がかかりますか?

適応障害の治療期間は通常3ヶ月から6ヶ月程度ですが、個人差があります。症状の改善に応じて休職期間が延長されることもあります。


 


渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約