精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

深キョンもなった!「適応障害」予備軍の共通点

ハロスキンクリニックなら全国どこでも保険のオンライン診療対応

※大変恐縮ながら来院の患者様優先になりますので、予約が重なった場合は、別枠のご案内となります。 LINE友だち追加の上、こちらの予約枠からご連絡ください。

LINE登録 LINE友だち
               

適応障害になりやすい人は、ストレスへの感度が非常に高いことがあります。小さな変化や、プレッシャーでも過剰に反応することがあり、これが心理的な不安や抑うつの症状を引き起こすことがあります。日常生活の変化や、降りかかるストレスに対する許容範囲が要因となります。

適応障害とは

適応障害は、過度のストレスのある状況や生活の大きな変化に対して、適切に対応できないために起こる心理的な障害です。この障害は、日常生活における機能の低下を伴うことが特徴であり、通常、原因となるストレス要因が発生した後の3か月以内に症状が表れ始め、ストレス要因が取り除かれると6か月以内には改善されることが多いです。

  • 抑うつ気分
  • 不安感
  • 反抗的な行動などの問題行動
  • 頭痛や胃痛などのストレスからくる身体症状

適応障害の診断には、医師の診察が必要です。

治療を要する程度の症状があり、特定のストレス要因に対して心理社会的な適応が困難であること。症状が、うつ病や不安障害などの他の精神疾患の基準に完全には当てはまらないこと、などが基準となります。

日本の適応障害は100万人以上いる!予備軍の特徴

ストレスに対して感度が高い

些細な出来事や日常の変化にもアレルギー反応が出てしまい、ストレスを感じやすいことがあります。これにより、心理的な緊張が常に高まっている状態になります。

生活のサポートシステム不足

家族や友人からのサポートが不足しているか、社会的なネットワークが弱い場合、ストレスの影響を受けやすくなります。孤立感や独りで問題を抱え込む傾向があると、心理的な負担が大きくなります。

過去のトラウマ

過去に深刻な精神的苦痛を経験している場合、新たなストレスが発生した際に適切に対応できないことがあります。過去の経験がキッカケとなって、現在の出来事に対しても過敏に反応を示すことがあります。

柔軟性の欠如

変化に対する柔軟性が低いため、新しい環境や状況に適応することが困難です。困難な状況に対して、柔軟に対応する能力が不足していると、ストレスが増加しやすくなります。

否定的思考パターン

物事を悲観的に捉えがちで、ネガティブな出来事にも過剰に反応してしまう傾向があります。この悲観的思考は、ストレスを感じやすくなるとともに、適応障害になりやすいリスクが高まります。

これらの特徴は個人差があり、すべての人に当てはまるわけではありませんが、適応障害になりやすい人は、これらの共通点が見られることが多いです。

適応障害になった人たちが働く環境と人間関係

適応障害は、職場でさまざまな問題を引き起こす可能性があり、それには生産性の減少、仕事への満足感の低下、職場での人間関係の悪化などが含まれます。職場ストレスの原因としては、役割の変更、環境の変化、成果へのプレッシャーや対人関係の緊張などが挙げられます。これらに対する適応能力が低い人は、不安や抑うつ感、過大なストレスといった症状が表れやすいです。

これらの症状が持続すると、仕事に対する意欲の低下、集中力不足、仕事の効率が下がるという問題に直面することになり、結果として頻繁に欠勤することや仕事を避ける行動が見られることがあります。

それぞれに合った処世術やサポート体制を

効果的な対策としては、職場でのサポートシステムの強化や、ストレス管理スキルの学習、適切な心理的サポートを行うことが大切です。具体的には、上司や同僚とのオープンな意思の疎通、業務負荷の調整、必要に応じて柔軟な勤務時間の設定などが役立ちます。また、職場でのカウンセリングやメンタルヘルスプログラムの利用、産業医からのアドバイスなどが、症状の軽減と仕事への適応を助ける手段となり得ます。

適応障害は適切な介入によって改善が見込まれるため、早期に問題を認識し、対処することが職場での自身の精神衛生の維持には不可欠です。

まとめ

人々が問題に遭遇すると、効果的に対処できない場合や否定的な思考パターンに陥ることがあると、ストレスの回復が困難になり、適応障害になりやすいリスクが高まります。個人の生活環境やこれまでの経験が深く影響するため、誰もが適応障害になる可能性を持っています。したがって、ストレスを引き起こすネガティブ要因を理解し、適切に対応することが、適応障害を理解し管理するカギとなります。


 

よくある質問

Q.適応障害の主な原因は何ですか?

適応障害の原因は、過度のストレスや生活の大きな変化に対して適切に対応できないことです。これにより、心理的な不安や抑うつなどの症状が現れます。

Q.適応障害になりやすい人の特徴は何ですか?

適応障害になりやすい人は、ストレスに対して感度が高く、サポートシステムが不足していることが多いです。また、過去のトラウマや柔軟性の欠如、否定的思考パターンも影響します。

Q.適応障害の職場での影響は?

適応障害は、職場で生産性の低下、仕事への満足感の低下、人間関係の悪化を引き起こします。役割の変更や成果へのプレッシャーが原因で、仕事に対する意欲が低下することがあります。


 


渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約