精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

怒りのボルテージをコントロールする方法

ハロスキンクリニックなら全国どこでも保険のオンライン診療対応

※大変恐縮ながら来院の患者様優先になりますので、予約が重なった場合は、別枠のご案内となります。 LINE友だち追加の上、こちらの予約枠からご連絡ください。

LINE登録 LINE友だち
               

些細なことで怒りが爆発してしまい、後で後悔したり、人間関係が悪化してしまうことがありませんか?

その原因として、大人の発達障害が関係している可能性があります。怒りの感情を効果的にコントロールする方法について学び、実践してみましょう!

怒るのは発達障害の特性が原因?

子供の頃に見られる癇癪や衝動性などの発達障害の特性は、大人になるにつれて減少すると一般に考えられています。これは、理性や社会的な常識を理解し、それに基づいて行動をコントロールする脳の能力が成長するためです。

しかし、予期せぬ出来事に直面したときに感じる感情は非常に瞬間的で、その一瞬に「この場では怒らないほうが良い」と判断する時間や余裕がないため、思わず怒りを表してしまうことがあります。

また、簡単に怒りが爆発する人は、感情や衝動を制御する脳の領域である「前頭前野」の発達が遅れているとされています。これは前頭前野が完全に未発達というわけではなく、発達速度が遅いために生じる現象です。

大人になって怒る理由は「ストレス」

大人になると、一般的には感情を抑える能力が高まるはずですが、それでも怒りが爆発してしまうことがあります。その原因として「脳の発達」だけでなく、「ストレス」が大きく関わっています。

大人になると、表現したい思いや日々のプレッシャーを隠すことが多くなります。それらは気付かぬうちに、徐々にストレスとして蓄積されていきます。

自分の感情の限界が近づくと、些細なことでカッとなりやすくなりますが、心に余裕がある時は感情をうまく抑えることができると言われています。

心のキャパシティを一杯のコップに例えてみます。

心に溜まっている悩みやフラストレーションはどの程度ですか?それが溢れそうになっていないでしょうか?コップが満タンの状態で少しの衝撃を受けると、水が溢れ出すように、ストレスが満タンの状態で少しのことで感情が溢れ出すことがあります。

さらに、発達障害のある方は、自分の体調や心の状態を自覚しにくい特性を持っています。身体だけでなく心の疲れも自覚しにくいため、ストレスの蓄積に気付かずに感情の限界に達することがしばしばあります。

怒ってしまう原因

  • 脳の発達特性により感情をコントロールしづらいことがある。
  • 大人としての生活の中で増えるストレスが感情のキャパシティを超え、感情を抑えきれなくなっていることがあります。

カッとなってしまう時の対処法

対処法について説明します。主な原因は脳の未発達とストレスのふたつです。これらの原因にそれぞれ対応することが必要です。

まずオススメするのは、ストレスを軽減させて「心の余裕」を持たせることです。心に余裕を持たせることで、感情が容易に溢れ出す状態を防ぐことができます。

ストレスコーピングでこころの余裕を持つ

ストレスコーピングとは、ストレスに対処する方法や技術のことを指します。具体的には、ストレスを感じた時にその影響を軽減し、健康や精神状態を維持するための様々な戦略を含みます。これには、問題解決能力、リラクゼーション方法、タイムマネジメント、感情の表出、ポジティブな思考の習慣化などがあります。ストレスコーピングは個々の状況や個性によって異なり、何が最も効果的かを見極めることが大切です。

まとめ

怒りの感情を健康的かつ効果的にコントロールし、表現する技術と方法を学ぶことはとても大切です。怒りを感じる際の自己認識を高め、その感情を適切にコントロールして、破壊的な行動を避けることにあります。アンガーマネージメントには、リラクゼーションスキル、ストレスマネジメント、人間関係のスキル向上、コミュニケーションの改善方法などが含まれます。これにより、個人は怒りを感じたときに冷静かつ建設的な方法で対応することができるようになります。

 

よくある質問

Q.怒りの感情が爆発してしまう原因は何ですか?

怒りが爆発してしまう原因には、脳の発達特性とストレスがあります。特に発達障害のある人は、前頭前野の発達が遅れているため感情をコントロールしづらく、また大人になると日々のプレッシャーがストレスとして蓄積され、感情が溢れやすくなります。

Q.怒りをコントロールするための効果的な方法は何ですか?

怒りをコントロールするためには、ストレスを軽減し心の余裕を持つことが重要です。具体的な方法としては、リラクゼーション、タイムマネジメント、ポジティブな思考の習慣化などのストレスコーピング技術があります。

Q.ストレスが感情にどのように影響しますか?

ストレスが蓄積されると、心のキャパシティが限界に達し、些細なことでも感情が爆発しやすくなります。特に発達障害のある人は、ストレスの蓄積に気付きにくいため、感情のコントロールが難しくなります。

 



渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約