精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

発達障害の人のためのアンガーマネージメントを学ぼう

発達障害とは

発達障害は、脳の発達に関わる障害で、幼少期から表れ始め、大人になってから気付く人もいる障害です。この障害は、言語、運動技能、学習、自己管理、社会的交流など、様々な発達の側面に影響を与えることがあります。発達障害の具体的な例には、次のようなものがあります。

自閉症スペクトラム障害(ASD)

社会的交流とコミュニケーションを上手くとるのが難しく、同じことを何度も繰り返したり、気が済むまでしてしまう行動が特徴。

注意欠如多動性障害(ADHD)

注意力がなく、気が散りやすい。衝動性が高く、過活動が見られることが特徴。

学習障害:(LD)

読み書き、数学、その他の学習技能の習得が苦手。

発達性協調運動障害(DCD)

運動技能の発達が遅れ、日常生活の動作に影響を及ぼす。

これらの障害は、それぞれの発達のペースやスタイルの違いとして現れることが多く、正確な診断と適切なサポートが重要です。それぞれに合った介入が行われることで、豊かな生活を送ることができます。

アンガーマネージメントって?

アンガーマネージメントとは、

怒りを感じた瞬間の感情を、健康的かつ効果的にコントロールし、表現する方法を学ぶプロセスです。

このプロセスには、怒りを引き起こすトリガーを識別し、その感情に対処するための技術を、習得することが含まれます。主な目的は、怒りが個人の生活や人間関係に悪影響を与えるのを防ぐことです。

発達障害はよく怒る?発達障害とアンガーマネージメントの関係

発達障害を持つ人には、アンガーマネージメントを必要としている人がたくさんいます。

特に、自閉症スペクトラム障害(ASD)や注意欠如多動性障害(ADHD)を含む場合、感情調節に問題がある事が多く、それが怒りのトリガーにつながることがあります。

感情の認識と表現の難しさ

自分の感情や他人の感情を認識し、適切に表現することが難しい場合があります。この感情の理解の欠如が、怒りを引き起こしたり、不適切な方法で怒りを表現したりする原因となることがあります。

円滑なコミュニケーションの壁

コミュニケーションの障壁もまた、誤解やフラストレーションを引き起こすことがあり、これが怒りの感情を引き起こす原因となります。

ストレス耐性が低い

日常生活のストレスや変化に対して柔軟に対応する能力が低いため、これらの状況が怒りやイライラを引き起こすことがよくあります。

いろいろな発達障害の特性に合ったアンガーマネージメント方法

発達障害を持つ人々にとって、アンガーマネージメントスキルは特に大切です。

感情調節をサポートするための、具体的な対処法を提供することで、生きていく上で、より健康的な方法で個々の感情を表現し、社会的インタラクションをスムーズに行えるよう努めましょう。

今からでも出来る、アンガーマネージメントを紹介します。

感情認識をよく知ろう

感情を認識し、表現する方法を知りましょう。

どうして怒ってしまうのか?など、怒りを引き起こす思考や信念を客観的にみて、より合理的で穏やかな思考パターンになるようにすることが大切です。

適切なコミュニケーションを取ろう

非攻撃的で、相手にきちんと真意が伝わる明確な方法など、穏便に感情を表現する方法を取る事が大切です。効果的で円滑なコミュニケーションを通じて、誤解やフラストレーションを減らす方法を学びましょう。

ポジティブな自己認識の促進

自分が怒りを感じる瞬間やその原因をよりよく理解し、認識しましょう。

自己価値感を高め、否定的な自己認識を改善する。自己肯定感が増すことで、ストレスや怒りに対する耐性が向上する。

リラクゼーションスキルの向上

深呼吸をしたり、瞑想、筋弛緩訓練など、緊張を和らげるスキルを学びましょう。

問題解決のスキルの向上:

状況に対処するための適切な解決方法を学びましょう。具体的なステップを踏んで、今起こっている怒りの背景にある問題にアプローチし、解決方法を見つけることが大切です。

生活環境の調整やサポートシステムの活用:

ストレスの元をできるだけ排除し、落ち着いた環境を整える。例えば、静かな部屋を確保したり、定期的に休憩を取るなどが効果的です。

家族や友人、カウンセラー、サポートプログラムなど、信頼できるサポートネットワークを利用しましょう。余計なストレスや怒りのトリガーをできるだけ減らすために、環境や日常のスケジュールや悪い習慣を再調整しましょう。

アンガーマネージメントは、カウンセリングセッションやセラピー、ワークショップ、オンラインプログラムなどを通じて学ぶことができます。

これらのスキルを身につけることで、怒りを感じた時に、より効果的な方法で対応することが可能になります。

その結果、人間関係の改善や社会生活の質の向上につながります。

怒っている人への対処はどんな方法がある?

怒っている人からはすぐ離れましょう!と言いたいところですが、そう出来ない時もあります。

怒っている人に対処する時に、役立つ方法をいくつかご紹介します。

落ち着きを保つ

自分自身が冷静であることはとても大切なことです。相手の怒りに感情的に反応すると、状況がさらに悪化する可能性があります。

聞く姿勢を示す

聞き役に回りましょう。怒っている人はしばしば、聞いてもらっていると感じると、安心して落ち着くことがあります。

同情する・寄り添う

相手の感情を認め、理解しようとすることで、相手が自分の感情を正当に扱われていると感じることができます。気持ちに寄り添い、同情的な言葉を使うことが効果的です。

穏便にコミュニケーションを取る

言葉選びに注意し、批判的または挑発的な言葉は避けます。穏やかな声のトーンで話し、オープンなボディランゲージを心がけましょう。

距離を取る

怒りが頂点に達したとき、物理的なスペースを必要とすることがあります。適切な距離を保ち、相手が落ち着くまでの時間を作りましょう。

一緒に解決策を考える

状況を改善するための、具体的な解決策を話し合いましょう。怒りが収まって、相手が落ち着いてから提案する方が、受け入れやすいことがあります。

自身の安全を優先

相手の怒りが暴力につながる恐れがある場合は、自分自身や周りの人たちの安全を確保しましょう。場合によっては、第三者や警察の介入が必要になることもあります。

これらの対策は、すべて正しいとは限りません。

状況を冷静に管理し、エスカレートさせないことが重要です。

怒りを持って接近してくる人々との対話を穏やかに導き、問題解決に向けた建設的で友好的な道を開くのに役立ちます。

まとめ

直訳すると「怒りの管理方法」という意味の「アンガーマネジメント」。

怒りの感情と上手に付き合うための、心理教育または心理トレーニングとして、1970年代にアメリカで生まれました。

アンガーマネージメントは全ての人にも有効的な手法です。

専門家によるセッション、グループワークショップ、オンラインコースなどを通じて学ぶことができます。怒りの管理は、日常生活で遭遇する問題や大きな壁に効果的な対処をするための重要なスキルとなります。



渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約