精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

心理専門家のカウンセリング

心を癒す旅: カウンセリングの力

心が疲れてしまったとき、その背後にある深い悩みを解き明かすためには、薬だけでは足りないことがよくあります。心の問題を根本から解決するためには、心理的な課題に目を向け、取り組む必要があります。そうしなければ、治療が進まなかったり、同じ問題が再び起こったりする恐れがあります。この理由から、私たちは薬の治療だけでなく、カウンセリングを大切にしています。

カウンセリングでは、心の中に渦巻く不安や違和感を、静かな環境でじっくりと言葉にしていきます。この過程を通じて、自分で「どうすればいいか」を見つけ、それを実行に移すサポートをします。日常や職場で無意識にとっている思考や行動のパターンに気づき、それをより良い方向へ変えていく方法を一緒に探ります。また、質の良い睡眠や健康的な生活習慣の確立、対人関係のスキルアップなど、生活全般の改善にも力を入れています。

特定のテーマについて深く話したい方は、そのテーマを丁寧に掘り下げていきます。現在の感情や行動に焦点を当て、新しい視点を発見したり、理解を深めたりするための積極的なサポートを行います。

カウンセリングは、自分自身の心を成長させ、自己理解を深めるための大切な一歩です。一人一人の心の問題に真摯に寄り添い、健康な心を取り戻すための道のりを共に歩むこと。それが私たちの目指すゴールです。

心の健康を取り戻すための第一歩

多くの人々が、さまざまな心の悩みに直面しています。職場での人間関係のもつれ、家族や友だちとの関わりにおける課題、子どもの教育や学校生活に関する心配があります。また、事故や大切な方を亡くした経験からくる深い悲しみや、人前で話すことの緊張、日常の小さなこだわりによるストレスなど、様々な形で心の平穏が乱されているかもしれません。

社会的な問題、精神的な障害、家庭内の不和が原因でストレスを感じることもあります。ひきこもりやいじめ、試験や仕事のプレッシャー、うつ病や神経症、パニック障害、社会不安、強迫症、PTSD、育児や産後の不安、食事に関する問題、自傷行為やハラスメントの経験など、多岐にわたる課題が心の安定を妨げます。

私たちは、これらの悩みに対して、話を聞き、心の負担を軽減するためのサポートを提供します。自らの心と正面から向き合い、解決策を見つけ出す旅に一緒に出かけることで、心の健康を取り戻し、希望に満ちた未来への一歩を踏み出すことをお手伝いします。

心の成長を支えるカウンセリングの旅

カウンセリングにはいろいろなかたちがあり、それぞれのカウンセラーには独自の性格やアプローチがあります。しかし、すべてのカウンセリングに共通しているのは、ひとりひとりの患者さんの心の成長を助け、考え方や行動に新しいきざしをもたらすことを目指している点です。この心の成長をめざす過程では、新しい考え方を学んだり、ものごとを異なる角度から見ることができるようになります。

カウンセリングでとても大切なのは、カウンセラーと患者さんとのあいだに築かれる信頼と協力の関係です。この関係は、一晩でできあがるものではなく、カウンセリングを通じての繰り返しのコミュニケーションによって少しずつ築かれていきます。心のケアをする上で、継続的な取り組みやカウンセリングへの前向きな態度、問題への理解、そして自分自身を振り返る力が重要となります。

カウンセリングの目標は、自己成長と問題解決能力の向上にあります。カウンセラーの役割は、解答を直接提供することではなく、必要に応じて心理学や精神医学の知識を提供することもありますが、根本的には患者さん自身が解決策を見つけ出すことを助けることにあります。不安や困難な状況に直面したとき、患者さんはしばしばカウンセラーに解決方法を求めますが、カウンセリングの本質的な目的は、患者さんが自らの力で問題を乗り越え、成長する過程を支援することにあります。

カウンセリングでは、患者さんが直面している問題や悩みに対して、自分でも気がついていない感情や、まだはっきりと把握できていない自分の気持ちに焦点を当てます。自己理解と自己決定を促すことで、患者さんが自分の問題に主体的に取り組むことを支援します。カウンセリングは、それぞれの患者さんの心の成長を促し、自分の問題に積極的に取り組み、解決に向かうためのサポートを提供する場所です。

希望の光を灯すカウンセリング

多くのカウンセリングが、過去や現在の悩みに焦点を合わせることが多いですが、それだけでは、これから歩むべき道がぼんやりしてしまいがちです。私たちのクリニックでは、ちょっと変わった方法でカウンセリングを行っています。私たちは、ただ今に限らず、過ぎ去ったことやこれから訪れる未来にも目を向け、特に今とこれからにフォーカスを当てて取り組んでいます。

お話しいただく中で、未来へのヒントが隠れていることがよくあります。事実に基づき、科学的なデータをもとにした未来予想を立てることができるのです。これは、しっかりとした証拠に基づいて未来を予見することを意味しています。未来がはっきり見えるようになると、「希望」という明かりが見えてきます。「希望」があると、どんなに厳しい状況でも、決断を下し、前へ進む勇気がわいてくるのです。

そのため、私たちは「未来を見据える」カウンセリングを提供することで、希望を持って次なるステップを踏み出すお手伝いをしています。一緒に未来への扉を開き、新しい可能性にあふれた道を歩んでいきましょう。

心を癒す旅:認知行動療法で思考を変える方法

認知行動療法は、心が自分自身や世界をどう理解しているかに着目する心理療法の一つです。この療法では、多くの人が無意識に持つネガティブな思考パターン、例えば「自分はいつも失敗する」「他人に受け入れられていない」といったものを特定し、それらを変えることを目指します。

特に注目される思考のクセには以下のようなものがあります。

  • 一度の否定的な体験から全てがうまくいかないと決めつける過剰な一般化
  • 自分に起きた問題を全て自分のせいだと考える自己責任の転嫁
  • 物事を完全か不完全、成功か失敗という極端な二分法でしか見ない思考
  • 自分や他人に対して現実離れした期待や厳しい基準を設ける「すべき」「しなければならない」という思考

この治療法では、認知だけでなく行動の側面からもアプローチを行い、ストレスが多い日常生活や職場での挑戦、学校の圧力などに対処するためのサポートを提供します。また、特定の状況における身体の反応や学習した内容を理解し、改善策を見つけ出します。

認知行動療法の最終目的は、ストレスの感じ方を和らげ、より柔軟な思考へと導くことにあります。日々遭遇するストレスやそれに伴う感情の変化を振り返ることで、自分の自動的な思考パターンを認識し、それを変えていく訓練を行います。

うつ病やパニック障害、強迫性障害といった様々な心の悩みに対しても、認知行動療法が役立つことが証明されています。私たちは、あなたの心の問題に対して、共にポジティブな解決策を探し、心の成長と癒しの道を歩むサポートを提供します。

※現在、私たちの施設では臨床心理士が不在ですので、その点はご理解ください。



渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約