精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

心療内科でのめまい耳鳴り治療

めまいや耳鳴りは、多様な原因で起こる症状です。例えば、めまいでは歩行時にふらつきを感じ、耳鳴りでは高い音が耳に響くことがあります。本稿では、自己回復が困難なこれらの症状に焦点を当て、専門医が原因となる病態とその治療方法について説明します。

めまいと耳鳴り、それぞれの症状の多様性

めまいと耳鳴りは、その症状が人によって大きく異なります。例えば、めまいに関して言えば、ある人は「自分の周りが回っているように感じ、吐き気がする」などと感じる場合があります。また、別の人は「歩こうとすると、ふらふらと不安定になり、まっすぐ歩けない」と訴えることも。耳鳴りにおいても、一部の人は「心臓の鼓動のような音が耳に聞こえるが、耐えられるレベル」であるのに対し、別の人は「絶え間ない高音が鳴り響き、日常生活に支障をきたす」などと深刻な症状を訴えます。

これらの症状や原因は個人差が大きいため、診断や治療には個々人の状態を丁寧に把握する必要があります。特にめまいは、耳鳴りと同時に起こることがあり、日常生活に大きな影響を与える可能性があります。吐き気や嘔吐を伴う場合には、人との接触が難しくなることもあり、早期の医療機関での受診が推奨されます。

めまいや耳鳴りは、年齢や性別に関係なく発症する可能性がありますが、特に慢性的なめまいは高齢者に多く見られる傾向にあります。

めまいの症状についての詳細な解説

めまいは、その原因となる疾患によってさまざまな症状が現れます。一般的には、自分や周りが回転している感覚(回転性めまい)、ふわふわと足元が浮いている感じ(浮動性めまい)、立っていることが困難なほどのバランス感覚の喪失(平衡障害)、頭が重く感じられる、またはクラクラする感じ、そしてふらつきなどが含まれます​ 。

めまいの感覚には個人差が大きく、患者さんによっては眼前が暗くなる、物が二重に見える、動悸や吐き気を伴う場合もあります。これらの症状は、内耳の問題、脳の障害、または心臓疾患など、身体の様々な部分の問題によって引き起こされる可能性があります​。

めまいが発生する原因は多岐にわたりますが、内耳の障害が最も一般的な原因の一つです。内耳は、聴覚と平衡感覚を司っており、この部分が損傷するとめまいのほかに耳鳴りや聴力の低下を伴うことがあります。特に、良性発作性頭位めまい症は、特定の頭の動きによって短時間のめまいが発生する一般的な内耳の問題です​。

また、めまいは脳の疾患、特に脳幹や小脳の問題によっても引き起こされることがあります。脳卒中や脳腫瘍などの深刻な病態は、めまいのほかに、言語障害や歩行困難などの他の神経学的症状を引き起こすことがあります​ 。

診断に際しては、患者さんの詳細な問診と物理的な診察が重要です。特定の条件下でのめまいの発生、同時に現れる他の症状、既往症、薬剤使用の歴史などが、診断を導くための重要な手がかりとなります。場合によっては、MRIやCTスキャンといった画像診断が行われることもあります​ ​。

めまいの治療はその原因によって異なりますが、内耳の問題に対しては、薬物療法や平衡訓練が有効であることが多く、脳の疾患に基づくめまいの場合は、その根本的な原因の治療が必要になります​ 。

めまいや耳鳴りの原因についての深掘り

めまいの発生原因は、「内耳」「脳幹と小脳」「耳と脳幹・小脳を繋ぐ神経路」のいずれかに問題がある場合に起こります。内耳は聴覚と平衡感覚を担い、その複雑な構造が何らかの理由で障害された場合、めまいや突発性難聴、聴力低下、耳鳴りを引き起こす可能性があります。これらの症状は、内耳神経を通じて脳に信号を伝える過程で生じます​ ​。

精神医学的視点では、治らないめまいがパニック障害やその他の精神疾患の兆候であることもあります。日常のストレス、例えば仕事の圧力、人間関係の悩み、家庭環境の問題などが原因となって発生することがあります。これらのストレスが自律神経の交感神経を過剰に活動させ、めまいや不安、さまざまな身体的不調を引き起こすことがあります。特に、明確な発作を伴わない慢性的なパニック障害では、繰り返し小さなパニック発作が起こることがあります​ ​。

耳鼻咽喉科や神経内科の検査で原因が明らかにならない場合、心療内科や精神科での診断が推奨されます。めまいは身体的な原因だけでなく、精神的な要因によっても引き起こされるため、総合的な診断と治療が必要です​​。

内耳性のめまいの典型的な原因には、前庭機能障害があります。良性発作性頭位めまい症などは、特定の頭の動きによって短期間のめまいが引き起こされる症状です。エプリー法などのめまい体操が効果的であり、一部の患者には薬物療法が有効です​ 。

このように、めまいや耳鳴りはその原因が多岐にわたるため、正確な診断と適切な治療法の選定が重要となります。身体的な原因のみならず、精神的な要因も考慮に入れることが大切です。

めまい検査の全貌

人間が平衡感覚を保つには、目、内耳、筋肉など複数の器官からの情報が脳に適切に伝えられ、脳からの指令が体の各部位に送られる必要があります。めまいの原因は多岐にわたり、内耳の疾患だけでなく、頸椎の問題、脳の異常(脳出血や脳腫瘍)、血液や血圧に関する問題も関係しているため、綿密な検査が求められます​)。

めまいの診断においては、以下の検査が一般的に行われます:

  • 聴力検査:気導聴力と骨導聴力を評価し、めまいと聞こえの関連を調査します。めまいの原因が内耳にある場合、聴力にも影響が出ることがあるため、この検査は重要です​ 。
  • 平衡機能検査:立っていられる時間や、目を閉じた状態での立位の安定性を確認し、めまいの原因や程度を把握します​ ​。
  • 重心動揺検査:体のふらつきを詳しく分析し、めまいの原因を探ります。特に立位の安定性に問題がある場合に有用です​ ​。
  • 眼振検査:不随意に動く眼球の振動(眼振)を観察し、めまいの原因を特定します。めまいが起きている最中やその直後に特に有効な検査です​ ​。

これらの検査を通じて、めまいの原因を正確に特定し、適切な治療法を選択することが可能になります。脳や耳から生じるめまいの場合、外科的な治療が必要な場合もありますし、長期にわたるめまいにはリハビリやめまい体操が有効な場合もあります​。治療の遅れは後遺症やより深刻な問題を引き起こす可能性があるため、めまいの症状が強い場合や繰り返す場合は、早めの受診が推奨されます​​。

めまいと耳鳴りを伴うメニエール病とは

メニエール病は、内耳の異常によって引き起こされる病状であり、主に激しい回転性のめまい、難聴、耳鳴り、耳閉感の四つの症状が特徴的に現れます。この病気は、内耳に存在するリンパ液のバランスが崩れることにより生じると考えられており、患者さんはこれらの症状を周期的に経験します。

男女問わず発症する可能性があり、特に30代後半から40代前半にかけての発症が多いとされていますが、症状の重さや発作の頻度は個人差が大きいです。病名は、フランスの医師プロスペル・メニエールが1861年に内耳性のめまいの原因として初めて報告したことに由来しています​​。

メニエール病の診断には、難聴を伴うめまい、症状の反復(繰り返し)、他の疾患によるものではないことを示す診断基準が必要とされています。これらの条件を満たす場合にメニエール病の診断が下されます​​。

治療方法としては、利尿剤やステロイド薬の使用があり、さらに進行した症状に対しては鼓室内注入術や手術が行われることもあります。また、メニエール病はストレスや疲労がトリガーとなることがあるため、日常生活でのストレス管理や適切な休息の確保も重要とされています​ 。

以上のように、メニエール病は内耳の疾患によって引き起こされる複合的な症状を持つ病気であり、症状の管理と適切な治療を通じて、患者さんのQOL(生活の質)の向上を目指す必要があります。

めまいと耳鳴りを伴うメニエール病とは

メニエール病は、内耳の異常によって引き起こされる病状であり、主に激しい回転性のめまい、難聴、耳鳴り、耳閉感の四つの症状が特徴的に現れます。この病気は、内耳に存在するリンパ液のバランスが崩れることにより生じると考えられており、患者さんはこれらの症状を周期的に経験します。

男女問わず発症する可能性があり、特に30代後半から40代前半にかけての発症が多いとされていますが、症状の重さや発作の頻度は個人差が大きいです。病名は、フランスの医師プロスペル・メニエールが1861年に内耳性のめまいの原因として初めて報告したことに由来しています​ ​。

メニエール病の診断には、難聴を伴うめまい、症状の反復(繰り返し)、他の疾患によるものではないことを示す診断基準が必要とされています。これらの条件を満たす場合にメニエール病の診断が下されます​ 。

治療方法としては、利尿剤やステロイド薬の使用があり、さらに進行した症状に対しては鼓室内注入術や手術が行われることもあります。また、メニエール病はストレスや疲労がトリガーとなることがあるため、日常生活でのストレス管理や適切な休息の確保も重要とされています​ 。

以上のように、メニエール病は内耳の疾患によって引き起こされる複合的な症状を持つ病気であり、症状の管理と適切な治療を通じて、患者さんのQOL(生活の質)の向上を目指す必要があります。

めまい症状の原因と他の病気

めまいの原因は多岐にわたり、時には重篤な病気のサインである場合もあります。頭や体を動かしたときにめまいが増悪し、横になると改善するパターンが一般的ですが、安静時にも症状が続く場合、脳や心臓の疾患の可能性があるため、早期の受診が推奨されます​ ​。

自律神経失調症とは

自律神経の乱れから発生する自律神経失調症は、めまいや耳鳴り、疲労感や不眠など、多様な症状が現れます。ストレスが主な引き金とされています。

前庭神経炎とは

前庭神経炎は、平衡感覚を司る内耳の一部が炎症を起こし、グルグルとした回転性のめまいが発生します。この炎症は数日間続くことがあり、回復には2〜3週間程度かかることがあります​。

化膿性内耳炎とは

内耳に細菌が感染し、めまいや難聴、痛みや発熱を引き起こす化膿性内耳炎は、抗菌薬の投与や、場合によっては鼓膜に穴を開けての治療が必要になります。

うつ病とは

うつ病は、抑うつ状態が主な特徴ですが、めまいや不眠、肩こりや頭痛などの身体的な症状も引き起こします。心身ともにケアが必要な病状です。

めまいには様々な原因があり、時として生活の質を大きく下げることがあります。原因に応じた適切な診断と治療が重要であり、異常を感じたら早期に専門医の受診をお勧めします。

良性発作性頭位めまい症とは

良性発作性頭位めまい症は、突然の頭の動きによって内耳の規管が刺激されて発生するめまいです。この状態は短時間で改善されることが多いですが、特に高齢者においては注意が必要です。

不安神経症・強迫性障害とは

不安障害に分類されるこれらの病状は、過剰な不安や恐怖が日常生活に大きな影響を与え、めまいや耳鳴り、吐き気などの身体的症状を伴うことがあります。

適応障害とは

特定のストレスが原因で適応できずに生じる適応障害は、精神的な症状に加え、めまいや耳鳴り、動悸や吐き気などの身体的症状を引き起こすことがあります。

ハロスキンクリニックが提案する耳鳴りとめまいの対策方法

めまいや耳鳴りは、内耳のリンパ液が過剰に増えるメニエール病や、ストレスが原因で発生する場合があります。これらは、30代から40代の働き世代に多く見られる傾向があるとされています。めまいや耳鳴りを感じた場合、まず耳鼻咽喉科の受診が基本ですが、脳に原因があると考えられる場合は神経内科や脳神経外科、ストレスが原因なら心療内科が適しています​ 。

めまいや耳鳴りの予防としては、自律神経を整えることが重要です。規則正しい生活を心がけ、ストレスを溜めないようにすることが、めまいや耳鳴りを防ぐために効果的です。適度な運動や、朝日光を浴びることも自律神経のバランスを整えるのに役立ちます​。

特に、ふくらはぎマッサージは、内耳のむくみを軽減し、めまいや耳鳴りの予防に効果的とされています。ふくらはぎは血液循環の要であり、マッサージによって全身の血流を良くし、内耳への血流も改善できます。このマッサージは、下から上へ心臓に血液を戻すイメージで行い、強く押しすぎないことがポイントです​ ​。

以上の改善法や予防策を実践することで、めまいや耳鳴りを引き起こす原因を取り除き、日常生活に支障をきたす症状の改善や予防が期待できます。もし症状が続く場合は、専門医に相談し、適切な診断と治療を受けることが大切です。


 

よくある質問

Q.めまいや耳鳴りの原因にはどのようなものがありますか?

めまいや耳鳴りの原因には、内耳の障害、脳の疾患、自律神経失調症、ストレス、うつ病などが含まれます。これらの原因は多岐にわたり、個々の症状や状況に応じて異なります。

Q.めまいや耳鳴りの検査方法にはどのようなものがありますか?

めまいや耳鳴りの検査方法には、聴力検査、平衡機能検査、重心動揺検査、眼振検査などがあります。これらの検査を通じて、症状の原因を特定し、適切な治療法を選定します。

Q.メニエール病の特徴的な症状は何ですか?

メニエール病の特徴的な症状には、激しい回転性のめまい、難聴、耳鳴り、耳閉感があります。これらの症状は内耳の異常によって引き起こされ、周期的に現れることがあります。


 


渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約