精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

心と身体の不調を解き明かす:心療内科と精神科の違い

心療内科と精神科の違いについて説明しますね。両診療科は心に起因する問題を取り扱いますが、アプローチの焦点が異なります。

心療内科は、ストレスなど心理的要因によって引き起こされる身体的な不調を中心に治療します。具体的には、高血圧、狭心症、喘息、胃潰瘍、下痢や便秘、自己免疫疾患、糖尿病など、ストレスが大きく関わる身体の病気に対処します。この診療科の医師は多くの場合、内科医の背景を持ち、身体症状の治療に加えて、精神的なアプローチも行います​​。

一方で、精神科は心の病そのもの、つまり精神症状を中心に治療します。ここでは、不安、うつ、心理的トラウマ、統合失調症など、精神に関わるさまざまな問題に対する薬物療法や精神療法が主な治療手段となります​​。

受診する際の目安としては、身体の不調がメインの場合は心療内科、心の不調がメインの場合は精神科を選ぶと良いでしょう。ただし、両科の医師はそれぞれの領域にまたがる患者さんを診る機会もあるため、どちらを受診しても標準的な治療を受けることが可能です。また、医療機関によっては「内科・心療内科」「精神科・心療内科」と標榜しているところもあり、それぞれの診療科の医師が診察を担当する場合があります​​​​。

心と身体は密接に関連しているため、医師との相性も治療において重要です。受診を決める際には、相談しながら改善していくイメージが持てるかどうかを大切にすると良いでしょう​​。

精神科

心療内科では、心理的なストレスやトラウマなどが身体に現れる様々な症状を治療することに焦点を当てています。これらは心身症と呼ばれ、心理社会的ストレスが身体的な症状として現れる状態を指します。心身症には過敏性腸症候群、機能性ディスペプシア、本態性高血圧などが含まれます。患者が感じる痛みや胸腹部のもたれ、吐き気などの身体症状は、心理社会的ストレスと深く関連しています​​。

心身症の治療には、認知行動療法や自律訓練法、交流分析など、患者さん自身が症状のコントロールを学び、実践できるようにする方法が含まれます。認知行動療法は、悲観的な考え方を現実的なものへ変える練習や、緊張をリラックスさせる筋弛緩法など、様々な治療技法から成り立っており、その効果は科学的に証明されています。自律訓練法では、自己暗示によってリラックスした状態を生じさせる練習を行います。交流分析は、自己認識を助け、人間関係の改善を通じて心身ともに健康な自己実現を目指します​​。

また、心療内科では、病気だけではなく、患者さん自身を全体として捉え、心理社会的背景や生活習慣、性格などを考慮して治療を行います。心身症の治療では、患者さんが病気とどう向き合い、今後の人生をどう切り開いていくかを一緒に考えることが大切です​​。

これらの情報は、心療内科のアプローチや心身症の概念について理解を深めるのに役立ちます。心身症は、単に身体的な病気ではなく、心の問題が身体の症状として現れるものであるため、治療には心と身体の両面からのアプローチが必要です。

精神科

精神科では、さまざまな精神疾患や心の問題に対応し、治療を行います。これには、日常生活における不安や抑うつから、幻覚や妄想といったより複雑な症状までが含まれます。例えば、「周りが自分の悪口を言っている」と感じる妄想や、「監視されている」という感覚など、患者さんが抱える思い込みを治療することも精神科の役割の一つです。また、アルコールや薬物依存症などの依存症も精神科で取り扱われます。

主な症状としては、不安、抑うつ、不眠、幻聴や幻覚、妄想、物忘れなどがあり、これらは患者さんのQOL(生活の質)に大きく影響を与えるものです。

精神科で扱われる代表的な病名には、以下のようなものがあります。

  • うつ病
  • 強迫性障害
  • 睡眠障害
  • 摂食障害
  • 双極性障害(躁うつ病)
  • 適応障害
  • 統合失調症
  • 認知症
  • パーソナリティ障害
  • 発達障害
  • パニック障害
  • PTSD(心的外傷後ストレス障害)
  • 依存症

これらの症状や疾患は、患者さんの心理的、社会的な側面に深く関わっているため、精神科では多角的なアプローチを通じて治療を進めます。これには、薬物療法やカウンセリング、認知行動療法などが含まれ、患者さん一人ひとりの状態に合わせた治療計画が立てられます。

心と身体のケアに迷うなら:心療内科か精神科かの選択ガイド

ストレスによって心や身体に不調を感じたとき、心療内科と精神科のどちらを受診すべきか迷うことはよくあります。そのような場合、両方の診療科目を扱っている病院への受診をお勧めします。そこでは、ご自身の症状を詳しく伝えることで、どちらの科が適切かの判断を受けることができ、適切な治療へとスムーズにつながります。

もし、近くに心療内科と精神科の両方を扱っている病院が見つからない場合や、どちらに受診するべきか判断が難しい時は、普段からお世話になっている家庭医や内科医に相談するのも一つの方法です。身近な医師なら、これまでの健康状態や生活環境を踏まえたうえで、最も適切なアドバイスや専門科の紹介をしてくれるでしょう。

例えば、心療内科と精神科を併設している医療機関では、患者さん一人ひとりの症状や状況に応じて、適切な診療科を選択し、柔軟に対応してくれます。迷われている場合には、まずは気軽に受診を検討してみることが重要です。自分自身の心と身体の健康を守るためにも、適切な専門医のサポートを受けることは大変有意義です。



渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約