精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

休職を希望する人のための診断書入手法

職場のイベントが原因で健康を害している場合、休職することは正当な治療手段であると考えられます。

体調がすぐれない状態での継続的な労働は、個人の健康、企業の生産性、さらには社会全体にとっても有益ではありません。したがって、場合によっては休職が最も効果的な対処法となります。

心療内科での休職診断書の取得プロセス

休職の診断書を取得するプロセスは、通常、次のような手順を含んでいます。

主治医またはかかりつけの医療機関を訪れる

休職が必要な状況について、まずは信頼できる医師やかかりつけの医療機関に相談します。診断書の発行は、医師が患者の健康状態を詳しく診察し、必要な検査を行った後に行われます​ 。

診断書発行のための症状説明と依頼方法

医師に会った際、休職の理由と予定される期間をしっかりと伝え、診断書の作成を依頼します。このプロセスでは、治療の詳細や関連する書類の準備が必要になることがあります。

診断書の作成と受け取り

医師は診察と検査の結果を基に診断書を作成します。診断書には、休職が必要とされる具体的な理由や期間が明記されます。また、初診日でも診断書の発行が可能な場合があるため、事前にその可否を確認すると良いでしょう。

診断書の提出

完成した診断書は、所属する会社や雇用主に提出されます。この際、診断書の内容を確認し、必要であればコピーを取って保管しておくことが推奨されています​ 。

注意事項

診断書の発行が拒否されることもありますが、これは通常、病名が未確定の場合や、専門外で適切な医学的判断ができない場合に限られます。このような状況では、適切な診断を行える他の医療機関を探すことが求められます​)。

このプロセスを通じて、休職が必要な方々が適切な治療と休息を得るための第一歩を踏み出すことができます。

疾患によっては診断が確定するまでに時間がかかることもあります。そのような場合、診断書の発行については主治医と十分に話し合うことが重要です。

また、診断書の内容や提出先の要件は、勤務先の規定によって異なることが多いため、詳細を事前に把握しておくことが必要です。

休職診断書の取得に際しては、必要な情報をあらかじめ確認し、医師のアドバイスに従いながら、適切な手続きを進めていくよう心がけましょう。

休職診断書の内容とその後の手続き

休職診断書は、心療内科または精神科で作成され、患者の病名、必要な休職期間、治療計画を明記します。医師が患者の状態を詳しく評価し、休職が必要であると判断した場合、この診断書が会社に提出されます。会社側は提出された診断書に基づき、休職に関する適切な措置を講じることで、患者の健康管理と職場復帰の準備を支援します。これにより、患者は安心して治療に専念できる環境が整えられます。

診断書の重要なポイント

診断書には患者の病名や症状、治療の内容や期間が詳細に記載されます。特に、休職が必要とされる期間については、「本日より○月まで」と具体的に示されることが多く、これにより患者と職場は休職の期間を明確に把握できます​。

休職後の手続き

診断書が職場に提出された後、通常は人事部門や直属の上司が受け取り、患者の休職が正式に認められます。休職中は定期的に医師の診察を受け、症状の回復に応じて休職期間が延長されることもあります。休職中は、傷病手当金の申請を行うことも一般的です​ 。

休職期間中の過ごし方

休職期間中は、仕事から距離を置き、治療に専念することが推奨されます。家族との時間を過ごしたり、趣味などリラックスできる活動に時間を使うことが助けになります。また、療養を効果的に進めるためには、職場との連絡を控えめにして心身の回復に専念することが大切です​。

休職期間中の過ごし方とその重要性

休職期間は、体調を整え、回復に専念する貴重な時間です。この期間をどのように過ごすかが、その後の職場復帰や日常生活に大きく影響します。

休職初期の過ごし方

休職が始まったばかりの時期は、まずは体調を最優先に考えることが重要です。この時期は、睡眠リズムを整えることに注力し、身体と心の休養に専念します。具体的には、定期的な生活リズムを保ちつつ、必要に応じて医師の診察を受けることが勧められています​​。

活動を徐々に増やしていく段階

心身の状態が改善してきたら、徐々に日中の活動量を増やしていくことが推奨されます。これには、軽い運動や趣味の活動、読書や勉強など、精神的な刺激となるものが含まれます。活動は患者の体調に合わせて調整し、無理のない範囲で行うことが大切です​ 。

休職中の治療と療養

休職中は、定期的な医師の診察を欠かさず行い、治療方針の確認や必要に応じて治療法の調整を行います。この期間には、精神的なサポートも重要であり、場合によっては心理療法やカウンセリングが役立つこともあります。

社会とのつながりを保つ

社会との接点を完全に断つのではなく、家族や友人との適度な交流を持つことで、孤立感を防ぎ、精神的な健康を支えることができます。また、オンラインコミュニティやサポートグループに参加することも、情報交換や気持ちの共有に有効です​​。

心療内科で休職診断書を受け取るステップ

心療内科や精神科では、職業生活が原因での心身の不調やメンタルヘルスの問題に対応し、必要に応じて診断書を発行します。特に適応障害のような症状がある場合、多くのクリニックでは即日での診断書発行が可能です。ハロスキンクリニックのように、ビジネスマン向けに特化した治療オプションを提供している場所では、薬を使用しない方法も含め、多様な治療アプローチを提供しています。

この修正では、原文の内容を保持しつつ、文章の流れを少し変更し、より読みやすくしています。

診断書を受け取るプロセス

休職を検討している場合、まずは医師の診断が必要になります。初診での診察を受け、その際に休職が必要であると医師が判断すれば、診断書を書いてもらえます。診断書は、その日のうちに発行されることもありますが、クリニックによっては状態を見てから後日発行する場合もあります。診断書には、病名や休職期間、治療の進捗などが記載されます​ 。

休職中のサポートとフォローアップ

休職期間中は、医師による定期的な健康診断が推奨されています。これによって、回復状況を定期的にチェックし、適宜調整される休職期間の延長や治療計画の見直しが行われることがあります。休職が終わりに近づくにつれて、復職の準備を進め、職場との調整を行うことも重要です。復職後も、しばらくは医師の定期的なフォローアップを受けるのが普通です。休職を検討している方は、適切な専門医に相談し、自身の状態に合ったアドバイスを得ることが大切です。


 

よくある質問

Q.心療内科で休職診断書を取得するにはどうすればよいですか?

まず、信頼できる医師やかかりつけの医療機関に相談し、症状を詳しく説明します。医師が診察し、必要と判断すれば診断書を作成してもらえます。診断書には休職が必要な理由と期間が記載されます。

Q.休職診断書を提出する際の注意点は何ですか?

診断書は所属する会社や雇用主に提出します。内容を確認し、必要に応じてコピーを保管しておくことが推奨されます。また、診断書の内容や提出先の要件は勤務先によって異なるため、事前に確認しておくことが重要です。

Q.休職期間中の過ごし方にはどのようなポイントがありますか?

休職期間中は治療に専念し、規則正しい生活を心がけることが大切です。心身の回復に応じて活動量を徐々に増やし、社会とのつながりを保ちながらリラックスできる活動を行うことが推奨されます。定期的な医師の診察も欠かさず行いましょう。


 


渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約