精神科・心療内科 渋谷区恵比寿の心療内科・精神科|ハロスキンクリニック恵比寿院 精神科・心療内科 コラム

知っておきたいパニック障害

パニック障害は、一般的に知られるようになっていますが、この状態は単に特定の状況下でのみ発生する「パニック症状」だけでなく、ストレスや生活の困難、人間関係など多様な要因が絡み合って発症することがあります。診察では、これらを細かく識別することが重要です。女性では、貧血など身体的な問題が背景にあるケースもあり、身体疾患との詳細な鑑別が求められます。

特定の環境下のみで発生する「パニック障害」の場合、薬物療法により改善が見込めることが多く、特にSSRIと呼ばれる抗うつ薬が効果的です。中長期的には、心理療法を組み合わせて薬の使用頻度を減らしていき、一時的な治療の完了を目指します。しかし、コストや副作用の問題で薬物療法を続けるのが難しいケースもあります。それぞれの患者様の状況を総合的に考慮し、最適な治療計画を提案しています。

パニック障害とその深層

パニック障害は、予期せぬ激しい動悸や息苦しさ、強い不安に見舞われる精神的な課題です。日常生活に重大な障害をもたらす可能性があり、仕事や学校への影響、外出の制限といった問題を引き起こすことがあります​ ​。この状態の背景には、精神的ストレスやニコチン・カフェインの過剰摂取など、様々な要因が関連しています​。

パニック障害の治療には、薬物療法と認知行動療法が主に用いられます。薬物療法では、抗うつ薬や抗不安薬が使用され、特にSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)が脳内セロトニンの減少を抑制し、症状の改善に役立ちます。また、認知行動療法を通じて、症状に対する考え方や見方を変えていきます​。

扁桃体の過剰な活性化を抑制することが治療の一環であり、脳内の前頭前野と扁桃体のバランスを正常化させることが目指されます​ 。また、動悸が起きた際の対処として、リラックスを促す深呼吸や安静を保つことが推奨されています。これは、自律神経の乱れを整え、心身の負担を軽減するためです​ ​。

症状が長期間にわたって持続する場合、適切な診断と治療のために医療機関を訪れることが重要です。特に、動悸が精神疾患の兆候である可能性もあるため、内科や循環器科での検査後、必要に応じて心療内科や精神科への受診が勧められます​ ​。

パニック障害の原因について

パニック障害の正確な原因は、まだ完全には明らかにされていませんが、様々な要因が複雑に絡み合っているとされています。これらには、生物学的、心理的、環境的要因などが含まれます​ ​。

生物学的要因

パニック障害は、脳機能や脳内の神経伝達物質に関連して発症する可能性があるとされています。特に、セロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質の異常が関与していると考えられています​​。また、遺伝的要因も影響しており、パニック障害の家族歴がある場合、発症リスクが高くなることが報告されています​。

心理的要因

個人の性格もパニック障害の発症に関係しているとされ、特に不安が強い方や心配性の方、神経質な方は発症しやすいと言われています​ 。

環境的要因

強いストレスを受け続けたり、大きな生活の変化やトラウマティックな出来事が発症の引き金となることもあります。また、日常的に感じるストレスや、過労、睡眠不足などもリスクを高めます​ ​。

生活習慣

喫煙やカフェイン、アルコールの摂取も、パニック障害の引き金となりうることが指摘されています。これらは一時的にはリラックス効果があるかもしれませんが、長期的には不安やイライラを増大させることがあります。

パニック障害の発症にはこれらの要因が組み合わさり、特定の状況やストレスの下で突如として発症することが多いです。発作が生じやすくなる具体的な状況は個人差がありますが、一度発作を経験すると、再発への不安からさらなるストレスが生じることもあります​ 。この循環がパニック障害の悪化を招くことがあるため、早期の治療と対策が重要です。

パニック障害の特徴とその心理的背景

パニック障害とは、予期せぬ状況で強い恐怖や不安を感じる精神障害の一種です。この障害の主な特徴は、明確な原因なく突然に動悸、過呼吸、震え、めまいなどの身体症状と、深刻な恐怖や狂気に襲われるような感覚が発生する「パニック発作」です。これらの発作は特定の恐怖症が原因で発生する場合もありますが、パニック障害では任意の状況で発生することが特徴です​ 。

予後不安と広場恐怖

予後不安は、過去に経験したパニック発作の恐怖から、再発することへの不安感が消えず、日常生活に影響を及ぼす状態を指します。この不安は、発作のない時も患者の心を支配し、生活の質を著しく低下させる可能性があります。

広場恐怖は、公共の場所や逃げ出せないと感じる状況(例えば、人混み、電車内など)に対する極度の恐怖感です。パニック障害患者は、これらの場所でパニック発作が起きることを恐れ、結果としてそのような場所を避けるようになります。広場恐怖は、パニック障害とは別の病気として考えられることもありますが、パニック障害を持つ人には頻繁に見られる現象です​​。

この2つの状態は、パニック障害を悪化させる可能性があります。予期不安が高まると、人はより多くの状況を避けるようになり、それが広場恐怖を引き起こすことがあります。この悪循環は、日常生活における活動の制限や社会的孤立をもたらし、最終的にはうつ病など他の精神障害を引き起こすリスクを高める可能性があります​。

パニック障害、予後不安、広場恐怖に関する症状や治療法についての詳細は、専門の医療機関での診断と治療が推奨されます。パニック発作が発生した場合の対処法や、発作を予防するための日常生活での工夫など、専門医からのアドバイスが大切です​ 。

パニック障害の症状について

パニック障害は、突然の強烈な恐怖感や不安感を伴うパニック発作に特徴付けられる精神疾患です。パニック発作は、予期せぬ時に起こり、数分間でピークに達します。患者さんは、動悸や過呼吸、震え、めまいなどの身体的な症状を経験し、自分が自分ではないと感じる離人感や、死ぬかもしれないという強い恐怖を感じることがあります​ ​。

情緒的な症状

情緒的な症状には、自己の実在感の喪失や、コントロールを完全に失う恐怖、そして最も極端なケースでは死の恐怖が含まれます。これらの症状は、患者さんに大きな苦痛を与え、日常生活に深刻な影響を及ぼすことがあります。予期不安、つまり再び発作を起こしてしまうのではないかという恐れが、患者さんの心理的な負担を一層重くします​ ​。

身体的な症状

身体的な症状には、動悸、発汗、震え、息切れ、窒息感、胸の痛み、嘔気、腹部不快感、めまい、寒気や熱感、感覚麻痺やうずき感などがあります。これらの症状は、パニック発作の際に現れることが多く、患者さんを大きな不安と恐怖に陥れます。特に、パニック発作は予期しない状況で発生するため、患者さんはいつどこで発作が起こるかわからないという不安を常に抱えています。

パニック障害を起こす状況

パニック障害を持つ人々は、特定の状況でパニック発作を起こしやすいことがあります。これには満員電車、飛行機、高速道路、エレベーター、レストラン、映画館、歯科医院、病院、美容院などが含まれます。これらの場所は、逃げられない、または助けが得られないと感じることから、患者さんに強い不安や恐怖を引き起こします。また、パニック発作は予期せぬ状況で起こることが多いため、就寝中に発作が起こることもあります​。

これらの症状とシチュエーションの理解は、パニック障害の診断と治療において非常に重要です。適切な治療とサポートを受けることで、患者さんは症状を管理し、日常生活の質を改善することが可能になります。

パニック障害の治療法

パニック障害は、患者さんが日常生活で強い不安や恐怖に襲われることのある疾患です。治療には薬物療法と心理療法が主に用いられ、これらの方法は患者さんに合わせて選ばれます​ 。

心理療法

心理療法では、まずパニック障害がどのように起こるかを理解することから始めます。患者さんやその家族が疾患について正しく理解することで、不安を和らげ、治療への協力を得やすくなります。具体的には、認知行動療法が効果的で、患者さんがパニック発作を起こす場所や状況に少しずつ慣れていくことをサポートします。

薬物療法

パニック障害の治療には、主にSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)が用いられます。これらの薬は、脳内のセロトニンの量を増やし、不安、緊張、恐怖を和らげる助けとなります。治療初期には即効性のある抗不安薬も併用されることがありますが、これらは副作用や依存性のリスクもあるため、使用には注意が必要です​ このプロセスを通じて、患者さんは発作の恐怖を克服し、日常生活に戻る自信をつけることができます​。

日常生活での心がけ

治療を受けながらも、日常生活での心がけが重要です。栄養バランスの良い食事を摂り、コーヒーやお酒を控えることが推奨されます。ビタミンCやカルシウムなどの栄養素を意識的に摂取し、自律神経の乱れを防ぐことも大切です。また、睡眠不足や過労はパニック発作の引き金になるため、規則正しい生活を心がけ、十分な休息を取ることが必要です​ 。

パニック障害の治療には個人差があり、症状が良くなるまで数ヶ月から2年ほどかかる場合が多いです。しかし、早期に治療を開始することで、症状の慢性化を防ぎ、克服への道を進むことが可能になります​ 。



渋谷区恵比寿の心療内科・精神科
ハロスキンクリニックの紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※当院は児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

【提携院】大阪府心斎橋の心療内科・精神科
おおかみこころのクリニック心斎橋院(メディカルアルファクリニック)のご紹介

体や心に変わったことを感じた際は、遠慮なくご相談ください。

LINE登録24時間予約受付こちら

※児童精神科医が在籍していないため、予約は16歳以上の患者様に限らせていただきます。ご了承ください。

監修医師

草薙威史 先生

草薙威史 先生

経歴
  • 山形大学医学部 卒
  • 二本松会山形病院
  • 飯沼病院
  • 星ヶ丘病院
  • さとうメンタルクリニック
  • 新宿溝口クリニック
  • ナチュラルアートクリニック
  • 新宿廣瀬OPクリニック
  • ひめのともみクリニック
  • 三田こころの健康クリニック新宿
  • 医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 理事長
LINE登録今すぐLINEで診察予約